小野建設株式会社

小野建設株式会社の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

小野建設株式会社

【建設】

先輩情報

後藤 優花(2018年入社)

総務部  

職種 一般事務
出身校 山形県立米沢女子短期大学
出身学部 日本史学科
専攻分野 文学系

インタビュー

積極的な女性登用

  • 社員の約三割を女性が占めている小野建設。特に工事部が担当する現場はまだまだ男性社会と言われているだけに、この点は建築業界からも注目されています。また、女性スタッフを主体にする考えが浸透し、さまざまな制度や環境にも表れています。やはり住宅は、ご家族のなかでも奥様の意見が反映されることが多いため、女性としての視点や意見を生かした提案力で、お客様に寄り添うことの出来る会社だと思います。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    地域にも心にも残る建物づくり

    私は大学時代、寺社仏閣・城郭建築に関する研究をしておりました。何十年、何百年先まで残すことの出来る当時の建築技術と同じ建物に潤いを与える現在の改修技術に感銘を受け、建設業携わる仕事がしたいと考えました。また、建設事業を通して地域への貢献とともに地元とも良好な関係を育んでいる会社だと知り、地元に貢献したいと考えていた当時の私が思い描いていた考えと一致し入社を決めました。

  • 今後の目標・将来の夢

    質の高い経理業務

    私は現場職ではなく事務職員として主に経理の仕事をしております。建設関係の経理では、大きな金額を取り扱うことからミスが許されません。経理に関する知識はまだ浅いのですがこれから様々な経験を通して質の高い経理業務を身に付けたいと思います。経理は、一見単調な作業をしているように見えますが、慎重にすべきことが沢山ある業務です。常に緊張感と責任感を持って励みたいと思います。

  • オフタイムの過ごし方

    建造物巡り

    長期休みを利用して遠出をし、私の好きな寺社仏閣、城などといったいわゆる歴史的建造物を見学しています。また、現地の美味しいものを食べて気分をリフレッシュしています。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    書道

    書道を始めて今年で13年。週に一度欠かすことなく教室に通い、限られた時間の中で一筆一筆丁寧にまた納得のいくまで打ち込んでいます。展覧会や昇段試験などにも積極的に出品し、良い結果をいただくたび、日々の小さな努力の積み重ねが目標達成の鍵であることを実感しております。また社会人になってからも継続しており、書に没頭することでどんな大変なことがあっても頑張ろうと前向きな気持ちで、仕事に打ち込むことが出来ます。

仕事の特徴

  • 周りの人をサポートする仕事
  • 文章力を磨ける仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • 人生の節目をサポートする仕事
気になる

5人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません