国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(リヨウシカガクギジユツケンキユウカイ…の新卒採用・企業情報

正社員

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

【特殊・独立行政法人】

量子医学・医療、量子ビーム、核融合などの異なる分野で研究開発を手がけているQST。平成28年4月に発足したばかりのまだまだ新しい法人ですが、全国5ヶ所にある研究所はそれぞれに歴史を持ち、研究開発を進めてきました。私たちの研究成果は医学・生命科学の進歩に直結し、健康で平和な人間社会に役立っています。世界7極が参加する国際共同プロジェクト”ITER(国際熱核融合実験炉)”など、活躍の舞台は国内のみならず海外にも。世界トップクラスの研究開発を目標に、私たちはこれからも科学技術の探求を続けていきます。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 経験や年功を重視

  • 設立10年以内の企業

私たちの魅力

事業内容
1.量子医学・医療、2.量子ビーム、3.核融合の3つの事業を主軸に事業を展開しています。

量子科学技術研究開発機構(量研/QST)は、重粒子線などによるがんの治療や、放射線の人体への影響や医学利用、放射線防護や被ばく医療などの研究、量子ビームによる物質・材料科学、生命科学等の先端研究開発、高強度レーザーなどを利用した光量子科学研究、国際協定に基づくITER計画及び幅広いアプローチ(BA)活動を中心とした人類究極のエネルギー源である核融合の研究を実施しています。
科学技術の探求を使命とする研究開発機関が発展していくためには、新たな人材が必要です。私たちとともに、未知の世界にチャレンジしてみませんか。

私たちの仕事

▼量子医学・医療の分野で健康と安心を支える
重粒子線を用いたがん治療研究や、生体における分子レベルの異常を画像化する分子イメージング研究を中心とした「放射線の革新的医学利用のための研究開発」と、万が一に備える「放射線影響・被ばく医療研究」を2つの柱として研究を遂行しています。
これらの事業の一環として、研究所の病院を活用し、重粒子線がん治療の国民医療への普及・定着に向けた取り組みや高度医療被ばく支援センターとして、原子力災害時に備えた医療体制の整備に向けた取り組みを行っています。
また、放射線管理や放射線の医学利用に係る技術者の養成、幅広く放射線の知識を伝える人材の育成、小学生から大学生の放射線に関する基礎研修等の他、研究者を目指す大学院生を対象とした専門研修にも取り組んでいます。

▼量子ビームで明日のテクノロジーを切り拓く
高崎量子応用研究所と関西光科学研究所を活動の拠点とし、荷電粒子・放射性同位元素(RI)、中性子、光量子、放射光などの様々な量子ビームの発生・制御やこれらを用いた高精度な加工や観察などに係る最先端の技術開発を推進しています。また、量子ビームの優れた機能を総合的に活用して、物質・材料科学、生命科学等の幅広い分野において、世界を先導する研究開発を推し進めており、革新的な成果の創出や先進的な量子ビーム利用技術の普及拡大を通して、科学技術イノベーションの創出を促進し、我が国の科学技術・学術の発展、産業の振興等に貢献しています。

▼核融合エネルギーの実用化を目指して
地球環境に優しく安全性に優れた“地上の太陽”を実現するため、世界規模で核融合エネルギーの研究開発を進めています。核融合とは、軽い原子核同士が衝突して重い原子核へと<融合>することです。星や太陽が輝きつづけるのも、この核融合エネルギーによるものです。核融合エネルギーの研究では、国際協力により核融合エネルギーの科学的・技術的成立性を実証する「ITERの研究開発」、核融合反応で燃料を燃やし続ける研究をする「核融合プラズマの研究開発」および核融合プラズマの実現を支える「核融合理工学の研究開発」を3本柱とし、核融合エネルギーの早期実現を目指して、総合的に研究開発を推進しています。

はたらく環境

組織の特徴
量子科学技術の水準向上のための基礎研究、基盤的研究開発を推進

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(量研:QST)は量子科学技術及び放射線医学の水準向上のための基礎研究、基礎研究的研究機関を推進する国内で唯一の研究機関として活動しています。
今後、研究開発業務の一層の活性化と効率化を図るとともに、その透明性を高めて広く開かれた研究機関として活動し、世界における卓越した研究拠点へと発展させて行きたいと考えています。

企業概要

創業/設立 1957年(S32) 放射線医学総合研究所発足(科学技術庁)
2001年(H13) 独立行政法人放射線医学総合研究所発足
2015年(H27) 国立研究開発法人放射線医学総合研究所に法人名称変更
2016年(H28) 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の一部業務を国立研究開発法人放射線医学総合研究所に移管し、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構発
本社所在地 〒263-8555
千葉県千葉市稲毛区穴川4丁目9番1号
代表者 理事長 平野 俊夫
資本金 870億 7642万 円
従業員数 1267名 (2019年04月現在) 
事業所 【本部】
千葉県千葉市

【その他】
当機構が有する各研究所(千葉県、群馬県、茨城県、京都府、兵庫県、青森県、東京都、福島県等)
※詳細は当機構HPよりご確認ください。
年間予算額 437億円(平成31年度)
 (核融合関係・次世代放射光関係補助金を含む)

採用連絡先

問合せ先
(1)採用全般について
〒263-8555 千葉県千葉市稲毛区穴川4丁目9番1号
人事部人事課 採用担当
Tel:043-206-3012 E-mail:recruit=qst.go.jp(「=」を「@」に置き換えてください)

(2)募集テーマについて
当機構HPより各テーマ詳細に記載の担当者へ直接ご連絡ください。
http://www.qst.go.jp/information/new-graduates.html