さいたま市 人事委員会事務局

さいたま市 人事委員会事務局の企業情報

さいたま市 人事委員会事務局

【官公庁】

政令指定都市「さいたま市」は、130万人(2018年11月現在)もの人口を抱え、東日本を代表する都市として発展を続けています。「市民一人ひとりがしあわせを実感できる都市」、「市民や企業から選ばれる都市」を目指し、本市の強みである地理的な優位性や、「教育」「環境」「健康・スポーツ」等を生かす様々な取り組みを進めています。

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
市民の皆さんにとって一番身近な行政機関

市民の皆さんにとって一番身近な行政機関として、市役所や各区役所・施設等を中心に、福祉・子育て支援・教育・保健衛生・まちづくり・防災などの様々な行政サービスの提供を行っています。
本市職員は、市民の皆さんと接し心を通わせあいながら、市民一人ひとりの幸せに貢献する、「しあわせコーディネーター」として業務に取り組めることが魅力です。

事業・商品の特徴
政令指定都市としてダイナミックな施策を展開

本市は政令指定都市として、様々な行政上の特例により、県等が行っていた市民生活に深くかかわる高度で専門的な事業を、直接的かつスピーディーに展開することが可能になっています。また、権限や財政力も強化されるなど、大都市ならではのダイナミックな施策展開を図ることができます。

私たちの仕事

私たちの仕事は、職種によって様々な仕事があります。
主な職種のうち、例えば、「行政事務」では、戸籍・住民登録、保険年金、税務、防災、福祉などの市民生活に密着した仕事から、企画、総務、財政などの市政運営に携わる仕事まで、行政全般にわたり幅広い分野の様々な職務に従事します。
「福祉」では、区役所や専門機関において、福祉の相談や援助等の業務に従事します。
「土木」では、道路、河川、公園・緑地、都市計画、上下水道、農政等の分野における企画調整、設計、工事監督、修繕、維持管理等の業務に従事します。
「消防」では、火災の予防、消火、救急、救助等の消防業務に従事します。

はたらく環境

オフィス紹介
行政事務(総務局)の職場

私が所属する総務局防災課では、地震や風水害等の災害に備えるため、非常用物資の備蓄や整備のほか、総合防災訓練等を企画し実施しています。
いつ発生するか分からない災害に対して、市民が安全・安心に暮らしていくため、防災対策は欠かせないものです。災害が発生するおそれのある場合には、休日夜間問わず勤務しなければならない場合もありますが、防災に関する業務を通して市民の命を守っていることにやりがいを感じます。

職場の雰囲気
土木(建設局)の現場

私が所属する道路建設課の街路整備係は、市内の都市計画道路の整備や、将来道路になる用地の管理を行っています。私は、主に将来道路になる用地の舗装工事や草刈作業の発注・監督を行っています。
道路を新しく整備し、自分が手掛けた道路が今後何十年も形として残ることが魅力です。整備した道路を市民の皆さんが安心して快適に利用する様子を見ることで、地域に貢献していることが実感できます。

働く仲間
消防の働く仲間

私が所属する西消防署では、火災・救急・救助などの現場へ、指令があれば隊員として24時間いつでも出場します。また、火災を未然に防ぐことや、火災を起こさないという意識を持っていただくために、建物の検査等も行っています。
火災や救急の現場は、消防職員でなければ経験できない業務です。市民の生活と財産を守ることができたときの達成感は消防職ゆえの大きな魅力です。

企業概要

創業/設立 平成13年(2001年)5月に浦和市、与野市、大宮市が合併して成立。
本社所在地 さいたま市浦和区常盤6-4-4
代表者 市長 清水 勇人
資本金 公官庁のため、資本金なし。
予算高 平成30年度一般会計当初歳出予算額 5,545億円
職員数 13,967人 (2018年04月現在) 
事業所 市役所、区役所(10区)、保健所、市立病院、児童相談所、クリーンセンター、都市・公園管理事務所、建設事務所、消防署、水道営業所、図書館、東京事務所等
気になる

8人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません