春日部市役所

春日部市役所の過去の採用・募集情報

春日部市役所

【官公庁】

 ★春日部市では、人物重視の採用試験を実施しています!★

【平成30年度実施】
一次試験:教養試験(※事務職及び消防士以外の専門職の場合は専門試験)、小論文
 ↓
二次試験:グループディスカッション、適性検査
 ↓
三次試験:面接試験

 平成28、29年度には、公務員試験(教養試験及び専門試験)対策が不要な、事務職「春日部情熱枠」を実施しました。

【平成28、29年度 試験科目】
一次試験:書類審査(自己セールスシート)
二次試験:グループディスカッション、プレゼンテーション面接、適性検査
三次試験:面接試験

 また、平成27年度より専門職の一次試験における教養試験を廃止するなど、春日部市の職員採用試験は、筆記試験の負担を極力少なくした、人物重視の採用試験です。

※詳細は、市ホームページよりご確認ください。

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • ジョブローテーション重視

  • 既卒者応募歓迎

  • 社長・役員が説明会参加

私たちの採用について

求める人物像
“春日部愛”のある、あなたのチャレンジをお待ちしています!

「市民に愛される日本一の自治体」を目指し、春日部の未来を共に創っていける人材を求めています。

★春日部市の求める人材 五本柱★

(1)“おもてなしの心”を持ち、誰とでも良好なコミュニケーションを図ることができる人材
 市民の方と接することが多いため、まずはどのような用件で市役所に問い合わせ・来庁されているのか、「聴く力」が必要になります。また、相手の視点でわかりやすく、親しみをこめて「説明する能力」も求められます。

(2)あらゆる視点から物事を捉え、“時代の変化に対応”できる人材
 市役所の仕事は、広範囲で専門的な内容が多く、また、市民の方のニーズは多種多様となっています。若手職員でも、市民目線での新しい意見を上司に提案し、担当業務について様々な視点から考え、学ぼうとする姿勢が大切です。

(3)多くの職員と協力しながら、“チーム”として働くことができる人材
 日々の仕事は、同じ部署内の職員同士の協力はもちろん、他部署の職員との連携が求められています。そのため、常に周囲の様子に気を配りながら、積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。また、困っている職員がいたら協力し合い、自分が多くの仕事を抱え込んでいたらまわりの職員に協力をお願いするなど、チームで仕事をしている意識を持つことが重要です。

(4)高い志を持ち、自ら積極的に“チャレンジ”できる人材
 自ら考え積極的に行動し、失敗を恐れずに仕事に取り組める職員を求めています。たとえ、一生懸命に取り組んだ結果、失敗をしてしまっても自分自身で反省し、それを次の経験に活かそうとすることが大切です。

(5)“熱意”を持ち、「春日部」を一緒に創造していける人材
 市役所のどの仕事に携わっても、「未来の春日部」を創るのは、職員一人ひとりの日々の仕事に懸かっています。どのような状況でも高いモチベーションを保ち、市民の方々や職員と協力しながら「新しい春日部」を創造していける人材を求めています。

募集する職種

【募集職種:平成30年度春日部市職員採用試験(受け付け終了)募集職種内訳】

●平成31年4月1日付採用・第1回
・事務職(一般):9人程度
・事務職(障がい者対象):若干名(1~2人)
・事務職(福祉):若干名(1~2人)
・土木:若干名(1~2人)
・建築(一般・1級建築士):若干名(1~2人)
・設備:若干名(1~2人)
・消防士:10人程度

●平成31年4月1日付採用・第2回
・事務職(一般):4人程度
・事務職(障がい者対象):若干名(1~2人)
・事務職(社会教育主事有資格者等対象):若干名(1~2人)
・土木:若干名(1~2人)
・保健師:若干名(1~2人)
・消防士:5人程度

※募集職種及び募集人数は年度により異なります。
 最新の情報は、市ホームページよりご確認ください。
 春日部市ホームページ(過去の実施結果):
 http://www.city.kasukabe.lg.jp/shisei/saiyou/shiken/kako/index.html

研修・社内制度

研修制度
充実の研修制度

住民が求め、理想とする職員像に一歩でも近づくため、職員の資質を向上させることを目的としたさまざまな研修があります。

●階層別研修
 職位ごとに必要な知識を習得し、職務遂行能力の向上を図ります。自分と同じ立場にある職員との情報交換の場にもなり、モチベーション向上につながります。
 また、庁舎外で実施する研修もあり、他市町村の職員との交流を深めることもできます。
(例)新規採用職員入庁前研修、新規採用職員研修(前期・後期)、主事・技師級研修など

●専門研修
 幅広い分野の専門科目から、自分に必要な科目を選択して受講することができます。
(例)・法律科目:民法、地方公務員法、地方自治法、行政法、政策法務など
・行政実務:財政実務、契約実務、人事・給与実務、広報実務、議会実務など
・その他:文章の表現力、コミュニケーション、プレゼンテーション、タイムマネジメントなど

●特別研修
 公務員及び社会人として理解しておくべき基本的な知識、技能等を習得することができます。
(例)安全運転講習会、普通救命講習会、人権同和行政研修、情報セキュリティ研修、接遇研修、メンタルヘルス研修、若手職員総合研修(メンティ研修)など

●派遣研修
(例)埼玉県、彩の国さいたま人づくり広域連合、市町村アカデミーなど

●かすかべ平成塾
 福祉、環境、都市計画など市政全般に関して、幅広い知識を習得することができます。

●内部講師の養成
(例)接遇研修指導者養成研修、地方自治法講師養成研修など

●女性管理職の育成支援
(例)女性職員キャリアデザイン研修、女性活躍推進講座など

●その他の研修
(例)自己啓発、職場内研修(OJT)、eラーニング、通信教育講座など 

メンター制度
●メンター制度
 新規採用職員(メンティ)1人につき、1人の先輩職員が教育担当者(メンター)となり、入庁後1年間の業務指導などのサポートを行うことで、職員としての順調なスタートを支援します。

【メンティへの効果】
・実務能力が向上し、早期戦力化を図ることができる。
・他者や組織との関わりの重要性を理解し、仕事への意欲が高まる。

【メンターへの効果】
・状況に応じた適切な支援を心がけることで、メンティの能力を引き出す指導力が身に付く。
・メンティに対して指導することで理解が深まり、自身の業務の整理につながる。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    受験申し込み→採用試験受験→内定

エントリー/採用方法 受験に関する申込書の提出が必要です。
詳細が決定次第、市ホームページに掲載します。
春日部市ホームページ
http://www.city.kasukabe.lg.jp/shisei/saiyou/shiken/index.html
選考方法と重視点 ●事務職(一般、障がい者対象、福祉、社会教育主事有資格者等対象)、土木、建築、設備、  
保健師、消防士
一次試験:教養試験(※事務職及び消防士以外の専門職の場合は専門試験)、小論文
 ↓
二次試験:グループディスカッション、適性検査
 ↓
三次試験:面接試験

※選考試験の実施方法及び実施時期は、募集職種により異なります。
 その他の職種についての詳細は、市ホームページよりご確認ください。
 春日部市ホームページ(過去の受験案内):
http://www.city.kasukabe.lg.jp/shisei/saiyou/shiken/kako/index.html
提出書類 所定の試験申込書など
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
別途設定される年齢要件を満たしていれば、新卒・既卒に限らず受験することができます。

募集要項

初任給 【平成29年4月1日現在】
・全職種共通
大学卒 月給 196,948円 
短大卒 月給 178,716円 
高校卒 月給 166,208円
※地域手当を含んでいます。
※卒業後、一定の経歴がある場合は、所定の基準により金額が加算されます。
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回(4月)
※勤務成績などにより、実施しない場合もあり。
賞与:年2回(6・12月)
勤務地 埼玉県春日部市内
勤務時間 8:30 ~ 17:15 
※部署により異なる場合あり。
福利厚生 埼玉県市町村職員共済組合による各種共済制度、春日部市職員厚生会事業など
※例えば・・・
宿泊施設、レジャー施設及びスポーツ施設等の割引
(温泉、遊園地、映画館、プール、レンタカー等が割引価格で利用できます)
指定旅行代理店及び指定百貨店においての割引、各種貸付制度(普通貸付、自動車貸付、住宅貸付等)
休日休暇 ■休日
土曜日、日曜日、祝日 、年末年始 (12月29日~1月3日)
※部署により異なる場合あり。
■休暇
年次有給休暇、夏季休暇(6月1日~9月30日の期間内で取得) 、特別休暇 (結婚、産前産後、子の看護、忌引等)、病気休暇、介護休暇など
採用実績校 入庁者の出身校については公表しておりません。
採用予定学部学科 事務職(一般・障がい者対象)及び消防士については、全学部全学科が対象となります。
※専門職については、特定の学部・学科が卒業要件となる場合があります。
今年度採用予定数 未定
昨年度採用実績(見込)数 40名程度
試用期間 なし

職場データ

男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性18名、女性15名
2017年度:男性31名、女性11名
2016年度:男性35名、女性14名
平均有給休暇取得日数(年間) 8.0日
気になる

5人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません