株式会社佐藤建設の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

株式会社佐藤建設

【建設|不動産】

佐藤建設の先輩社員はこちら

亀山広平(2014年入社)

土木部  所長

職種 施工管理
出身校 東北学院大学
出身学部 工学部環境建設工学科
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

工事現場の管理をする仕事

  • 私の仕事は、施工管理と言って受注した工事現場の管理をする仕事です。
    一口に管理と言っても、工事の進捗状況の管理、品質の管理、下請業者との調整や入場者の管理、予算の管理等、多岐にわたります。
    私は入社4年ですが、既にいくつか現場を担当させてもらっています。
    現場を担当するには資格取得が必要となりますが、資格取得後は、どんどん現場を任せてもらえるのが佐藤建設の特徴だと思います

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    地元宮城県に恩返しをするために・・・

    学生時代に東日本大震災が発生し、生まれ育った宮城県が被災しました。
    就職活動の時には、学生の時に学んだことを生かし、地元宮城県の復旧復興に貢献したいとの思いから、大手ゼネコンではなく、宮城県に本社を置く建設会社を中心に探していました。そんな中、佐藤建設が目に留まり会社説明会に参加してみました。
    会社説明会の中で、部長さんや専務さん(現在の社長ですが)、先輩社員とも会話をして、非常に職場の雰囲気が良く、また地域貢献活動も積極的に行っていることも聞き、この会社なら私の思いを実現できるのではないだろうかと思って入社を決意しました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    仕事のやりがい

     入社を決めた理由にも書きましたが、宮城県の復旧復興に貢献していきたいというのがあります。
     入社直後に配属された現場は、岩沼市発注の避難道路の建設工事現場でした。入社直後なので、何も分らない状況で現場内を走り回っていましたが、工事が進むにつれ、道路の全体像が見えてきて、舗装が進み、完成引渡となった時には、微力ながら貢献できたかなと感じることが出来ました。

     資格を取得すると1人で現場管理を担当するようになりますが、自分が携わった工事がこれから先、地図に残っていくと考えるとやりがいも感じますし、失敗はできないなというプレッシャーも感じます。しかし、プレッシャーを感じながらも工事を完成させた時は、達成感・充実感を味わうことが出来ます。

     また、地域貢献の一環として、現場事務所周辺や施工箇所周辺を清掃するのですが、近隣住民の方から「ありがとう」「ご苦労様」と感謝されることも多々あります。こうした言葉をいただくことも、やりがいに繋がっているように思います。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
気になる

55人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません