株式会社クロスメディア

株式会社クロスメディア(カブシキガイシャクロスメディア)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社クロスメディア

【環境サービス|ガラス】

★★はじめまして、クロスメディアです★★
 ★私たちのことを、知ってください!★

10年前、当社の売上は2億7,800万円・・・
それが、今までの私たちのポテンシャルでした。

そして、現在は約5~6億円まで成長してきました。
少しは企業らしくなったかも知れません。
でもまだまだです。これから。

当社の所在地は相模原市緑区にあります。
都会のような洗練さはありませんが、社風はいたって『アットホーム』。
みんなで『会社』を作り上げる楽しさが、当社にはあります。
是非、当社のお話を聞いてみませんか?

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 営業力が自慢

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
★専門的な保温知識と高い縫製技術を武器としています★

当社は、特殊な繊維を使用した設備・配管等を保温するカバー
『ファインジャケット』を製造・販売しているメーカーです。

当社のビジネスモデルは、熱源が発生するものが対象となるため、世界を含めて市場マーケットは大きいです。
また、設置したファインジャケットは経年劣化が生じてくるため、アフターケアも必須になってきます。
おかげさまで、昨今の省エネ意識も追い風となり
セールスが伸びてきています。
お取引先も大手企業を中心とした優良企業が多数です。

クロスメディアは、完全なトップダウンではなく、
本人主体で「モノを考え、行動する」を尊重している会社です。
もちろん、行き詰っているときはしっかりと他から手を差し伸べてくれます。
自分では思いもつかなかったアイデアで乗り切れたことも、
社員は体験してきています。

ぜひ、あなたの持っている『新しい風』を吹き込ませてください。


           代表取締役   吾妻 透

事業・商品の特徴
★『はやぶさ』の縫製製作も担っています★

みなさんは『惑星検査衛星 はやぶさ』をご存知でしょうか・・・?

当社は保温の専門知識と高い縫製技術力で、著しく加工が難しい特殊な断熱フィルム
「サーマルブランケット」の縫製製作を受託しております。
『はやぶさ』のみならず、『HTV(宇宙ステーション補給機)』などの衛星にも携わっており、
彼らの活躍はまるで親が子を見ているもので感慨深いです。

地球のルーツ探しにひと役買っています。

事業戦略
★企業のブラッシュアップにも取り組んでいます★

現在、クロスメディアはさまざまな取り組みを行ってきております。

【財務健全性】
●日本SME格付け(世界2大格付会社S&Pの基準で行っている中小企業版の格付)にて、上から2つめの『aa』の評価

【神奈川がんばる企業の認定】
●神奈川県が独自の工夫等により、業績アップを成し遂げた企業に対し、認定しています
 2年連続受賞のうち、2019年度は県内10社に授与される『がんばる企業エース』に認定されました

【知的財産】
●商標登録『ファインジャケット』『スーパーファインジャケット』『クロスメディア』

私たちの仕事

●営業担当が、得意先からのオーダーにより配管などの形状をもとに、ファインジャケットの設計を行います。
 *設計にあたっては、先方の担当者との打ち合わせを行い、場合によっては現地へ赴いて調査しています。
 *取引先は既存のお客様が殆どですので、新規開拓はありません。
 *設計図は手書きもありますが、CADで製作することもあります。
             ↓

●製造チームでは各セクションに分かれて、設計された指示書をもとにファインジャケットの製作を行っていきます。

 1.生地裁断処理・・・特殊な生地を自動裁断機または特殊なものは熟練の従業員が行っています
 2.グラスウール裁断処理・・・自動裁断機または特殊なものは熟練の従業員が行っています
 3.生地の縫製・・・生地を縫い合わせます(糸は耐熱性のあるものを使用しています)
 4.生地にグラスウールをセットして、仕上げ、検品

             ↓

●出荷作業(営業担当がお客様のところへ設置を行うこともあります)


以上がおおまかな流れです。

配管の形状はさまざまですので、長く経験を重ねていくことで熟練度が増すようになります。

はたらく環境

職場の雰囲気
★『ES満足度(従業員満足)』向上を目指します!!★

世間では『CS(顧客満足度)』は既に浸透してきているかと思いますが、今は『ES』の時代!

クロスメディアの『ES(従業員満足度)』とは・・・?
給与?休日?やりがいのある仕事?会社の雰囲気?
どれもハズせませんね!

会社の雰囲気は、和気あいあいといった感じです。
工場ではラジオを流しているので、そのラジオをキッカケに話が弾んで、とうとうチームを組んで「マラソン大会」に出場したほど!

また。
しっかりと仕事をして、しっかりと休む。
当社の有給取得率も多いのが特徴です。

すべての改革は難しいといわれていますが、
クロスメディアは今の段階に満足せず、
あえて『上』を目指していきましょう!

オフィス紹介
★新社屋建設を夢見ています★

ご覧になられて『え・・・?』と思いましたか?
もしかしたら、キレイなオフィスで仕事をしている姿をイメージしていたのではないでしょうか。
私たちも同じです!!

キレイなオフィスで仕事したい。

今はまだガマンの時期ですが、
あなたが入社して、数年経てば恐らく立派な新社屋が建てられるかも知れません。
クロスメディアの密かな夢です。

一緒にここで頑張ってくれたら、うれしいです。

組織の特徴
★若手中心の意見交換で、社内の活性化を図っています★

『夢夢プロジェクト』始動!

『夢夢プロジェクト』とは・・・?
若手社員または、社歴の浅い社員で構成された意見交換会のことで、2018年に発足し定期的に開催しております。

各セクションからの問題点について共有し、改善策を模索したり、将来の方向性、新製品開発や目標である新社屋に向けての
自由な意見交換がなされています。

このような勉強会を通じて、将来のクロスメディアのリーダーとしての自覚づけに大いに役立っております。

働く仲間
★先輩インタビュー~~ 営業部 Fさん (2013年入社)★

『ある日、突然の独り立ち』
希望職種は製造業でした。
縫製業という全く知らない業界だったのですが、当社のニッチなビジネスモデルに興味が湧き入社を決めました。
実は面接で訪問した時に営業棟と間違えて工場を訪ねてしまいましたが、その時に見た工場の就業風景が明るく楽しい雰囲気で、この会社で働きたいと思ったんですね。

入社後は営業部に配属となり、自社製品の役割を学び、製品を設計して完成・施工までの工程について勉強しながら先輩の訪問先に同行する日々が1年位続きました。
そしてある日、突然独り立ちを命じられ(笑い)、私ひとりで現場に出始めてから次第に担当するお客様が増えていき、現在に至ります。

『自分の製作した製品が喜んでもらえる』
製品はオーダーメイドです。
私が設計した製品に対してお客様が満足した反応をして頂けると、とても幸せな気持ちになれます。営業部の人員が少ないので個人の成果が会社の業績に直結しているのも、やりがいを感じるところです。

『雰囲気がいい会社だと思います』
上の方でもお話しましたが、突然ひとりでオーダーメイド品を設計するように言われます。
その後先輩方から、「ちゃんと現場調査できた?」「どんな設計にしたの?」「ちゃんと納品できた?」と聞かれ、その都度確認したり相談したりしました。無事に納品できたとき、先輩方は本当は心配だったかも知れませんが一緒に喜んでくれたのを憶えています。

周りを気にしてくれ、雰囲気も良い。
私はそんな会社だと思います。

社風
★先輩インタビュー~~ 製造部 Hさん (2010年入社)★

『母も働いていたので、安心できました』
私は地元相模原での就職を希望していたため、相模原の企業を探しておりました。
実はクロスメディアは先に私の母が働いており、紹介されたのがキッカケです。モノづくりに興味があったのと、女性が多い職場で安心感がありました。
入社してすぐに大島工場に配属となり、省エネカバーのミシン縫製や出荷作業、製品検査票の作成を担当しております。

『日々の積み重ねが自分の糧と、なっていく』
入社直後は、分からないことばかりでしたが、日々の積み重ねが自身の技量となって、苦手だったことや出来なかったことができるようになったとき、続けてきて良かったと思いました。
製品が形になったときの達成感は大きく、とてもやりがいを感じます。
今年の入社10年目で、ひとつの節目を迎えます。
これからもっと知識や技術を吸収して、新たな仕事にチャレンジできる社員になっていきたいです。

『社長から見た【彼女は】?』
彼女は、入社した時は可愛らしいお嬢さんで本当に大人しかったんですよ。
彼女が所属している工場は、納期がとりわけ厳しいものを製作しているので、間に合わせるのが課題の1つでもあります。
そんな中で、彼女はすごく頑張って、コツコツと技術を自分のものにしていったと思います。
縫製技術も向上しましたが、一番成長したなと感じたのは積極性とコミュニケーションでしょうか。
今回の採用情報の掲載も快く引き受けて頂いて、本当に嬉しいですね。
もともと素直な彼女なので、将来さらにどのような社員になっていくのかが楽しみです。

企業概要

創業/設立 1985年  3月    東京都杉並区にて設立。
1987年  2月          事業目的を変更。
         (設備配管バルブ等の保温・保冷ジャケットの製造・販売を追加)
1989年 12月         神奈川県相模原市へ本店移転。
2015年   6月         吾妻 透氏が代表取締役に就任。
本社所在地 〒252-0134
神奈川県相模原市緑区下九沢1743-1
代表者 代表取締役  吾妻 透
資本金 2,800万円
売上高 昨今の省エネ意識が高まったこともあり、
おかげさまで、右肩上がりで順調です。

5億9,200万円 (2019年6月期)
6億1,700万円 (2018年6月期)
5億2,500万円 (2017年6月期)
4億9,200万円 (2016年6月期)
4億6,100万円 (2015年6月期)
3億6,800万円 (2014年6月期)
従業員数 役員                       4名(社外取締役を含む)
監査役                      1名
社員                        31名(うち男性14名、女性17名)
パート・アルバイト   44名(うち男性  9名、女性35名) (2020年02月現在) 
事業所 〒252-0134
神奈川県相模原市緑区下九沢
株式会社クロスメディア 下九沢工場

〒252-0134
神奈川県相模原市緑区下九沢
株式会社クロスメディア 内出工場

〒252-0135
神奈川県相模原市緑区大島
株式会社クロスメディア 大島工場

採用連絡先

●郵送の場合

〒252-0134
神奈川県相模原市緑区下九沢1743-1
株式会社クロスメディア  総務部 本山


●Eメールの場合

motoyama@cross-me.co.jp
総務部 本山まで