富士電機テクニカ株式会社

富士電機テクニカ株式会社の企業情報

富士電機テクニカ株式会社

【商社(電子・電機・情報機器)|商社(総合)|その他商社】

富士電機テクニカは、富士電機の受配電・制御機器事業を支える富士電機機器制御製品を中心にシュナイダー製品・富士ブランドテクニカ扱い品・他メーカー品を取り扱うコンポーネント総合商社です。
コンポーネントは安定した電気を提供するために必要不可欠で、みなさんの「安全・安心」な暮らしや、工場や産業における自働化社会の実現、省エネ化・環境負荷の低減により「環境保全」に貢献しています。

わたしたちは多彩なラインナップと豊富な技術や情報により、お客様のニーズに迅速にお応えするべく、販売のプロフェッショナルとして、コンポーネントソリューションビジネスを行い、お客様とともに成長し続ける企業を目指してまいります。

  • 顧客視点のサービス

  • 安定した顧客基盤

  • 3年連続で業績アップ

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
コンポーネントソリューションビジネスを展開しています。

富士電機製品を中心とする電気機械器具・電子部品等の販売

1.富士電機製品:受配電機器、制御機器、エネルギー管理機器、インバータ、サーボ、モータ、PLC、電子デバイスなど
2.シュナイダーエレクトリック製品:受配電機器、制御機器、安全機器、エネルギー管理機器など
3.他社製品:トランス、コンデンサ、ボックス、盤など

私たちの仕事

私たちの仕事の基本はソリューション営業です。顧客とのコミュニケーションを通して顧客の抱える課題や要望を汲み取り、その問題解決に向けたソリューションを提案していく。富士電機の製品だけではなく、富士電機グループ以外のその他のメーカー品を取り揃え、多彩なラインナップでお客様のニーズに応えていきます。
営業活動を行う上で商品知識の理解を深める必要は有りますが、社内・社外における商品説明会や技術セミナーへの参加をはじめ、日常において先輩・上司はもちろん、富士電機の製造部門や営業部門との連携により、バックアップ体制は充実していますので、安心して取り組んでもらえると思います。

はたらく環境

社風
アットホームな雰囲気

大きく三つあります。
・風通しがいい。
・アットホームでフォロー体制が確立している。
・文系でも活躍できる。

企業概要

創業/設立 設立1972年(昭和47年)12月
本社所在地 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町5-7
代表者 代表取締役社長 太田秀一
資本金 3億円
売上高 296億円(2018年度実績)
従業員数 224名 (2019年01月現在) 
子会社・関連会社 富士電機テクニカは富士電機株式会社100%出資の関係子会社です。
事業所 ◎本社:東京都中央区日本橋大伝馬町5-7 三井住友銀行人形町ビル
・支店:大阪、名古屋
・営業所:仙台、高崎、立川、静岡、広島、高松、福岡
・出張所:大仙、北上、郡山、富山、三島、神戸、尾道、松江、宇部、松山、北九州、熊本
日本国内22拠点
沿革 1972年 株式会社富士汎電サービス設立(富士電機器具商品の小口販売、部品販売、納入業務代行)
1977年 富士電機汎電サービス株式会社に社名変更
1985年 富士電機吹上サービス株式会社と合併、富士電機テクニカ株式会社に社名変更
1999年 本社事務所を板橋区舟渡に移転
2006年 ISO14001認証取得、環境配慮型商品の発売拡充
2009年 富士電機グループ連結販売子会社5社の器具を中心とした販売・サービス機能を移管し、
     新生テクニカとして発足
2010年 本社事務所を板橋区舟渡事務所より中央区日本橋大伝馬町へ移転
気になる

9人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません