キャリタス就活 トップ  >  就活成功ガイド  >  [こちらも要チェック]キラリと光る履歴書の書き方とは?

履歴書の書き方

キラリと光る履歴書の書き方とは?

こちらも要チェック

キラリ と光る履歴書の書き方

履歴書で上手に自分をアピールできる人は、面接でも慌てずスムーズに自己アピールできるケースが多いです。なぜなら、履歴書は書類選考を通過するためだけのものではなく、面接で自分の魅力を最大限に引き出して伝えるためのツールだからです。様々な場面で要求されるため、つい形式的に考えてしまいがちですが、特に人気の高い企業では応募者の大多数が書類選考で落とされてしまうことを念頭に置いて、他人と差をつける履歴書の書き方を習得しましょう。

1.履歴書の
選び方

履歴書にはさまざまな種類があって、どれを選べば良いか迷っている学生も多いようです。コンビニやスーパーなどで市販されているもので一般的なのは、JIS規格(日本工業規格)の履歴書です。JIS規格は国家標準の1つであり、標準的でさまざまな用途で使用できますが、自己PR欄が短いといったデメリットもあります。
みなさんにオススメしたいのは、「新卒用」として市販されている履歴書です。「新卒用」の履歴書の特徴としては、自己PR欄が大きく設けられている仕様が多いです。メーカーによって多少は異なりますが、「スポーツ・クラブ活動・文化活動」の欄があったり、それぞれの項目の大きさが違ったりします。ここで大切なのは、自分が何を書きたいかです。自分が書きたいことというのは自分が面接を通してアピールしたいことです。例えば、「スポーツ・クラブ活動・文化活動」に自分が力を入れていない場合、その項目のある履歴書を選ぶのは好ましくありません。「新卒用はこの履歴書を使うと良い!」というものはありません。自分が履歴書に何を書いて、どうアピールするかを考えたうえで、自分に合った履歴書を選びましょう。

また、大学で売っている履歴書もあります。こちらは市販されている「新卒用」同様、自己PR欄が大きく、大学の購買部で売られていることもあって、多くの人が使っているようです。ただ、大学の履歴書でなければならないわけではなく、あくまでも自分が表現しやすい履歴書を選ぶことが今後の面接をスムーズに進められる重要なポイントになってきます。

キラリポイント
ボールペンの選び方

履歴書の字の印象は、使うボールペンで変わってきます。
まず、油性と水性のどちらを選ぶかですが、油性はインクが滲みにくく、耐水性がありますが、かすれやすいというデメリットもあります。一方で水性は滑らかでかすれにくいですが、耐水性は劣ります。ちなみに、近年消せるボールペンというのが多く利用されていますが、こちらを履歴書で使うのはNGです。色は黒を使うのが常識で、太さは0.5mmか0.7mmを使うのが一般的ですが、0.7mmのほうがはっきりと読みやすい字に見えることが多いようです。いずれにしても、選んだ履歴書の紙質との相性もありますので、実際に書いてみて紙質とインクの相性を確かめて選ぶのが良いでしょう。

また、履歴書の印象は文字だけではなく、紙の汚れやシワ、書き直しの跡があると印象が悪くなります。ボールペンの種類に加えて、文字配列のバランスや、汚れなどがないかをチェックすることも忘れないようにしましょう。

2.履歴書の
書き方

自分の魅力を上手にアピールできる人の履歴書は「この人の話を聞いてみたいな」と感じるポイントがあるようです。
一度も会ったことのない人に対して「直接会って話がしてみたいな」と思ってもらえるように受け取る側を意識して書くことが重要です。
そのために必要な書き方のマナーや自分を表現するポイントをお伝えします。

  • 「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで書くのが一般的。
  • 略さず、都道府県名から書き、マンション名まで明記しましょう。
  • 西暦か元号のどちらかに統一しましょう。
  • 卒業見込みも忘れずに
    記入しましょう
  • 書類提出日かその前日を記入しましょう。
  • 履歴書に貼る写真の裏には、氏名と学校名を書くようにしましょう。
    書き損じることもあるので最後に貼ったほうが良いでしょう。
  • 書類選考の合否連絡や、面接の日程調整などがメールで来る場合も増えてきています。
    日常的にチェックするメールアドレスを記載するようにしましょう。
  • 中学校卒業から記入し、学校名称は省略せずに正式名称で書きましょう。
    「高校」→「高等学校」
  • 職歴にアルバイトは含まれません。
  • 資格名称は正式名称で書きましょう。
    勉強中の資格を書いてもOK!
  • このテーマを選んだきっかけと意図を書きましょう。
  • pointできるだけネガティブな表現は避け、「すぐできることはなかった」と書くのではなく、「判断した」と書くことで決断力・判断力を示すこともできます。
  • pointどのように仕事に生かすかを書くことで、面接官はあなたの働き方や、ビジョンを持っているんだと感じてくれます。企業研究はしっかりやりましょう!
  • 書き言葉では「御社」
    ではなく、「貴社」のほうが良い。
  • point入社前も関連する事柄について努力する考えを伝えて、より就職意欲が高いことを示すのも良いでしょう。
  • point行動した実績だけでなく、どのように考えて
    行動したのかを書くようにすると良いでしょう。
  • pointアピールする項目は1つか2つに絞りましょう。アピール項目を書きすぎて本当の「自分の強み」が薄まってしまうことに注意しましょう。
  • point競合他社ではなく、その企業でなければならない理由を書くことが重要です。
  • point企業理念に共感しただけではなく、インターンシップやOB訪問など、企業が開催するイベントに積極的に参加したことをアピールすることで熱意を伝えることができます。

写真の撮り方

履歴書で必ず必要になってくる証明写真も、撮り方次第で印象は変わってきます。
まず一番重要なことは、スピード写真ではなく、スタジオで撮影してもらいましょう。スタジオ撮影ではプロカメラマンに姿勢や表情、服装の乱れなど細かいところをチェックしてもらえるので安心です。次に服装ですが、リクルートスーツか濃い色のスーツを着用し、インナーには白の無地のシャツが良いでしょう。男性のネクタイは派手な柄を避け、無地やストライプで明るい色のものを選びましょう。髪型は男女とも前髪が額にかからないようにし、女性は後ろで束ねるか耳の後ろに流したほうがさわやかな印象を与えます。寝癖はもちろんNGです。化粧は薄めのナチュラルメイクを意識し、派手なアクセサリーや髪飾りは事前に外すようにしましょう。撮影時にはスーツの一番下のボタンを外すのが形が良く見えるコツです。

学歴早見表

生まれた年 中学 高校 大学
卒業 入学 卒業 入学 短大卒 4大卒
1994年
平成6年
2010年
平成22年
3月 2010年
平成22年
4月 2013年
平成25年
3月 2013年
平成25年
4月 2015年
平成27年
3月
卒業
2017年
平成29年
3月
卒業
1995年
平成7年
2011年
平成23年
3月 2011年
平成23年
4月 2014年
平成26年
3月 2014年
平成26年
4月 2016年
平成28年
3月
卒業
2018年
平成30年
3月
卒業
1996年
平成8年
2012年
平成24年
3月 2012年
平成24年
4月 2015年
平成27年
3月 2015年
平成27年
4月 2017年
平成29年
3月
卒業
2019年
平成31年
3月
卒業
1997年
平成9年
2013年
平成25年
3月 2013年
平成25年
4月 2016年
平成28年
3月 2016年
平成28年
4月 2018年
平成30年
3月
卒業
2020年
令和2年
3月
卒業見込
1998年
平成10年
2014年
平成26年
3月 2014年
平成26年
4月 2017年
平成29年
3月 2017年
平成29年
4月 2019年
平成31年
3月
卒業
2021年
令和3年
3月
卒業見込
1999年
平成11年
2015年
平成27年
3月 2015年
平成27年
4月 2018年
平成30年
3月 2018年
平成30年
4月 2020年
令和2年
3月
卒業見込
2022年
令和4年
3月
卒業見込
2000年
平成12年
2016年
平成28年
3月 2016年
平成28年
4月 2019年
平成31年
3月 2019年
平成31年
4月 2021年
令和3年
3月
卒業見込
2023年
令和5年
3月
卒業見込

※早生まれの方は、自分の生まれた年の1年前のデータを使用してください。

3.履歴書の送り方

せっかく自分の魅力を上手にアピールできる履歴書を書いても、郵送する際のマナーが間違っていると、面接官の印象は悪くなってしまいます。最後まで気を抜かず、きちんと送付するようにしましょう。
履歴書と同じく、手書きで丁寧に宛先を書くことが大事です。

  • 住所は小さめ。 名前は大きめの文字で書くとバランスが良い。
  • 担当者が分かっている場合はその人物の名前を書く。
  • 部署名(人事部)までしか分からない(担当者名を書かない)場合は御中をつける。
  • 内容物(履歴書)が分かるように赤字で大きく書く。
  • 郵便番号、都道府県名を省略しない。
  • 封筒の裏面左に、
    投函した日付を書く。
  • 株式会社を(株)などと省略しない。
  • 名前の隣に学校・
    学部・学科名を書く。
  • 町名は「○-○-○」とせず、「○丁目○番地○号」と正式に書く。

キラリポイント
封筒のサイズと色について

最近はWebからエントリーをして、履歴書は面接の際に手渡しすることが多くなりましたが、郵送するケースもあります。
そこでまず注意したいのが封筒のサイズです。 封筒は履歴書セットに付いているものではなく、A4サイズの履歴書をそのまま入れることができる「角型2号」を選ぶことがポイントです。色は白の無地が無難です。
また、「添え状」を同封するのを忘れないようにしましょう。添え状と履歴書、そのほかの必要書類を用意したら、クリアファイルにはさみ、封筒に入れましょう。郵送方法は、料金不足のトラブルを避けるためにもポストに投函するのではなく、直接郵便局の窓口で手続きすることをオススメします。

4.まとめ

毎年、履歴書がうまく書けない学生と、履歴書で上手に自分を表現し、面接を突破していく学生がいます。就活をスムーズに進められる後者の学生は、履歴書をコミュニケーションツールの1つとしてとらえています。つまり、履歴書が面接官に読まれ、面接会場でどのような質問がされ、どこで会話が盛り上がるかまでイメージしています。すべてがうまくいくわけではありませんが、履歴書を書くときに読んだ面接官がどう思うのかを想像しながら書くことはとても大事なことです。
また、履歴書でみなさんの誠実さや人間性を判断する場合もあります。雑な字の学生は雑な人間とみなされることもあります。内定を勝ち取る履歴書を書くためには、とにかく丁寧な字で面接官の顔やその先の面接風景までを思い浮かべながら書くと良いでしょう。

就活成功ガイド・TOPへ