サントリーグループ

サントリーグループ(サントリーグループ)のキャリタス限定情報

正社員

サントリーグループ

【食品】

人事部みっちゃんのスペシャルES指南書!

2007年 入社
2007年~2008年8月 福岡支店(家庭用営業)
2008年9月~2014年9月 熊本支店(家庭用営業)
2014年10月~ 人事部

いちばんよく言われるのがコレ!
自己分析も、企業研究も、ES対策も、
これまで一生懸命準備してきたのに、
いざ実際に書こうとすると悩んじゃう人、多いみたいです。
実は、私も就活の時は結構悩んだりしていました。

でも、ちょっと肩の力を抜いてもう一度考えてみてください。
ESってなんのために提出するんだっけ?

サントリーの採用担当者が、
ESを通じていちばん知りたいこと、
それは「あなたはどんな人ですか?」です。

だからぜひ、あなたのことを教えてください。
例えば、感じ方、考え方、行動の仕方、
経験の活かし方、などが判ると、
私たちはあなたがどんな人か、
具体的に思い描きやすくなります。

もし私が今、皆さんと同じ就活生で、
これからESを書かなければいけない、となったら、
いちばん気をつけるのは、「ちゃんと伝わるように書く」ですね。

当然ですが、私たちは、皆さんのESをひとつひとつ
しっかりと、真剣に読ませていただきます。

その経験を通じてとても大切だと感じるのは、
「読む人を念頭に置く」ことです。
これが足りないために、書いてくれた人の思いが十分に
伝わってこなくて、残念に感じることがあります。

丁寧に書く、誤字脱字をなくす、などの基本的な心得も、
「読み手を念頭に置く」という点では同じです。

ESを書いたら、サントリーの採用担当者のつもりで
読み返してみてください。
自分の思いがちゃんと伝わってきたら、
大丈夫です!!

それなら「特別」ではないもの、
あなたにとって「当たり前」のことから探してみてはどうでしょう?

もしかしたら、あなたが当たり前と思ってとった行動や、
ずっと続けてきたせいで、もう特別ではなくなってしまった行いの中に、
テーマと結びつくネタが埋もれているかもしれません。

重要なのは「特別」なことではなく、
「あなたらしい」ことだと思います。

もちろんあります。
嘘とか。誹謗中傷とか。
でもこれはES関係なく、
人としてNGですね(笑)。

つまり、
●常識の範囲
●テーマに沿った内容
であれば、何を書いていただいてもOKです。
アドバイスとしては、「締めくくり方を考えてから書く」。誰かが喋っているのを聞いている時、途中からだんだん話が逸れてしまって、「おや?」と思った経験、ありますよね。文章を書くのも同じで、いつの間にかテーマから離れてしまうことがあるので要注意です。
推敲する時は、書き出しと締めくくりとでズレが生じてないか、確認してみてください。

全然大丈夫!気にしないでください。

大学で勉強した内容、サントリーでやってみたい仕事、
どちらもあくまで「あなたを知るための手がかり」。
ふたつの関連性が、採用の可否判断に影響することはありません。

そもそも、サントリーのDNAは「やってみなはれ」。
新しいことにチャレンジする意欲は大歓迎です。

ただし、その仕事をやってみたい「理由」もしっかり書いてくださいね。

サントリーの社内でもただ漠然と「やってみたい」だけでは、
GOサインはもらえませんから。

就活中は悩むことや焦ることが多いかと思いますが、100人いれば100通りの就活が存在します。周囲の人々の動きに一喜一憂することなく、人は人、自分は自分だと思って精一杯取り組んでほしいと思います。皆さん一人ひとりが納得いく就活になることを心から願っています!