札幌市役所

札幌市役所の過去の採用・募集情報

札幌市役所

【官公庁】

札幌市は、196万人を擁する全国で5番目に人口が多い都市でありながら、至近距離に展開する大自然から受け取る多様な食、遊び、楽しさを味わうことができるまちです。
この都市と自然が調和した「札幌らしいライフスタイル」を持てることが札幌の特徴であり、大きな魅力です。
先人たちが築き上げてきた、世界に誇る魅力的なこのまちを良好な形で次世代に引き継いでいくため、あなたも札幌市職員の一員となり、共に札幌の未来をつくりませんか。

  • 海外研修制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 離職率が低く安定

  • 職種別(部門別)・コース別採用予定

  • エントリーシートなし

私たちの採用について

求める人物像
札幌市ではこんな方を求めています!

札幌市では、市民自治によるまちづくりをすすめるため、次のような優れた人材を求めています!
○ 状況の変化に対応できる「やわらかな頭」を持っている方
○ 市民のために奉仕する「やさしい心」を持っている方
○ 市民と心を通わせる「コミュニケーション力」を持っている方
○ 市民と共に行動する「フットワークの良さ」を持っている方
○ 札幌のまちをもっと良くしたいという「熱い思い」を持っている方

募集する職種

【大学の部、保健師】
・一般事務(行政コース、福祉コース)
・学校事務
・一般技術(土木、建築、電気、機械、衛生、造園)
・消防吏員
・保健師

【短大の部、保育士、栄養士】
・一般事務
・学校事務
・一般技術(土木、電気、機械)
・消防吏員
・保育士
・栄養士

研修・社内制度

研修制度
目指す職員像の実現に向けた人材育成と組織力の向上を図るための様々な研修

採用年次別の研修やスキルアップ研修など、職員として必要な能力の向上を目的とした各種研修を受けることができます。また、外部機関が実施する様々な研修にも参加できます。

【研修例】
○新採用職員研修:市職員としての心構えや食遂行に必要な基礎知識の習得を目的とした研修を受けます。また、採用から約半年後には、フォローアップとなる後期研修を受けます。消防吏員は、札幌市消防学校に約6か月間入校し、消防吏員として必要な専門的知識・技術に関する基礎的な教育を受けます。

○採用3年目職員研修:実務を学ぶとともに、自身の今後を考えたキャリアプランを描きます。

○整理力アップ研修:身の回りの整理・整頓の手法や効率的な時間管理、論理的な思考方法などについて学びます。

○法務基礎研修:法体系に関する基礎知識や適切な法の解釈、読み方のポイントを学びます。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 職員採用試験を受験するためには、下記の方法による応募が必須です。

【札幌市職員採用試験】
札幌市職員になるためには、札幌市職員採用試験を受験していただくことになります。試験区分は、最終学歴ごとで分かれています。
○大学卒、大学院修了→大学の部
○短大卒、高専卒、専門卒→短大の部
※保健師、保育士及び栄養士は学歴不問ですが資格・免許の取得が必要です(取得見込も可)。
※専門卒の方は専門士の称号が必要です(高度専門士の称号をお持ちの方は、大学の部での受験となります)。

【申込方法】
試験案内(受験申込書)を下記配布場所等で入手して、必要事項を記入した上で、郵送(特定記録郵便)により申込みしてください。

【配布場所】
○直接入手する場合
受験申込受付期間中に、主に下記の場所で配布します。
・札幌市人事委員会事務局(札幌市役所本庁舎4階)
・市政刊行物コーナー(札幌市役所本庁舎2階)
・各区役所総務企画課
・大通証明サービスコーナー(地下鉄南北線大通駅コンコース横(出口5横))
・札幌市消防局・各消防署・各消防出張所
・札幌市東京事務所
 (東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館3階 電話03-3216-5090)
・札幌UIターン就職センター
 (東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル3階 電話03-6734-1052)

【職員募集パンフレット】
職員募集パンフレットは、上記配布場所で、2019年3月6日から配布予定です(大通証明サービスコーナーは試験案内配布期間のみ)。また、札幌市人事委員会のホームページにも掲載します。
選考方法と重視点 【大学の部、保健師】
1.試験案内(受験申込書)を入手
  ↓
2.申込
  ↓
3.第一次試験
  筆記試験(択一式)
  ↓
  一次面接試験(面談) ※一般事務[行政コース・福祉コース]、学校事務のみ
  ↓
4.第二次試験
  面接試験、身体検査(消防吏員のみ)
 (消防吏員は体力検査も行います)
  ↓
5.最終合格発表
  ↓
6.採用【2020年4月1日】

【短大の部、保育士、栄養士】
1.試験案内(受験申込書)を入手
  ↓
2.申込
  ↓
3.第一次試験
  筆記試験(択一式)
  ↓
  一次面接試験(面談)※一般事務、学校事務のみ
  ↓
4.第二次試験
  面接試験、身体検査(消防吏員、保育士のみ)
  (消防吏員は体力検査も行います)
  ↓
5.最終合格発表
  ↓
6.採用【2020年4月1日】 

※試験内容等については、現時点では確定しておりませんので、
必ず試験案内(受験申込書)で確認してください。
提出書類 受験申込書
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 【一般事務、学校事務、一般技術、保健師、保育士、栄養士】
大学院(修士)修了      月給197,451円
大学卒           月給184,885円
短大卒、高専卒、専門学校卒 月給166,242円

【消防吏員】
大学卒           月給193,125円
短大卒、高専卒、専門学校卒 月給175,409円

※金額は2019年4月1日時点のものであり、実際の採用時には変更になっている場合があります。また、職種や勤務場所によって異なる場合があります。
昇給・賞与・諸手当 【昇給】
○年1回(1月) 

【賞与】
○期末・勤勉手当(6月、12月)

【諸手当】
○寒冷地手当(10月支給)
○支給要件に該当すれば、通勤手当、扶養手当、住居手当等
勤務地 ○基本的に札幌市内
○東京事務所に勤務したり、中央省庁や海外の事務所などへ派遣されたりすることもあります。
勤務時間 勤務時間
午前8時45分~午後5時15分まで(休憩45分)
※職種や勤務場所によって異なる場合があります。
福利厚生 ○健康管理
全職員を対象とした定期健康診断、新採用職員の健康診断などを実施して、病気の予防・早期発見に努めるとともに、個別の健康相談や各種健康教室を実施して健康増進を図っています。

○優待割引制度
レジャー、宿泊などの余暇支援、子育て・介護と仕事の両立支援、自発的な健康づくりの促進及び自己啓発などの分野に関して、様々な優待割引サービスを提供します。

○その他
病気やけが、結婚、出産などに対して給付や手当金が受けられるほか、教育、住宅などのための貸付制度があります。また、各地の共済組合宿泊施設を利用することができます。
休日休暇 休日
土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

休暇
年次休暇20日(時間取得可)、結婚休暇、産前・産後休暇、病気休暇、介護休暇、育児休業制度、育児短時間勤務制度等
採用実績校 【大学】
青森県立保健大学、青山学院大学、旭川医科大学、茨城大学、岩手大学、岩手県立大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪大学、大阪府立大学、大妻女子大学、小樽商科大学、お茶の水女子大学、帯広畜産大学、香川大学、鹿児島大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、関東学院大学、学習院大学、北見工業大学、京都大学、京都外国語大学、京都工芸繊維大学、京都女子大学、近畿大学、釧路公立大学、群馬大学、慶應義塾大学、神戸大学、神戸市看護大学、公立はこだて未来大学、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、札幌大学、札幌医科大学、札幌学院大学、札幌国際大学、札幌市立大学、静岡大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、職業能力開発総合大学校、信州大学、上智大学、専修大学、創価大学、高崎経済大学、千歳科学技術大学、千葉大学、中央大学、中京大学、筑波大学、都留文科大学、天使大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京農業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東北学院大学、東北福祉大学、東洋大学、徳島大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、名古屋大学、名寄市立大学、新潟大学、日本大学、日本社会事業大学、日本赤十字北海道看護大学、日本福祉大学、一橋大学、弘前大学、福島大学、藤女子大学、佛教大学、法政大学、放送大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、北海道医療大学、北海道教育大学、北海道工業大学、北海道文教大学、北海道薬科大学、宮城教育大学、宮崎大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、酪農学園大学、立教大学、立命館大学、琉球大学、早稲田大学 

【短大】
札幌大谷大学短期大学部、北海道武蔵女子短期大学、札幌国際大学短期大学部、光塩学園女子短期大学、北星学園大学短期大学部、北翔大学短期大学部、名寄市立大学短期大学部
採用予定学部学科 全学部・全学科
今年度採用予定数 301名~
昨年度採用実績(見込)数 平成30年度職員採用試験合格者数
【大学の部、保健師】
・一般事務:行政コース 155名、福祉コース 15名
・学校事務 14名
・一般技術:土木 22名、建築 4名、電気 8名、機械 5名、衛生 8名、造園 2名
・消防吏員 26名
・保健師 5名

【短大の部、保育士、栄養士】
・一般事務 9名
・学校事務 3名
・一般技術:土木 2名、電気 1名、機械 1名
・保育士 33名
・栄養士 8名
試用期間 なし

職場データ

平均勤続年数 16.3年
平均年齢 40.7歳
平均有給休暇取得日数(年間) 14.1日
気になる

7人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません