茅ヶ崎市役所

茅ヶ崎市役所(チガサキシヤクシヨ)の新卒採用・企業情報

正社員

茅ヶ崎市役所

【官公庁】

私たちは将来の都市像「海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎」の実現に向けて行政運営を行っています。10年先、20年先この茅ヶ崎はどんなまちになっているでしょうか?そのとき「茅ヶ崎市に住んでいてよかった」と実感してもらうために今何ができるでしょうか。私たちの仕事はどこまで理想の未来を創ることができるかというゴールのない仕事。絶えず変化する地域の課題や住民ニーズに柔軟に対応するため自ら考え、計画し、実行する。そして、将来にわたってひとやまちの魅力・活力が持続するまち茅ヶ崎市を育みます。使命感と情熱を持って、茅ヶ崎の未来(あした)を創造します。
そこで私たちが行うのは脱・公務員試験!予備校に通うなどの特別な受験対策は必要ありません。やる気、茅ヶ崎市への思いを評価する人物重視の試験を実施しています!

  • 多角的な事業展開

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

  • オフィスの立地・施設自慢

私たちの魅力

事業内容
このまちの未来を創造する ~「ひとが輝き」「まちが輝く」茅ヶ崎市を目指して~

茅ヶ崎市は平成23年度を初年度とした総合計画の中で、将来都市像を「海と太陽とみどりの中で ひとが輝き まちが輝く 湘南・茅ヶ崎」と定め、令和2年度を目標年次として行政運営を行っています。この総合計画の基本構想では、自らの判断と責任で行政運営をすることをさらに推進していくこととしています。
 
●ひとづくり
~学び合い育ち合うみんなの笑顔がきらめくひとづくり~ 

●地域づくり
~いきいきと暮らすふれあいのある地域づくり~  

●暮らしづくり 
~安全でやすらぎのある持続可能な暮らしづくり~ 

●まちづくり 
~人々が行きかい自然と共生する便利で快適なまちづくり~ 

●行政経営   
~1人1人の思いが調和し未来をひらく行政経営~ 

これら5つの基本理念を柱とした平成23年度から令和2年度までを計画期間とした「茅ヶ崎市総合計画」を策定し、市政運営を行っています。 

★総合計画については、↓こちらからどうぞ!
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kikaku_sogo_plan/index.html

★組織機構については、↓こちらからどうぞ! 
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/soshiki/index.html

★各課のページでは、その年の 【 重点施策 】 などを確認することができます! 
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/soshiki/index.html

事業戦略
採用試験は「脱・公務員試験」。重視するのは茅ヶ崎市への思い。

茅ヶ崎市では、従来型の”いわゆる公務員試験”を廃止し、人物重視の独自の採用試験=「脱・公務員試験」を行っています。
市をより良くしていくためには、市民の方との交流や対話が不可欠であることから、さまざまな問題を市民の立場になって感じ、一緒に考え、合意を得ながら仕事ができる人でなければいけません。
そこで、特別な対策をしなければ解けないような筆記試験を廃止し、「やりたいことがあり、その実現に向け、自分なりに考えて行動できるかどうか」を重視した「脱・公務員試験」を行っています。
「勉強する時間がないから、筆記試験で合格できる自信がない」というだけで「公務員になる」という考えを捨てるのではなく、一度茅ヶ崎市の職員として、ご自身が働いている姿を想像してみてください。「茅ヶ崎が大好き」「茅ヶ崎をこうしたい!」そんな強い思いを持っている方は、ぜひよりよい茅ヶ崎市を一緒につくっていきましょう!

企業理念
市長からのメッセージ ~「今の思い」を大切に、一緒に茅ヶ崎市の未来を描いていきましょう!~

南部に広がる海浜と北部に広がる丘陵の緑、そして四季を通じて温暖な気候に恵まれている茅ヶ崎。このまちには心もあたたかく、ゆったりと暮らしを楽しむ方々が住んでいます。
また、多彩なお祭りやイベントをはじめ、茅ヶ崎を愛する人たちによって日々様々な活動が盛んに行われています。
茅ヶ崎市は、1947 年に市制を施行して以来、市民のみなさんと先人の努力により湘南の中核を担う都市として発展を遂げてきました。今後も持続的に発展することができるまちであり続けていくために、経済、高齢化社会、災害時などさまざまな場面で「茅ヶ崎がもつ力」を発揮していくことが大切だと考えています。
その中で、職員に求められる能力は多岐に渡ります。時には黒子に徹し、時には「市民を引っ張るリーダー」になり、市民の皆さんや事業者の方と話し合いをしながら、物事を進めていくことが大切になってきます。だからこそ、さまざまな方の声を大切にしながら、一緒にまちをつくっていくことが「楽しい」と感じる職場にしていきたいと思っています。
今みなさんはどのような思いをもって、茅ヶ崎市の未来を描いていますか。そして、10年、20年後どのような職員になっていたいですか。
その思いを大切にしながら、一緒に茅ヶ崎市の未来を描いていきましょう!

私たちの仕事

私たちのフィールド
 私たちの仕事は、生活に身近なことから市の10年、20年後の未来を描くことまで、多岐にわたります。そして、そのすべては「茅ヶ崎市のまちづくり」につながっています。ここにはきっと、あなたがさまざまな場面で活躍し、幅広い業務や経験ができるフィールドがあります。

■生活・暮らしを支える仕事
 市民の皆さんが日々、「安全・安心」で快適に暮らせるように、ごみの発生抑制や再利用などの環境施策を進めていくとともに、日常の防犯や消費を脅かす問題を解消していきます。また、市民一人ひとりの健康を守るための施策や、いざという時のために、防災体制や消防・救命体制を整え、市民の暮らしを根底から支えていきます。

■ひとの健やかな成長を支える仕事
 茅ヶ崎に住む人が暮らしに誇りと愛着をもち、茅ヶ崎の未来を支える人を育てていくために、教育や生涯学習を通じた「学習」や「健康づくり」、子育てしやすい環境づくりなどを地域の皆さんと一緒に進めていきます。

■地域をつなぐ仕事
 超高齢化が進行する中で、市民のみなさんが住みなれたまちで、元気に安心して暮らし続けていくために、多様化する課題に的確に対応するための施策を行うとともに、地域で支えあう仕組みを構築していきます。

■まちをつくる仕事
 茅ヶ崎らしさを生かして「住んでよかった、住み続けたい」と思える魅力あるまちであり続けるために、道路や都市拠点の整備などの「ハード整備」を行うとともに、地域経済の活性化やまちの魅力発信などの「ソフト事業」の両面からまちづくりを進めていきます。

■市政を支え、まちの未来を描く仕事
 市の10年、20年先の未来を見据えながら、課題解決に向けた効果的な政策をスピード感を持ちながら、着実に立案、実行していきますy。また、市税の賦課・徴収や効果的な予算配分、人材育成などさまざまな分野から市政を支えていきます。

◇職員総出で「こんな仕事も!」
・災害に立ち向かう
 災害が起きた場合、全職員が一丸となり災害に立ち向かいます。災害時の対応は多岐にわたり、災害情報の集約や分析、避難所対策など、職員一人ひとりが重要な役割を担い、全力で応急対策活動にあたります。

・選挙
 選挙が行われる際、選挙管理委員会だけでなく、投票事務、開票事務など職員が総出で選挙事務にあたります。

はたらく環境

オフィス紹介
先輩職員の仕事紹介

■事務 経済部雇用労働課 多田 千恵(ただ ちえ)
『すべての働く人と働きたい人を応援したい』
市で働くことで女性を応援できないかと、民間から転職しました。現在は係長として就労に関するさまざまな業務をしています。具体的には、誰もが働きやすいシステムや労働環境を整える仕組みを考えたり、ハローワークや県と連携をとりながら就職支援事業を行ったりします。雇用労働課は5名で、家族みたいな雰囲気。和気あいあいとしていて堅苦しさもありません。少人数だからこそ、チーム一丸となって仕事をしています。
 茅ヶ崎市は役職問わず意見が通って評価されるので、やりがいがあります。異動のたびに学ぶことが多くて大変ですが、その分ステップアップできます。長く同じところにいると弛みが出てくるものですが、市役所はそういうことがなく、とてもワクワクする職場です。

■事務 財務部財政課 掛川 幸宏(かけがわ ゆきひろ)
『さまざまな分野の業務経験で視野が広がる』
 現在は財政課で主に市債に関する業務に携わっていますが、これまで下水道や防災分野での業務経験のほか、派遣で総務省に出向する機会もありました。市役所の業務は、国や県と密接に関わっていることもあり、国の現場で働くことができたことは、自分の視野を広げるうえで貴重な経験となりました。一方で、多くの分野に携わることは、環境の変化に適応しながら、仕事を進めなければならず、難しさを感じることもあります。そういった時はできるだけ上司や同僚に相談し、時には市民の方のアドバイスを参考にしながら進めるようにしています。
 これからも、そこでしかできない経験やそこで関わった人たちとのつながりを大切にしながら、茅ヶ崎市が進化し続けるために少しでも貢献していきたいと思います。

■事務 経済部産業振興課 金子 寛明(かねこ ひろあき)
『多くの人との関わりが学びや成長につながる』
 産業振興課で工業を担当しています。工業とは、わかりやすく言えば“ものづくり”です。事業者同士や、事業者と行政の架け橋になるような業務を中心に行っています。個別に事業所を訪問して聞き取りをするのですが、現場に出て直接人を知ることが自分自身のモチベーションにもつながります。
そのほかにも、いろいろな人と関わることが多く、市民に中小企業を知ってもらう活動や、他の市町と連携してイベントを行うこともあります。寒川町に2年ほど派遣で行った経験も、その際に役立っています。
 そう考えると、異動というのは知識だけでなく、人とのつながりにおいても幅を広げてくれるのではないでしょうか。これからも多くの経験と学びを重ねて、成長していきたいです。

■事務 福祉部保険年金課 安藤 里菜(あんどう りな)

『子育てと仕事を両立しながら市民サービスの充実を』
 年金の申請や手続きのサポートをする業務をしています。市民一人ひとりの状況によって受給の条件などが違うため、知識も必要ですし、調べることが多く大変な仕事です。でも、判断が難しいケースで申請がようやく通った後に受給者から感謝のお手紙をもらうことも。市民に近い部署ですので、やりがいがあります。
 市役所は子育てしながらでも働きやすい職場だと思います。私自身、子どもの送り迎えの時間に合わせて部分休業制度を活用しながら働いています。課内にも子育て経験者が多く、育休明けに「子ども優先で働いて」と言ってもらったことで、安心して仕事を続けられています。そのかわり、勤務時間内は全力投球。これからも課内で協力しあいながら、市民サービスを充実させていきたいです。

働く仲間
新採用職員紹介

■経済部産業振興課  渡部 晃史(わたなべ あきふみ)
(現在の業務内容)
令和4年にオープン予定の湘南初となる「道の駅」事業を担当。委託事業の調整や道の駅から発信するオリジナルブランドの立ち上げなどに携わっています。
(仕事のやりがい)
今はまだ成果が目に見えない状態ですが、事業が少しずつ進んでいくのを見るとワクワクします。課全体で観光イベントに出展することもあり、事故なく無事に終えたときはホッとします。

■市民安全部安全対策課 相原 美咲(あいはら みさき)
(現在の業務内容)
特定開発事業で新しく建つ建物の駐輪場などの整備を担当しています。
図面を見て駐輪場を増やしたほうがよいと判断した時は事業者にかけ合うこともあります。現場に出ることも多いです。
(職場の雰囲気)
課の人数は8人。そのうち平成生まれが5人と年齢層が比較的若い課です。入庁2年目、3年目の先輩もいて相談しやすい環境。和気あいあいと楽しく仕事をさせてもらっています。

■教育推進部青少年課 齋藤 英彰(さいとう ひであき)
(現在の業務内容)
育成担当として、青少年の育成に携わっています。放課後の小学校を地域に開放する「小学校ふれあいプラザ」をはじめ、さまざまな形で青少年を見守ってくださる団体との調整や環境づくりをしています。
(仕事のやりがい)
事業に携わる方々の環境を整えることが子どもたちの将来につながると思い、業務に取り組んでいます。キャンプ事業では子どもたちの喜ぶ姿が直接見られて嬉しいです。

■福祉部高齢福祉介護課 田代 千尋(たしろ ちひろ)
(現在の業務内容)
認定担当として介護保険の認定を行っています。自転車で利用者のご家庭を訪問し、状況や困りごとなどをお聞きします。それぞれ状況が違うので、先輩に相談しながら対応しています。
(職場の雰囲気)
市役所のなかでも大所帯の課で、65人が4つの担当に分かれています。先輩方は皆さん、とても親切。電話での内容が少しでも聞こえるとすぐ声をかけてフォローしてくれます。




Q入庁前と実際に働いてみてイメージの違いはありましたか?
(齋藤)こんなにたくさんの方々と良い関係を築けるとは思いませんでした。職員の方に良くしていただき、慣れない仕事ですが頑張れています。
(田代)入庁前は堅いイメージがありましたが、職場の雰囲気が和やかで温かく、働きやすい環境でした。業務も毎日外に出ている仕事で、業務の幅広さにも驚いています。

Qここは負けない!茅ヶ崎で働く魅力は?
(相原)地元愛が強いこと。茅ヶ崎に住んでいる方々が自然の恵みと人の温かさを感じて暮らしていることが実感できます!
(渡部)海が身近にあり、夏はアロハシャツで仕事ができ、とても涼しく快適です。
(田代)採用に関して「脱・公務員試験」で人物重視なこともあり、その人自身をしっかり見てくれる環境が整っていることが茅ヶ崎市ならではの魅力だと思います。

Q受験生へメッセージ
(相原)長い社会人生活を、どんな人生にし、何に貢献し、誰を笑顔にしたいか、じっくり考えてみてください。一緒に茅ヶ崎をもっと素敵なまちにするために力を発揮しましょう!
(渡部)準備ももちろん大切ですが、何よりも「絶対茅ヶ崎市で働きたい」という強い思いが大切だと思います。不安も多いと思いますが、自分に自信を持って面接に臨んでください。
(齋藤)面接が多く大変ですが、たくさん言葉の引き出しを持っていれば、さまざまな質問に対応できます。自分のことと茅ヶ崎のことを研究することで自信を持って臨めると思います。
(田代)就職活動は長期戦になると思うので、オン・オフの切り替えをしっかり行って最後まであきらめず頑張ってください!

職場の雰囲気
専門職の紹介

■保健師 保健所健康増進課 栗田 星菜(くりた ほしな)
健康増進課では、こども健康・予防接種担当として母子保健を担当しています。地域の親子の健康を支える専門職として、訪問や健康診断、教室の場で市内のお母さんやお子さんと日々関わっています。お子さんの健やかな成長を保健師一同、一番に考え、一緒に育児を考える支援者として、やりがいを感じながら日々の仕事に取り組んでいます。地域で暮らす親子のよりよい子育てをめざし、私自身も保健師として努力を続けていきたいと思います。

■保育士 こども育成部保育課鶴が台保育園 鈴木 夏実(すずき なつみ)
社会人1年目。保育士として1歳児の担任となり、毎日子ども一人ひとりとかかわるよう心掛けています。信頼関係もできてきて、子どもたちとのやりとりもスムーズになってきました。できなかったことができるようになったなど日々の成長を間近で感じられ、子どもや保護者の方と一緒に分かち合えたときにやりがいを感じます。子どもの笑顔は最高です。子どもたちの笑顔をたくさん引き出せるような保育をしていきたいと思っています。

■土木 下水道河川部下水道河川管理課 
二階堂 亜美(にかいどう つぐみ)
下水道の維持管理を行っています。その中でも私は、下水道管や集水桝の清掃を行う業務と、古くなったマンホールの蓋を交換する工事の担当をしています。土木職の女性職員は男性職員に比べると少ないですが、先輩職員がサポートしてくださるので、楽しく安心して働けます。業務の中で、連絡を受けたら緊急で対応しなければならないことも多いですが、市民の方と直接話せるので、茅ヶ崎市をよりよいまちにしたいという思いにつながります。

■栄養士 汐見台小学校 森川 雅大(もりかわ まさひろ)
 安全・安心な給食を毎日提供するために、市内の小学校で衛生管理や給食管理業務全般を行っています。また、給食を「生きた教材」として活用し、給食時間や授業の時間に子どもたちへの食育も行っています。
各小学校に栄養士は1名しかおらず、忙しい日々ですが、それでもこの仕事にやりがいを感じるのは食を通して子どもたちの笑顔を一番近くで見ることができるからです。毎日仕事をするたびに、この仕事が大好きになります。

企業概要

創業/設立 1947年(昭和22年)10月市制施行
本社所在地 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
代表者 茅ヶ崎市長 佐藤 光

【プロフィール】
1969年6月5日生。茅ヶ崎市出身。1999年 神奈川県議会議員選挙において初当選。神奈川県議会議長等を経て、2018年49歳で茅ヶ崎市長に就任。
職員数 2,222名 (2019年04月現在) 
事業所 茅ヶ崎市内の庁舎(支所、図書館、公民館、公立保育園、市立病院、消防本部など)
茅ヶ崎市のあゆみ 1947年(昭和22年) 県下で8番目に市制施行(人口43,315人、9,055世帯) 

1955年(昭和30年)  小出村の分村合併により現在の市域に 

1983年(昭和58年) 愛知県岡崎市と「ゆかりのまち」提携 

1989年(平成元年) 人口が20万人を突破(県下で7番目) 

1998年(平成10年) 茅ヶ崎市美術館が開館 

2001年(平成13年) 県立茅ヶ崎里山公園が開園 

2002年(平成14年) コミュニティバス「えぼし号」が運行開始 

2003年(平成15年) 特例市に移行 

2005年(平成17年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第1号に茅ヶ崎市ゆかりの宇宙飛行士が決定 

2007年(平成19年) 市制施行60周年を迎える。人口が23万人を突破! 

2008年(平成20年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第2号に茅ヶ崎市ゆかりの宇宙飛行士、第3号に女子ソフトボール選手、第4号にプロ野球選手が決定
 
2009年(平成21年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第5号に茅ヶ崎市ゆかりのテニスプレーヤーが決定
 
2010年(平成22年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第6号に茅ヶ崎市ゆかりの俳優・歌手が決定 

2012年(平成24年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第7号に茅ヶ崎市ゆかりの野球選手が決定

2013年(平成25年) 「茅ヶ崎市民栄誉賞」第8号に茅ヶ崎市ゆかりの歌手が決定

2014年(平成26年) アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市・郡と姉妹都市締結

2015年(平成27年) さがみ縦貫道路全線開通

2016年(平成28年) 茅ヶ崎ゆかりの人物館グランドオープン

2016年(平成28年) 人口が24万人を突破!

2017年(平成29年) 保健所政令市に移行

★「茅ヶ崎市民栄誉賞」の受賞者とは? 
答えは茅ヶ崎市公式HPで! 
→http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/profile/1007338.html
茅ヶ崎市ってこんなまち 茅ヶ崎市は神奈川県中南部、「湘南」の中央に位置する人口24万人・職員2,207人のまち。平成15年には地方分権を推進すべく市の独自性を出せるよう特例市になっています。気候は四季を通じて温暖で、サザンビーチには海水浴やマリンスポーツをする人たちで賑わいます。土地の風土から、「湘南スタイル」、「スローライフ」という生活様式が注目され、少子化の流れの中でも、人口は増加中。この茅ヶ崎市を ” 茅ヶ崎らしく ” 発展させるのが職員の使命です。 

【基礎データ】 
●人口   242,021人 
●世帯数   101,991世帯 
●面積   35.76平方キロメートル 
 ※2018年12月1日現在 

◆市の木  アカシア 
◆市の花  つつじ 
◆市の鳥  シジュウカラ 

★本市初の姉妹都市 ハワイ州ホノルル市・郡
 茅ヶ崎市では、2014(平成26)年10月にハワイ州ホノルル市との姉妹都市協定を締結しました。両市は、豊かな自然、サーフィン、フラ、アロハシャツ、そしてそこから生まれるアロハスピリットなど、共通の風土や文化を有しています。
 1920年代ごろにサーフボードが伝わり、1960年代半ばごろにはサーフクラブが生まれ、個性的なサーフクラブが誕生していきました。また、1990年代ごろに本格的な教室が開講したフラは、今では市内のフラサークルが100を超えるまでになりました。
 両市民がより一層きめ細やかに交流し、経済、文化、教育などの共通の目的を持ちながら相互理解を深める「新しい形の姉妹都市交流」の実現を目指します。

★ゆかりのまち 愛知県岡崎市 
茅ヶ崎市と岡崎市のゆかりは、テレビでもおなじみの大岡越前守忠相公。大岡家はもともと三河の出身で徳川家康に仕えていましたが、2代忠政が家康の関東移封に伴い現在の茅ヶ崎市に知行地を与えられました。その後、5代忠相が江戸町奉行などで優れた行政手腕を発揮し、西大平藩1万石の譜代大名となり、現在の岡崎市に陣屋をおきました。 
このような縁から1983(昭和58)年7月1日に「ゆかりのまち」提携をしました。以後、クラブ活動などでも交流が行われています。
人材育成 人材育成の取り組みの一環として 【 人事評価システム 】 を取り入れています。

本市の人事評価は、普段の仕事ぶりを評価する 【 能力・意欲態度評価 】 と、年度当初に設定した目標の達成度を評価する 【 業績評価 】 の2本立て。

この評価結果が昇任・昇給や勤勉手当等に反映されます。

これらの結果、若手職員でも組織目標を達成するために自分がどんな役割を担っているかを自覚し、それに向かって努力する風土が生まれています。

★研修制度については、【採用情報】に掲載しています。

採用連絡先

茅ヶ崎市総務部職員課 人財育成担当
〒253-8686
神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
TEL 0467-82-1111
FAX 0467-87-8118
ホームページ http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/
メール shokuin@city.chigasaki.kanagawa.jp