大分県人事委員会事務局

大分県人事委員会事務局(オオイタケンジンジイインカイジムキヨク)の新卒採用・企業情報

正社員

大分県人事委員会事務局

【官公庁】

 県職員の仕事は、県民の皆さんの幸せを考え、県全体を魅力的な地域にしていく大変やりがいのある仕事です。
 例えば、行政職では、特定の部門や分野に限らず幅広く様々な業務に従事し、県行政のあらゆる分野での活躍が期待されます。そのため、幅広い知識と視野を持ち、どのような仕事にも対応できるゼネラリストであることに加えて、担当する職務については専門的な知識を持つスペシャリストとしての能力も求められます。
 私たちと共に県民の期待に応えて、「住んで良かったな、住んでみたいな」と思われる大分県をつくっていきましょう。

  • 設立50年以上の企業

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
県知事からのメッセージ

 大分県では、県民中心の県政を基本とし、少子高齢化・人口減少にくさびを打ち、安心・活力・発展の大分県づくりを進めるため、3つの政策について取組を強化していきます。
 第1は、「大分県版地方創生の加速前進」です。人を大事にし、仕事をつくり、地域を活性化します。
 まず「人」の分野では、人を大事にし、人を育てる観点から、子育て満足度、健康寿命、障がい者雇用率の3つの日本一へ果敢に挑戦します。特に子育てでは、出会いから結婚、妊娠、出産、育児まで切れ目のない、きめ細やかな支援を行います。
「仕事」の分野では、仕事をつくり、仕事を呼び込むため、農林水産業のさらなる構造改革を進め、知恵を出し汗をかいて儲かる農林水産業を実現します。また商工業では、中小企業・小規模事業者の経営革新を促進し、円滑な事業承継を支援します。創業・起業そして企業誘致を一層促進し、魅力ある仕事の場を確保するとともに、観光面では、インバウンドの多角化をさらに進めます。
「地域」の分野では、発展を支える社会基盤の整備を急ぐとともに、魅力的な地域をつくり、UIJターンを促進します。また職場、家庭、地域など、様々な場面で、女性が輝き活躍できる環境づくりを推進します。
 第2は、「先端技術への挑戦」です。IoTやAI、5Gなどの先端技術を活用し、地域課題の解決に取り組みます。また、先端技術は様々な可能性を秘め、海洋や航空宇宙などさらに大きな拡がりを持っており、将来を見据えた新たな産業の創出にも挑戦します。
 第3は、「災害に強い県土づくり」です。最近何十年に一度という大規模な自然災害が毎年のように発生しており、国と歩調を合わせて抜本的な治山・治水対策の強化を図ります。
県職員の仕事は、県民の幸せを実現する大変やりがいのあるものです。
 また、地方創生は大分県からという気概を持って、こうした政策に積極的に取り組むためには、高い志を持ち、何事にもチャレンジできる皆さんの力が必要です。
ぜひ、私たちと一緒に、夢と希望あふれる大分県を築いていきましょう。
              大分県知事  広 瀬 勝 貞

私たちの仕事

令和2年度県政推進指針のポイント(抜粋)

1 基本的な方向性
(1)大分県版地方創生の加速前進
   子育て満足度日本一の実現に向けた、地域全体で子育て を応援するための環境づくりの推進や結婚、妊娠。出産、育児の切れ目ない支援の推進

 健康寿命日本一の実現に向けて、健康づくりの県民運動の推進

 障がい者雇用率日本一の実現に向けた、きめ細かな就労支援の推進

 女性の活躍推進のための県民意識改革とスキルアップ支援、職場環境整備

 「教育県大分」の創造に向けた「全国に誇れる教育水準」の達成

 農林水産業の構造改革の加速と戦略的なマーケット対策

 中小企業・小規模事業者の事業承継と創業・起業の支援

 観光産業の振興

 ラグビーワールドカップ2019のレガシー継承や2020年国際的なスポーツイベントの好機を活かしたインバウンド等のウイング拡大

 若者、女性、シニア、外国人等の多様な人材の活用と働き方改革の推進

 大分空港海上アクセスの検討結果を踏まえた取組や九州の東の玄関口としての拠点化推進

 地域の安全・安心を支え、産業競争力を高める道路整備

 ターゲット別に細やかに対応する移住、定住の促進

(2)先端技術への挑戦
 ドローンや遠隔操作ロボット「アバター」を活用した産業の 創出
 
 次世代モビリティサービスの導入などによる地域課題の解決
 
 各産業への先端技術の実装
  
 STEAM教育の推進や先端技術の活用による人材育成

(3)強靱な県土づくり
 抜本的かつ総合的な治山、治水対策、橋梁耐震化など、県土強靱化による防災力の強化
 
 マイタイムラインの作成等による実効性のある避難行動を促す取組の推進

はたらく環境

組織の特徴
県の組織と業務概要

総務部、企画振興部、福祉保健部、生活環境部、商工観光労働部、農林水産部、土木建築部、会計管理局、県議会事務局、人事委員会事務局、労働委員会事務局、監査委員事務局、企業局、病院局、教育庁、警察本部

※このほか、行政委員会として選挙管理委員会、海区漁業調整委員会、内水面漁場管理委員会、収用委員会があります。

企業概要

創業/設立 1871年(明治4年)11月14日 大分県成立
1872年(明治5年) 1月23日 大分県庁設置
1876年(明治9年) 8月21日 現在の県域確定
本社所在地 大分県大分市大手町3丁目1番1号
代表者 大分県知事 広瀬 勝貞
予算高 令和2年度当初予算(案)
  一般会計 6,548億6,300万円
職員数  (一般行政部門)3804人 (2019年04月現在) 
事業所  本庁(大分市)
 振興局(国東市、大分市、佐伯市、竹田市、日田市、宇佐市)
 や土木事務所(県内12箇所)、保健所、県税事務所等
 県外事務所(東京都、大阪府、福岡県)など(令和元年5月現在)
大分県が求める人材像  大分県では、「県民中心の県政」を基本に据えて政策を推進しています。政策を実現するためには、常に県民のためになるかどうかを考えながら政策を実現していくこと、現場から課題を吸収し、解決の知恵をもらうことが大切になり、特に次のような人材を求めています。

 1 「大分県民のために働きたい。大分県をよくしたい。」という高い志を持った人
 2 難しい課題に直面しても粘り強く取り組む強さを持った人
 3 県職員として高い見識と専門的な知識をもって県民の期待に応えられる人

採用連絡先

 ■大分県人事委員会事務局公務員課 試験・審査班
 〒870-0022 大分県大分市大手町2-3-12
 TEL 097-506-5212(直通)
 FAX 097-506-1787
 E-mail a22000@pref.oita.lg.jp

 (大分県人事委員会事務局ホームページ)
  http://www.pref.oita.jp/site/saiyouzyouhou/

 (大分県ホームページ)
  http://www.pref.oita.jp/