山洋電気テクノサービス株式会社

山洋電気テクノサービス株式会社の企業情報

山洋電気テクノサービス株式会社

【その他電子・電気機器】

山洋電気株式会社の100%出資のグループ会社として、1999年3月に設立されました。山洋電気のグループ会社として、山洋電気の生産請負や「山洋電気テクノサービス」独自の技術を生かした新規事業の開拓を幅広く、積極的に行っています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 地域に密着した事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
山洋電気のグループ会社として、当社は生産とサービスの分野で大きな役割を担っています。

1.サーボシステム、ステッピングシステム、電源装置、冷却ファンの設計・製造、部材・消耗品の販売
2.エンジニアリングサービス事業(ビフォアサービス、アフターフォロー、技術支援サービス等のアフターサービス)
3.現地据付工事、電気工事の設計・施工
4.制御盤組立、ケーブル加工、配線組立などの受託事業
5.山洋電気グループ内の施設管理、総務・財務事務、資材・品質管理の請負
6.計測器校正事業
7.物流事業
8.リサイクル事業
9.太陽光発電事業
10.印刷事業
11.ネット販売業務
12.人材派遣業
13.自動車修理、車検業務
14.社内情報システムの企画・設計・管理の委託
15.社内施設の売店運営

私たちの仕事

山洋電気グループにおいて、当社は、生産とサービスの分野で大きな役割を担っています。特に、山洋電気グループが「世界のトップブランドになる」という大きな目標に向かっている今、当社は「山洋電気製品のサービス体制を充実させ,拡大していく」という大きなテーマを掲げています。

はたらく環境

オフィス紹介
工場

山洋電気は、1944年に上田市で生産活動を開始して以来、上田市とその近郊に、4つの工場とひとつの研究開発棟を持っています。

【工場】
2013年5月には、富士山工場敷地内に新たな工場が完成し、稼動を開始しました。
新工場は、サーボアンプ、ステッピングドライバの最新工場として稼動し、富士山工場で生産しているUPS(無停電電源装置)と太陽光発電システム用パワーコンディショナ、およびEV(電気自動車)との連携により、震災時の停電リスクを抑えた工場 となっています。
また、2009年5月から稼動した神川工場は、サーボモータ、ステッピングモータなどのサーボシステム事業部の製品を一貫生産しており、業界トップブランドの製品づくりにふさわしい、環境に配慮した工場です。

【研究開発等】
1997年に完成した山洋電気テクノロジーセンターは、山洋電気の研究開発棟。「人を幸せにする技術」を生み出す場所であるだけでなく、働く人のやりがいと自由な発想を促す場所でもあります。
また電力の一部を独自の太陽光発電システムにより供給。冷却水や排気ガスの熱などのロスエネルギーを回収して、給湯や冷暖房に再利用するなど、環境にも 配慮した施設です。

企業概要

創業/設立 1999年3月
本社所在地 長野県上田市殿城5-4
代表者 代表取締役社長 北村 恵一
資本金 5000万円
売上高 57億8400万円(2016年3月期)
従業員数 510人 (2016年09月現在) 
株主 山洋電気株式会社
事業所 工場/長野県上田市内に4カ所(山洋電気 神川・塩田・築地・富士山工場内)
事務所/東京都豊島区に1カ所(山洋電気 本社ビル内)
研究棟/長野県上田市内に1カ所(山洋電気テクノロジーセンター内)
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません