日本特殊陶業株式会社

日本特殊陶業株式会社の企業情報

東証 名証

日本特殊陶業株式会社

【セラミックス|半導体デバイス|自動車】

セラミック技術を武器に世界シェアNo.1製品を複数持つグローバルメーカー。新たな世界シェアNo.1を目指し、新規事業にも挑戦中!◇◆新しい仕事をつくろう。◆◇日特で切り拓く次の自分、次の未来。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • シェアNo.1サービスあり

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
セラミック×技術力=日本特殊陶業のモノ作り

日本特殊陶業はセラミックの持つ絶縁特性を活かして自動車用スパークプラグメーカーとして誕生しました。現在ではセラミックの持つ耐摩耗性や耐熱性、半導体特性や生体親和性などの様々な特性と設計技術、回路技術を融合させた日本特殊陶業でしかできないモノづくりで、自動車は勿論、情報通信や産業、健康や医療など多くの分野でコア部品を作り、世界シェアトップを誇る製品群を持っています。また、売上の8割が海外であり、海外出向の経験者が20%にも及ぶグローバルな会社です。今は様々な事業分野で培った技術を融合させ、SOFCや水素漏れ検知センサなど環境エネルギー分野をはじめ新たな事業分野に挑戦中です。

ビジョン/ミッション
未来をひらく革新的なモノづくり

現在、日本特殊陶業では将来を見据え、80年間培ってきたセラミック技術を武器に環境エネルギー関連、健康・医療関連、次世代自動車関連を中心にイノベーションを起こすための挑戦を続けています。社内では、若手から様々なチャレンジが可能であり、上記のような新規事業への挑戦や自ら事業を創出する「DNAプロジェクト」など積極的にまだ誰も作っていないモノづくりを行っています。日本初のスパークプラグを作る挑戦から始まった日本特殊陶業は未来をひらく革新的なモノづくりへの挑戦で世界に無くてはならない企業を目指しています。

事業戦略
<海外で働くフィールドがある>

当社は「グローバル展開」が叫ばれる前から海外に進出してきました。1959年に日本の裏側、ブラジルでの海外法人設立を皮切りに、北米、アジア、欧州、中東、アフリカと世界中に広がるネットワークを構築してきました。海外売上比率は約80%、世界21ヵ国に40拠点を構える日系メーカーでも有数のグローバルカンパニーです。特に著しく成長する南米・アジア・中東・アフリカのモータリゼーションの拡大に対応するため、海外での生産・販売を強化しており、営業職のみならず、技術職も海外で活躍しています

私たちの仕事

わたしたち日本特殊陶業は、世界シェアNo.1を誇る「NGK」ブランドのスパークプラグや「NTK」ブランドのニューセラミックなどで、世界各国・各地域に確固たる地位を築いてきました。

現在、海外に設けた拠点は21カ国、40拠点にも及び、アジア、欧州、南北アメリカ、アフリカ、オセアニアと全世界に当社のネットワークは広がっています。当社は、スパークプラグや酸素センサなど「自動車関連事業」中心の会社というイメージが強いですが、実はその事業領域は多彩です。例えば、パソコンの心臓部であるCPU用ICパッケージなどを展開する半導体分野、骨に欠損部ができた場合に修復・治癒目的で使用されるバイオセラミックス分野、高精度・高能率加工を可能にする切削工具分野など多様な広がりを見せている「テクニカルセラミックス関連事業」でも、確かな存在感を発揮しているのです。また、次世代に向けての新技術開発にも意欲的にチャレンジを続けています。例えば、世界最高水準の発電効率を誇る「固形酸化物形燃料電池(SOFC)」の開発に成功するなど、今後大きな需要が見込める実用サイズの定置型燃料電池製品化に向け、走り続けています。

未来を見つめ、挑戦を続ける日特で、ぜひあなたの夢を描いてみませんか。

はたらく環境

社風
若手でもどんどん仕事を任せてもらえる!

若手にもどんどん仕事任せる雰囲気があり、自分の意思次第で幅は広がります。
仕事は歴代の先輩が残した功績を辿ればこなすことは可能かもしれません。しかし、より良いものやより時代に適したものにしていくためには若手による改善が必須です。
日本特殊陶業はこの若手の感覚を優先し、現場重視でものごとを動かす組織です。そんな組織のなかでの若手の役割は重要で自分の意志さえしっかりしていればいくらでも仕事の幅は広がります。
皆さんも日特で自分らしさを出して働いてみませんか?

組織の特徴
フラットな組織でコミュニケーションがとりやすい!

上下のコミュニケーションはもちろん、関連部署とのつながりが非常に強く、「エンジニア」、「営業」関係なく様々な人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めています。
日特の開発プロセスといえば「一貫開発体制」。材料開発から設計、設備構築まですべてを一貫して行います。
だからこそ組織間のコミュニケーションは必須であり、このコミュニケーションが技術力、営業力の要なのです。
あえて上下の垣根をなくすことで、開発のスピードも格段に変わるのです。この歴史が現在の日本特殊陶業のフラットな組織が作られた要因です。

働く仲間
いつまでも繋がる同期の存在

約100名が同時に、似たようなアツい想いを持って入社します。
研修時代に絆を十分深めるため、配属後も共に支え合いながら、時には議論を交わしたり、アドバイスをしながら切磋琢磨していける関係です。
また、同期同士でフットサルチームや野球チームを組み、アクティブに活動する方や、困りごとや相談事のためにお酒を飲みに行くなど、同期を越え友達のような関係にもなります。
地方出身者でも週末は同期がいるため、独りぼっちになってしまうことはほとんどありませんよ!

企業概要

創業/設立 1936年10月
本社所在地 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14‐18
代表者 代表取締役会長 尾堂 真一
資本金 478億6900万円
売上高 4250億1300万円(2019年3月)
従業員数 【単独】 5863名 
【連結】15994名 (2019年03月現在)
主要取引先 本田技研工業、日産自動車、マツダ、トヨタ自動車、IBM、TEXAS INSTRUMENTS、AMD、BMW、VOLVO、VW、RENAULT、NEC、東芝、日立製作所、三菱電機、NTT ほか
事業所 ■国内拠点
工 場:本社/本社工場(愛知県名古屋市)
    小牧工場(愛知県小牧市)
    伊勢工場(三重県伊勢市)
    鹿児島宮之城工場(鹿児島県薩摩郡)
営業所:札幌、仙台、埼玉、東京、大阪、広島、福岡

■海外拠点
アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、ドイツ、フランス、南アフリカ、韓国、中国、インドネシア、タイ、オーストラリア、イタリア、UAE、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ロシア他 計21カ国40拠点
事業別売上構成 NGKスパークプラグ52%
NTKニューセラミック47%
地域別売上構成 北米28%、欧州26%、アジアとその他の地域30%、日本16%
気になる

101人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません