神奈川県人事委員会事務局

神奈川県人事委員会事務局の過去の採用・募集情報

神奈川県人事委員会事務局

【官公庁】

神奈川県で、日本の先駆けとなる「神奈川モデル」を一緒に創り上げていきましょう。

私たちの採用について

求める人物像
神奈川県ではこんな人材を求めています

○自らの仕事に誇りを持ち、誠実に職務を遂行する
○県民や市町村等の声を聴き、思いを感じ、連携・協力できる
○時代や社会の動きを先取りし、前例にとらわれない
○現場から課題を見つけ出し解決する
○高い専門性を備え、ねばり強く課題に取り組む
○よき社会人として地域に貢献する

募集する職種

2019年度募集職種(大卒、短大卒程度)

●1種試験
・行政
・農政技術(農業)
・農政技術(森林) 
・水産
・総合土木 
・建設技術(建築)
・環境技術(「化学」を「環境技術」に名称変更しました)
・機械
・電気
・行政(秋季チャレンジ)
・総合土木(秋季技術職)

●公立小中学校等事務職員採用試験
・小中学校等事務1種

●免許資格職職員採用試験
大卒程度
・福祉職
・福祉職(第2回)
・司書A
・管理栄養士
・薬剤師
・獣医師
・保健師

短大卒程度
・栄養士

●警察事務職員採用試験
・警察事務1種

研修・社内制度

研修制度
採用から10年目までに、集中的に能力向上を図る機会を設けています。

●新採用職員研修
 神奈川県職員として必要な知識・技術・技能を学ぶとともに、人脈を広げたり同期職員との情報交換など、重要な交流の場としても大いに活用されています。
前期集合研修(4月)、後期集合研修(1月頃)等に分けて実施します。

●指定研修
 採用5年目(初期キャリア研修)や採用10年目(中期キャリア研修)など、節目での研修を実施します。

●パワーアップ研修
 自分の強みを伸ばし、弱みを克服するために、法制執務などの共通実務研修や思考力、情報活用力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力などの基本能力を伸ばすための研修を実施します。

●政策形成研修
 座学や演習を通じた政策形成能力向上のための研修を実施します。

●派遣研修
 自治大学校、民間企業及びNPO法人などで、県行政の課題の研究や、県庁以外の組織の取組みを体験的に学ぶ、派遣研修制度があります。

社内制度
人事制度

●キャリア選択型人事制度~全ての職員が「プロフェッショナル」に~
 職員の主体性を重視し、意欲を持って、積極的にキャリア開発に取り組むことができるよう、職員が専門とする職務分野を選択するキャリア選択型人事制度を導入しています。    
 一人ひとりの職員が専門性と使命感を持つ「プロフェッショナル」として、能力や適性に応じて自らキャリアプランを立て、それに基づき中長期的な視点から、主体性を持ってキャリア開発(能力開発や職務経験)に取り組みます。

●キャリアステップ(概ね次のようになります。) 
 主事・技師→主任主事・主任技師→主査→副主幹・副技幹→グループリーダー→課長→部長→局長

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 キャリタス就活での試験の申込みはできません。試験の申込みは、申込期間中に神奈川県職員採用ホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/docs/s3u/saiyou/)からインターネットで行ってください。

2019年度採用試験

1種試験(行政(秋季チャレンジ)及び総合土木(秋季技術職))
免許資格職試験(福祉職(第2回))
申込み(インターネット)9月9日(月)~9月24日(火)

1次試験 10月27日(日)

2次試験
行政(秋季チャレンジ)及び総合土木(秋季技術職)11月18日(月)~12月5日(木)
福祉職(第2回)12月9日(月)~13日(金)

最終合格発表
行政(秋季チャレンジ)及び総合土木(秋季技術職)12月13日(金)
福祉職(第2回)12月20日(金)

【終了】1種試験(行政(秋季チャレンジ)及び総合土木(秋季技術職)を除く。)
申込み(インターネット) 4月25日(木)~5月13日(月)

1次試験 6月23日(日)

2次試験 7月8日(月)~8月19日(月)

最終合格発表 8月30日(金)
選考方法と重視点 詳細は決定次第職員採用ホームページ(http://www.pref.kanagawa.jp/docs/s3u/saiyou/)でお知らせします。
提出書類 提出書類はありません。
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
原則、学歴は問いません。詳細は受験案内をご確認ください。

募集要項

初任給 (2019年4月1日現在)
試験の種類
1種    大卒の場合          月給約209,000円
     (大学院修士課程修了の場合   月給約223,000円)
免許資格職 福祉職(大卒)の場合     月給約216,000円
      司書A(大卒)の場合     月給約209,000円
      管理栄養士(大卒)の場合   月給約209,000円
      薬剤師(大卒)の場合     月給約230,000円
      獣医師(大卒)の場合     月給約230,000円
      保健師(大卒)の場合     月給約209,000円
      栄養士(短大卒)の場合        月給約192,000円

※この額には地域手当が含まれています。また、民間企業のボーナスに相当する期末・勤勉手当が支給されるほか、職員の家族状況や勤務形態等により、扶養、住居、通勤、時間外などの諸手当が支給されます。
昇給・賞与・諸手当 ●昇給:年1回(1月)

●賞与:年2回(6月、12月)

●諸手当:扶養・住居・通勤・時間外など
勤務地 県庁本庁舎:横浜市中区
出先機関:県内各地
勤務時間 月曜日~金曜日 8:30~17:15
(1週間当たりの勤務時間は、38時間45分です。)
※これは、一般的な例で、所属や職務によっては変則勤務の場合があります。
福利厚生 ●福利厚生
 共済制度(健康保険・年金・貸付)の運営や健康管理のための事業を実施しています。

●厚生活動への支援
 スポーツ・宿泊施設、文化施設、映画館などの利用割引があります。
休日休暇 週休2日制。1年につき20日(4月1日採用の場合は15日)の年次休暇のほか、療養休暇、出産休暇、育児休暇、慶弔休暇、夏季休暇、介護休暇などがあります。
全職種を対象に、子育てに関する各種支援制度(育児休業制度等)が整備されています。
出産休暇、育児休暇、育児休業・部分休業、育児参加休暇、子の看護休暇など。
採用実績校 非公表
採用予定学部学科 全学部学科
今年度採用予定数 (大卒程度)201~300名程度(詳細は受験案内等でご確認ください。)
昨年度採用実績(見込)数 2018年度 1種(大卒程度) 248名
試用期間 なし

職場データ

男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性153名、女性95名
2017年度:男性125名、女性81名
2016年度:男性142名、女性83名
「男女別の新卒採用人数(過去3年間)」について 既卒者を含みます。
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 10.3%
管理職: 15.0%
「役員および管理職に占める女性の割合」について 理事・局長級の職員を「役員」、部長・課長級の職員を「管理職」として計算した場合の割合です。
気になる

169人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません