厚生労働省 群馬労働局

厚生労働省 群馬労働局の過去の採用・募集情報

厚生労働省 群馬労働局

【官公庁】

 雇用の確保、労働条件の確保・向上等を通じ、国民生活の維持・向上を図ることは極めて重要な使命です。
 群馬労働局は、このような労働行政の使命を着実に果たすため、厚生労働省の地方機関として、群馬県において専門的かつ総合的な労働行政サービスを効果的かつ迅速に提供するよう努めるほか、管下の労働基準監督署及び公共職業安定所を通じて地域に密着したきめ細かな行政運営を推進します。

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 平均残業時間が月20時間以内

  • 離職率が低く安定

私たちの採用について

求める人物像
国家公務員として地域に貢献できる方

 群馬労働局は、地域における労働行政の総合的機関として、雇用の安定・男女ともに健康で働きやすい職場の実現などを通じて、国民の生活の安定と経済・社会の発展を図るうえで極めて大きな役割を果たしております。
 
 この役割を果たすため、群馬労働局は「労働分野の専門家集団」として、仕事を探される方や仕事でお困りの方、人材を必要とする企業等に日々接し、求められるサービスの提供に努めています。

 このように群馬労働局の果たす責任は大変重いものですが、その分やりがいがあるところです。また、関連する様々な業務を経験し、「労働分野の専門家(プロフェッショナル)」として、自らの可能性を磨くことができる職場です。

 行政を目指す皆さんには、是非、群馬労働局に来ていただきたいと思います。

 そして、熱意ある皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

募集する職種

◆ 厚生労働事務官
 ハローワークや労働基準監督署、労働局での国家行政事務(雇用保険、労災保険、職業相談、労働相談等)を行います

◆ 労働基準監督官
 労働基準関係法令に基づいて、あらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く人の安全や健康の確保を図り、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職です

研修・社内制度

研修制度
労働大学校等での充実の研修制度です

 採用後速やかに、公務員として必要な基礎的知識・労働行政職員としての心構え・行政の課題などを知るための研修、資質向上を図る研修を実施しています。また、行政経験の節目時期や特定の職務又は役職に就任時等、業務研修等を受講して頂きます。
 OJT訓練等の職場内研修の他、労働局単位で行う研修、埼玉県朝霞市に所在する労働大学校で行われる全国規模の研修等、研修機関は非常に充実しております。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法  人事院が行う国家公務員採用試験(一般職試験(大卒程度)、労働基準監督官)の合格者が、群馬労働局で行う採用面接の対象者となります。

◆ 一般職試験(大卒程度試験)
  申込受付期間  平成31年4月5日~4月17日
  第1次試験(筆記試験) 平成31年6月16日
  第1次試験合格者発表  平成31年7月10日
  第2次試験(面接試験) 平成31年7月17日~8月2日
  最終合格者発表 平成31年8月20日

◆ 労働基準監督官試験
  申込受付期間  平成31年3月29日~4月10日
  第1次試験(筆記試験) 平成31年6月9日
  第1次試験合格者発表  平成31年7月2日
  第2次試験(面接試験・身体検査) 平成31年7月16日~18日
  最終合格者発表 平成31年8月20日

  ※ 詳しくは、人事院のWebページをご覧ください。
選考方法と重視点  国家公務員採用試験合格者を対象に、群馬労働局において採用面接を実施します。

【採用までの流れ】(日程は平成30年度参考、平成31年度の日程は6月上旬頃に掲載予定)
◆ 一般職試験(大卒程度試験)受験者
▲官庁合同業務説明会  平成30年7月15日
 人事院が行う国家公務員一般職(大卒程度)採用試験の第1次試験合格者を対象に、採用予定のある官庁が集まり、業務内容等の説明を行います。
   ↓
▲群馬労働局業務説明会 平成30年7月23日~27日
 人事院が行う国家公務員一般職(大卒程度)採用試験の第1次試験合格者を対象に、群馬労働局において業務内容等の説明を行います。
   ↓
▲官庁訪問・採用面接 平成30年8月22日~24日
 人事院が行う国家公務員一般職(大卒程度)採用試験の最終合格者を対象に、群馬労働局で採用面接を行います。
   ↓
▲採用内定


◆ 労働基準監督官試験受験者
△群馬労働局業務説明会 平成30年7月4日~6日
 人事院が行う国家公務員労働基準監督官採用試験の第1次試験合格者を対象に、群馬労働局において業務内容等の説明を行います。
   ↓
△官庁訪問・採用面接 平成30年8月22日~24日
 人事院が行う国家公務員労働基準監督官採用試験の最終合格者を対象に、群馬労働局で採用面接を行います。
   ↓
△採用内定
提出書類 エントリーシート
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 「一般職の職員の給与に関する法律」等に基づき、俸給や諸手当が支給されます。

新卒の初任給(月額)
大卒‥‥1級25号俸  180,700円
院了‥‥1級33号俸  194,000円

※ 大学卒業後に、大学院、民間勤務経歴、公務員経歴等がある場合には、その期間を経験年数として評価し、上乗せされることがあります。

※ 俸給は、任官後、勤務成績等に基づいて、昇給(俸給表の号俸が上がること)、昇格(俸給表の上位の級に変更になること)します。
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回

賞与:期末・勤勉手当として年2回(6月、12月)
2018年度年間支給割合は4.4ヶ月分

諸手当:扶養手当・住居手当・地域手当・通勤手当・超過勤務手当など
勤務地 群馬県
勤務時間 8時30分から17時15分まで(休憩1時間)
福利厚生 厚生労働省共済組合の組合員となり、組合員とその扶養家族の病気、負傷、出産、休業、災害などに対する給付が受けられます。

また、健康診断や人間ドック、メンタルヘルス相談などを実施しており、貸付制度などもあります。

赴任にあたっては、国家公務員宿舎への入居が可能です。
休日休暇 日曜日および土曜日、
国民の祝日並びに年末年始(12月29日~1月3日)
※ 超過勤務及び休日勤務を命じられる場合もあります。
採用実績校 全国の各大学等
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 未定
昨年度採用実績(見込)数 11名
試用期間 なし

職場データ

平均勤続年数 38.0年
平均残業時間(月間) 12.0時間
平均有給休暇取得日数(年間) 17.0日
気になる

6人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません