長谷川香料株式会社

長谷川香料株式会社の企業情報

東証

長谷川香料株式会社

【化学|食品|化粧品】

私たちの身の回りにある様々な風味の飲料やお菓子、様々な香りのシャンプーや入浴剤。皆さんも香りが気に入って購入した商品や、あの香りを嗅ぐと蘇る記憶などがあるのではないでしょうか。 これら商品の風味や香りの決め手となるのが当社が提供している香料です。
 
当社の製品は食品や日用品など様々なお得意先より発売される商品として皆さんのお手元に届けられ、人々の生活に彩りを添えています。会社名は知らないかもしれませんが、実は皆さんのすぐそばで活躍している会社です。

社是である「技術立社」の精神に基づき、115年以上にわたり蓄積してきたノウハウと新たな技術を融合させて、お客さまから信頼される香料づくりを通して、世界に豊かさや美味しさを提供し続けています。

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • 過去10年赤字決算なし

  • 自己資本比率40%以上

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
当社は総合香料メーカーとして、香りを通して人々の生活に潤いを与えています。

当社は香りを通じて皆さんの生活をより豊かに彩るサポートをしている総合香料メーカーです。主に飲料やお菓子などの食品から、化粧品やトイレタリー製品などの日用品まで、様々な業界のお客さま毎にテーラーメードで香料を提供しています。

香料はその用途別にフレーバー(食品香料)とフレグランス(香粧品香料)があります。お客さまの多様なニーズにお応えするために、日々研究や実践に取り組み、唯一無二の香りづくりに励んでいます。

事業・商品の特徴
人々に愛される香りと風味づくりでヒット商品を陰から支えています。

我々は決して表舞台に出ることはありませんが、商品をつくるメーカーの開発担当者の方と協力し、消費者嗜好にあった新たな風味の商品開発に携わっています。

当社の営業は、始めから売る商品が決まっているわけではありません。お客さまから今回の商品開発にあたってイメージしている香りを言葉で引き出し、一からコンセプトにあった香りを提案していきます。
その上で香りのプロフェッショナルである調香師がお客さまがイメージしている香りを具現化し、その商品に合った質の高い香りがつくられます。

当社の事業は人々の生活に美味しさと心地よさをお届けする仕事です。香りづくりを通して社会の役に立ちたい、お客さまとともにヒット商品をつくっていきたいという夢を持った方を求めています。

私たちの仕事

■フレーバー事業
各種飲料(炭酸飲料、果汁飲料、コーヒー飲料、茶系飲料、アルコール飲料)、菓子類(チョコレート、グミ、キャンディ等)、冷菓、インスタント、冷凍食品、歯磨き剤、飼料等に使用される香料の研究開発/製造/販売。

※フレーバーの調香師は「フレーバリスト」と呼ばれます。飲料やインスタント食品、菓子などの香りや風味には、流行が敏感に反映されます。ヒット商品を生み出すためには時流を敏感にキャッチし、市場ニーズを捉え、合致したものを送り出す必要があります。
フレーバリストには、一流の味や本物の風味を香りで再現するための創造性と、食への飽くなき探求心が求められます。

●フレグランス事業
香水、化粧品、石鹸・シャンプー等のトイレタリー製品、クリーナー等のハウスホールド製品に使用される香料の研究開発/製造/販売。

※フレグランスの調香師は「パフューマー」と呼ばれます。既にある香りを再現するだけでなく、実物にはないイメージ化された新たな香りの創出も求められます。香料の知識や技術に加え、豊富な経験と、抽象的なイメージを香りで表現する芸術的感性が必要です。
※近年では、フレーバー部門とフレグランス部門、香りの基礎研究部門の技術を融合し、新たな香りの開発や香料の使用用途を広げる応用的な研究も幅広く行われています。

●香料関連事業
天然物抽出物などの各種エキスやフルーツ加工品などの食品素材、機能性素材、天然色素の研究開発/製造/販売。

はたらく環境

組織の特徴
お客さまが求める「香り」を実現するために、営業と研究、製造が一体となって取り組んでいます。

目に見えない香りですが、お客さまの商品に合った香りをつくるためには、お客さまが求める香りのイメージを言葉にして共有する必要があります。

香りは人によっても感じ方が違うこともあり、当社が提出した香りのサンプルに対し、お客さまより「ちょっとイメージと違う」という回答が来ることもあります。
口頭で「ちょっと」と表現するのは簡単ですが、「ちょっと」どのように違っているのかを特定するために、営業は香りを表現する言葉を巧みに使用して、様々な角度からお客さまのイメージを引き出していきます。

そして営業からのフィードバックに基き、研究もこの「ちょっと」の差を埋めるために、試行錯誤しながら何度も何度も改良を重ねます。こうしてようやくお客さまから求められている香りが出来上がっても、工場スケールで製品として製造することは簡単ではありません。
常に安定的に高品質な製品をお客さまにお届けするのが製造の役割です。

お客さまにとって唯一無二の香りをつくるためには、営業と研究、そして製造の連携が欠かせません。当社では職種、事業所を越えて頻繁に交流し、積極的な意見交換を行うことで質の高い香りを生み出しています。

オフィス紹介
あらゆるニーズに対応するための独自の技術と生産体制が整っています。

香りづくりの研究は、川崎にある総合研究所の中で、技術研究所、フレーバー研究所、フレグランス研究所、香料基盤研究所の4研究所が連携して行っています。

技術研究所においては、合成・分析・抽出をはじめとした、香料素材・食品素材の開発や品質保証・安全性確保のための研究の他、形態化技術の開発など多岐の分野に渡って研究しています。

フレーバー研究所・フレグランス研究所においては調香師を中心に新たな香りやお客さまの求める香りをつくるために日々研鑚しています。

香料基盤研究所では、他部署の調香技術を支える天然物の香気分析を基にした基礎調香の他、生理応答計測や官能評価など機能性と付加価値の研究を行っています。

当社の社是である「技術立社」の精神に基づき、4研究所の連携によって、他社と差別化をはかる技術力の維持向上に努めています。


香料の製造は埼玉県と群馬県にある工場で行っています。
当社では多品種生産を行っており、少量から多量までお客さま毎に求められる様々な香りを、製造部門のプロフェッショナル達が高品質な製品として効率的に生産しています。

また、お客さまに安心安全な香りをお届けするために品質管理も徹底しています。最先端の機器を用いた理化学検査や、資格を有する専門検査員の鼻を用いて官能検査を行うなど、工場内にある全ての原料と製品の品質をチェックしています。

働く仲間
仕事以外にも部署を超えて積極的に交流を図っています。

定期的に事業所対抗の野球大会やフットサル大会、テニス大会などがおこなわれており、仕事以外での事業所間の交流を図っています。
また、事業所毎に親睦を深める懇親会や家族も参加できるレクリエーションなど様々なイベントを実施しています。

企業概要

創業/設立 創業/明治36年5月
設立/昭和36年12月
本社所在地 〒103-8431
東京都中央区日本橋本町4-4-14
代表者 代表取締役社長 海野 隆雄
資本金 53億6,485万円(平成29年9月30日現在)
売上高 369億0,700万円 (2018年9月期 単体)
497億5,100万円 (2018年9月期 連結)
従業員数 1,033名 (単体)
1,592名 (連結) (2018年09月現在)
子会社・関連会社 長谷川ビジネスサービス株式会社
事業所 ■本社/東京
■支店/大阪
■営業所/名古屋、札幌
■研究所/川崎
■工場/埼玉県深谷、群馬県板倉
■海外子会社(アメリカ、中国、タイ、インドネシア、マレーシア、台湾)
気になる

404人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません