株式会社佐藤建設の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

株式会社佐藤建設

【建設|不動産】

佐藤建設の先輩社員はこちら

今野陽介(2014年入社)

土木部土木課  所長

職種 施工管理
出身校 東北学院大学
出身学部 工学部環境建設工学科
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

震災復興工事の施工管理

  •  私は現在、平成23年に発生した東日本大震災により被災した宮城県岩沼市の沿岸地域で、津波の多重防御策の一つであるかさ上げ道路や河川の護岸工事に従事しています。
     主な仕事の内容は、工事に従事する作業員に対して施工場所を示すための測量、工事写真の撮影・整理管理、安全品質管理を担当しています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    地域に密着した仕事が出来る

     私は宮城県が大好きで、転勤が無く、地元で腰をすえて働きたいと強く思っていました。
     そんな中で佐藤建設の会社説明会に参加した際に、地域貢献活動に積極的に取組むといった地域密着・地元重視の社風に魅力を感じ、また、先輩社員の話や役員との会話で、会社の雰囲気が良かったところに惹かれて入社を決意しました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    日々変わっていく現場で

     入社してすぐに、工期が4年以上もある大きな現場で働くことになりました。
     
     震災の津波で被害を受け荒涼としていた現場、そこへ新たに盛土を行い道路を敷設し、橋を掛け、日々の変化はわずかですが確実に進んでいく現場で働くことが出来て非常に誇らしく思っています。

     今では工事も完成し、私が配属された直後の荒涼とした風景が思い出せないくらいです。

     入社してすぐに、知識も無い状態でこの様な大きな現場を経験する事が出来てとても有意義であったし、これからもこの現場での経験を活かしながら、地図に残る仕事に携わっていくことが出来るというのは本当にすばらしいことだと思います。

  • 今後の目標・将来の夢

    資格を取り一人前になる!

    現場を運営・管理していくためには、施工管理技術者の資格が必要です。

    現場代理人として現場を管理していくためにも、また1人前として認められるためにも1級土木施工管理技士の資格を取得し、会社に貢献したいです。

  • メッセージ&アドバイス

    最初は分らないことだらけ・・・

    専門用語や各種測定器の名称等々、最初はわからないことだらけです。

    ただ当社の先輩は面倒見のいい人ばかりだったので、初めは不安でしたが、それも少しずつ解消されていきました。

    現場の作業員さんも見た目はちょっと怖い人が多いですが、実際に話をしてみると優しい人ばかりです。現場で分らないことについて質問すると快く教えてもらえます。

    施工管理は大変な仕事ですが、皆さんと協力し合って現場が完成した時の達成感は何ものにも代えられません。

    最初から全てが分っている人などいるわけがありません。積極的に質問し、周囲の人とコミュニケーションを取る事で解決する事がほとんどです。
    1人で抱え込まず、何でも聞いてみてください。
    当社の先輩達はしっかりと受け止めてアドバイスをしてくれますから。

仕事の特徴

  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 人との出会いが多い仕事
気になる

55人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません