日本ガイシ株式会社

日本ガイシ株式会社の企業情報

東証 名証

日本ガイシ株式会社

【セラミックス】

当社は製造業の中でも、「窯業(セラミックス)」と呼ばれる業界に区分されます。馴染みのない業界かもしれませんが、セラミックスの持つ高強度・耐熱性といった特徴を活かした製品は、意外にも身近なところに多数存在しています。当社は独自のセラミック技術を武器に100年の歴史を歩んできており、「セラミックスといえば日本ガイシ」と言われるほど産業界での知名度は抜群。セラミックスの更なる可能性を探してみませんか?

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
日本ガイシは、グローバル規模で環境に貢献します。

日本ガイシの売上の約60%は環境貢献製品です。自動車排ガスの有害成分を浄化するハニセラムや、ディーゼルエンジンから出る黒いススの除去を行うDPFにより、大気の浄化に貢献しています。また世界で初めて実用化した大容量電力をコンパクトに貯蔵できるNAS電池は、省エネルギー・自然エネルギー普及に貢献しています。更に2012年4月には、LED光源の発光効率を世界トップレベルにまで高める窒化ガリウム(GaN)ウエハーを開発しました。GaNウエハーは、電力ロスが少なく、省エネルギーに寄与できる新製品として期待されています。

皆さんには馴染みのない製品ばかりですが、見えないところで産業や暮らし、ひいては地球を支えています。売上げが伸びるほど地球環境に貢献していく、そんな当社で、グローバルに環境貢献活動へ取り組みましょう!

私たちの仕事

市場のニーズを的確にキャッチし、独自のセラミック技術で応える製品を創り続ける。それが日本ガイシのスタイル。世界シェアトップクラスのがいし、排気ガス浄化用セラミックス、世界で唯一のNAS電池等、グローバルスタンダード製品を数多く保有し、近年では燃料電池や光通信部品など、様々な開発に挑戦しています。「セラミックスといえば日本ガイシ」と言われるほど産業界での知名度は抜群。営業部門と技術部門が強力なタッグを組み、新しい技術の開発、新製品の創出に挑み続けています。

はたらく環境

組織の特徴
少数精鋭なため、若いうちから責任ある仕事に携われます!

日本ガイシは若いうちから仕事を任せていく会社。若手が活躍することを期待していますし、責任ある仕事を通して成長してほしいという想いがあります。
さらなるグローバル化を見据え、我々の挑戦は国境を越え世界に向かいます。時代から、社会から必要とされる会社であるためには、世界規模でビジネスを考える必要があるからです。実際、現社員の海外駐在経験者は、技術系大卒社員で約1/5、営業管理系大卒社員で約1/3となっており、世界を舞台に活躍する社員の数も増えてきています。
営業管理系・技術系問わず海外市場を見据え、時には強力なタッグを組みながら、新たなニーズに応えていく。そんな挑戦を若いうちから経験できることが、当社の強みでもあります。

社風
部門を越えて、社内交流が活発な社風です!

社員の人柄・会社の雰囲気に魅力を感じて入社を決める社員もいるほど、当社の社風はアットホームです。
最近では、部門を越えて社内交流を行う「姉妹職場」が推奨されており、会社の様々な部署の方と関わることができます。また、同期・先輩仲も良く、ノー残業デーには同期や先輩と食事に行く方が多い点も特徴です!

企業概要

創業/設立 1919年5月5日
本社所在地 〒467-8530
名古屋市瑞穂区須田町2-56
代表者 代表取締役社長  大島 卓 
代表取締役副社長  武内 幸久 蟹江 浩嗣
資本金 698億4、900万円
売上高 4、635億400万円(2019年3月:連結)
4、511億2、500万円(2018年3月:連結)
4、012億6、600万円(2017年3月:連結)
従業員数 5、023人(単体:2019年3月)
23、420人(連結:2019年3月) (2018年03月現在)
事業所 本社/名古屋
工場・研究所/名古屋・知多(愛知)・小牧(愛知)・石川
本部/東京
支社/大阪
営業所/札幌・仙台・富山・広島・高松・福岡および海外