おかやま信用金庫

おかやま信用金庫の企業情報

おかやま信用金庫

【信用金庫】

当金庫は、岡山県南部を主な営業エリアとし、個人や中小事業者のお客さまが互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織金融機関です。
私たちは”Face to Face”で直接お客さまと会ってお話しすることを大切にしています。お一人お一人の考えに寄り添い価値を共有しながらともにお悩みを解決することで「生涯価値向上」「事業価値向上」を通じて「地域価値向上」を目指しています!

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
金融を通じて地域経済の活性化に貢献する

私たちは、創立100年を超え、岡山・倉敷・玉野のお客さまから頼られる金融機関として飛躍します!
『おかしん』ならではのビジネスモデルで、お客様のお役に立てるよう積極的に取り組んでいるのは、お客様の事業実態と経営課題を把握する「課題把握活動」。お客様がビジネスチャンスに出会われた時や、ライフスタイルの向上を考えられた時の「どうしよう?」に、ご満足いただけるプラン・商品提案でサポートしています。「”おかやま”で一番身近な」「”おかやま”とともに成長する」金融機関を目指し努力を惜しまずお客さまを家族のように想い、安心感を与える存在であり続けます。

私たちの仕事

信用金庫法にもとづく金融業務全般(預金業務、融資業務、為替業務、その他相談業務)

はたらく環境

職場の雰囲気
働きやすい職場環境の充実

職員一人ひとりが持つ「人間力」をおかやま信用金庫で長く発揮していただくため、積極的に様々な施策を実施しています。最近では子育てをしながらでもより働きやすい環境にと育児休業などの制度を改善。また無駄な作業をなくすなど、改めて業務内容の見直しをおこなったことにより、時間外労働時間も大幅に減少しました。
さらに資格試験に関して、入庫後5年以内に受験をし合格をした試験については受験料を返還します。こうした職員の自己啓発に関してのサポートもおこなっています!

企業概要

創業/設立 1913(大正2)年4月2日
本社所在地 700-8639 
岡山県岡山市北区柳町1丁目11番21号
代表者 理事長 桑田真治
出資金 18億4,700万円(2017年9月30日現在)
預金量 預金積金
4,954億円(2018年6月30日現在)
職員数 573人 (2018年06月現在)
子会社・関連会社 おかやまビジネス株式会社
事業所 本店営業部、他岡山市内28店舗、倉敷市内2店舗、玉野市内4店舗、計35店舗
(2018年11月19日現在)
「事業価値の向上」 中小企業の「事業価値の向上」を図るための取り組みの一つとして「ビジネス交流会」を開催しています。毎回新企画を導入し、『企業様同士による「商談」』と『相談機関等との「相談」』を通じて、新たなパートナー企業の発掘を支援し、地元岡山の経済活性化に貢献しています。
「生涯価値の向上」 個人のお客様には、ライフプランアドバイザーを中心に資産運用コンサルティングルーム「プレミアム・ライフ・プラザ」や「内山下スクエア」を活用し、お客様のライフサイクルに合わせた資産形成、資産運用をご提案し、生涯価値の向上に努めています。
気になる

16人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません