キッコーマン株式会社

キッコーマン株式会社の企業情報

東証

キッコーマン株式会社

【食品|フードサービス】

【キッコーマンの約束】
こころをこめたおいしさで、地球を食のよろこびで満たします。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
グローバルに事業を展開する企業

キッコーマンは日本の伝統的調味料であるしょうゆを扱う企業であるとともに、世界約100カ国以上の国々に商品やサービスをお届けし、グローバルに事業を展開する企業でもあります。

事業戦略
売上高構成(2018年3月期)

【2018年3月期 売上高 単位:百万円】
売上高:430,602百万円
日本:181,409(42%)
内訳
食料品製造・販売:172,437(95%)
その他:21,149(12%)
セグメント間取引:-12,177(-7%)

海外:252,124(59%)
食料品製造・販売:89,453(36%)
食料品卸売:174,457(69%)
セグメント間取引:-11,786(-5%)

ビジョン/ミッション
持株会社制へ移行

2009年10月1日より、以下4社に分割しました。
【キッコーマン株式会社】
【キッコーマン食品株式会社】
【キッコーマン飲料株式会社】
【キッコーマンビジネスサービス株式会社】
*入社後はキッコーマン株式会社に所属し、上記のいずれかに出向となります。

私たちの仕事

【国内事業】
1.メーカーとしての商品の製造・販売
1)しょうゆ:当社の原点である
2)しょうゆ周辺調味料:しょうゆの技術を活かした研究・商
  品開発により、「本つゆ」などのつゆ類や焼肉のたれ、手
  軽な和風おそうざいの素「うちのごはん」シリーズなど、
  多くの商品を展開しています。
3)デルモンテ:トマトケチャップやジュース、缶詰などでお
  なじみのデルモンテ製品を取り扱っています。
4)酒類:しょうゆと並び和食に欠かせない調味料である「マ
  ンジョウ本みりん」、それにマンズワインなど、バラエテ
  ィある商品群が食卓を楽しく演出します。
5)豆乳:豆乳事業は、主力の「調製豆乳」のほか、「おいし
  い無調整豆乳」や豆乳飲料シリーズなどの紙パック入り豆
  乳製品に加え、チルドカップを使用した新商品や新容器を
  採用した調製豆乳500mlなど市場活性化に向けた商品
  を発売しております。
6)健康食品:大豆やトマト、ぶどうといった当社商品の開
  発・研究技術を活かした健康食品の開発を行なっていま
  す。「トマトのちから」は、ケチャップなどの原料である
  加工用トマトの果皮に含まれる成分を抽出した健康食品で
  す。
2.バイオ事業
  酵素への研究技術等を活かして臨床検査試薬や衛生検査キ
  ットの開発・販売、医薬品原料の製造などを行なっていま
  す。

【海外事業】
キッコーマンは、1957年に本格的にアメリカへ進出し、サンフランシスコにキッコーマン・インターナショナル社を設立、アメリカの食文化にしょうゆを浸透させてきました。その後、「食文化の国際交流」を世界規模で展開してきた成果は着実にあらわれ、現在、キッコーマンのしょうゆは世界約100カ国で使われるまでになっています。
生産拠点も、1973年にアメリカ・ウィスコンシン州に初めて工場ができて以来、シンガポール、台湾、オランダ、アメリカ第2工場(カリフォルニア州)と、海外での市場のひろがりにあわせて増やしてまいりました。そして、2002年春には中国上海郊外の中国工場からの出荷が始まり、現在では「5ヶ国7工場」から製品をお届けしています。
また、キッコーマン製品の製造・販売のほか、キッコーマン製品に限らない東洋食材の卸売やレストラン事業も展開しており、海外において和食をはじめとしたアジアの食文化を広める活動をおこなっております。
もちろん、海外進出にあたっては、地元との融和を実現し良き企業市民としての存在に心がけます。

はたらく環境

オフィス紹介
キッコーマン株式会社 野田本社です。

キッコーマン野田本社の社屋は1999年に完成しました。

企業概要

創業/設立 1917年野田醤油株式会社として設立
1980年現社名に社名変更
2009年持株会社制へ移行
本社所在地1 東京都港区西新橋2-1-1
本社所在地2 千葉県野田市野田250
代表者 代表取締役社長 CEO 堀切功章
資本金 115億円9900万円(2018年3月31日現在)
売上高 4,306億円(2018年3月期)
従業員数 7,105名(連結) (2018年03月現在)
子会社・関連会社 日本デルモンテ(株)
マンズワイン(株)
JFCジャパン(株)
キッコーマンソイフーズ(株)
JFCインターナショナルInc. ほか
事業所 1.本社/野田、東京
2.工場/野田、高砂
3.営業拠点/北海道、東北、関東、首都圏、中部、近畿、四国、中国、九州ほか
4.研究開発本部、商品開発本部/野田
5.海外/アメリカ、シンガポール、中国、台湾、ドイツ、オランダほか
求める人材像 キッコーマンでは、求める人材像を「プロ人材」・「グローバル人材」と定義し、人材の育成をしています。

「プロ人材」とは、
1.仕事における高度な専門能力をもっていること
2.能力を発揮して自律的に行動し、成果に結びつけること
3.社内外のニーズを満たし、市場に価値を与えること

「グローバル人材」とは
異文化を理解し、視野を広く持ち、
実力を発揮するための適応力があり、日本国内・海外を問わず、
世界のどこででも活躍できる人材。

これらができる人材をいいます。
気になる

1,063人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません