株式会社クスリのアオキ

株式会社クスリのアオキ(クスリノアオキ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社クスリのアオキ

【専門店(ドラッグストア・調剤薬局)】

当社は、地域密着型のドラッグストアを全国展開する東証一部上場企業です。お客様から高い評価をいただき、この10年間で18府県へと店舗を広げ、商圏人口は5,000万人に達し、順調に業績を伸ばしている成長企業です。「2020年度5月期の売上高3,000億円」を達成するために、高速出店を続けています。北陸に留まることなく、関東や東海近畿へと進出し、2020年には東北エリアの宮城県・岩手県・山形県へ進出予定です。創業以来、「健康と美と衛生を通して社会に貢献すること」を変わらぬ経営理念に掲げ、地域のお客様から信頼されるドラッグストア、かかりつけ薬局を目指しています。これからも、「地域の皆様にとってなくてはならない存在になる」ための店づくりと企業体制の構築に取り組んでまいります。

私たちの魅力

事業内容
企業価値を高めることで、全国に通用するドラッグストアへ

当社は、ショートタイムショッピングをストアコンセプトに「ヘルス・ビューティ・ライフ・フード・調剤」を1店舗に集約したお店作りが特長のドラッグストアを全国500店舗以上展開しています。少子高齢化や医療費高騰問題などの時代背景をふまえると、ドラッグストアの担うべき役割はますます重要性を増していくと考えられます。お薬や日用品を購入できるだけの従来のドラッグストアではお客様にご満足いただけなくなると予想し、早くから「利便性」と「専門性」を追求した店づくりを進めてきました。ドラッグストアの常識にとらわれずに、食品の強化と調剤事業の拡大が、ドミナント戦略のコアとなっております。また、社員の増員と本社機能の充実、働き方の整備も強化することで、全国区の企業にふさわしい企業価値を高めています。企業も人も成長することで、ステージは北陸から全国へ。私たちの挑戦はまだはじまったばかりです。

●ドミナント
地域のお客様の暮らしに貢献するために、その地域に集中出店することにより、お客様の認知度を高め、地域内のブランド力を高めております。

●専門性
少子高齢化社会が進む中で、クスリのアオキは地域医療の窓口となるべく、調剤薬局の併設を進め、患者様にとっての「かかりつけ薬局」となることを推進しております。

●利便性
医薬品・化粧品・雑貨だけではなく、生鮮食品・食料品の品揃えも充実させ、クスリのアオキだけで買い物が完結する、ワンストップショッピングを目指しております。

事業戦略
2020年度5月期の売上高3,000億円を達成するために

設立初期は基盤づくりに励み、お客様に寄り添った店舗づくりを続けてきたことで、地域に愛されるドラッグストアとなりました。その後は確固たるビジネスモデルをもとに高速出店を続けてきました。北陸3県を中心とした18府県への出店と、地域密着と拡大の両輪で成長してきました。2018年には500店舗を越え、2020年には600店舗、と着実に店舗展開を進めています。2020年600店舗を達成しましたが、通過点でもあります。成長企業であり続けるために、常にニーズの変化をとらえ、ときには時代を先導する提案にも挑みます。2020年以降も燃え尽きることなく、更なる高みを目指すために、その土台となる企業力の向上に全力を注ぎます。

●企業理念
健康と美と衛生を通じて社会貢献

●社訓の一節
クスリのアオキはお客様のためと従業員のためにあります

ビジョン/ミッション
高速出店の継続、確固たる成長戦略、そして燃える挑戦者

2020年での売上高3,000億円達成を目標に掲げ、クスリのアオキは着実に成長してきました。私たちの成長はまだまだ続きます。高速出店の継続、確固たる成長戦略、そして燃える挑戦者たちによって、さらなる飛躍を目指します。企業が何を目指し、何を行うのか。ビジョンを明確に提示し、全社員が共有することで壮大な目標の達成につながります。社員一人ひとりが役職に関係なく、同じビジョンを持って日々の業務に取り組んでおり、クスリのアオキは企業も人も成長し続けています。過去5年間で約230%の売上高増を記録、経常利益も同様に伸びており、クスリのアオキの成長力は数字として明確に表れています。確固たるビジョンを軸に、着実かつ積極的な店舗展開を継続することで目標の達成を目指します。

●MISSION
600店舗展開

●SRATEGY
ドミナント・専門性・利便性の3つの成長戦略

●PERSON
燃える挑戦者

私たちの仕事

従業員一人ひとりの連携やチームの結束を重視しております。店舗運営、商品、開発、管理の4本部から構成され、これらの組織が連携することによって、約15,000人の従業員が一枚岩となって行動でき、この強固な組織力をもって環境の変化に対しても柔軟かつスピーディーに対応できています。

●店舗運営本部
顧客満足度向上や店舗業務の標準化につとめる業務改革課、会社の成長を支える人材育成に取り組む教育課、青果・鮮魚・精肉などの生鮮食品の仕入れに関する商談などを担う生鮮MD課など、クスリのアオキ全店舗の健全かつ魅力的な運営に関わる部署です。

●商品本部
医薬品、化粧品、日用品、食品など多種多様な商品を取り扱うクスリのアオキの重要な部署です。発注から販売まで携わるMD課、販促物やチラシ制作に関わる販促課、自社システムやECサイト事業を担当するIT課などで構成されています。

●開発本部
クスリのアオキの価値基準をもとに出店地の調査・確保を行う立地開発部をはじめ、建築資材の購入等を担う購買課、新店建築や既存店改装工事、各店の修繕を請け負う建築課と、店舗建設のすべてに関わる部署です。万全な建築体制が高速出店を支えています。

●管理本部
許認可取得、変更届提出など専門知識を活かして行政に対応するオフィスサービス課、資金管理および出納業務を行う資金課、新卒・中途採用の活動を先導する採用一課など、経理・総務・採用からなる部署です。クスリのアオキに関わる人とお金の管理を行います。

はたらく環境

社風
働きやすさを追求し、一人ひとりが自分らしく成長できるようサポートします

お客様の満足度を高めるために、まず従業員の働きやすさを高めなければなりません。仕事のやりがいはもちろん、従業員目線でもうけた制度や体制が充実しており、一人ひとりが働く喜びを実感できる、笑顔あふれる職場づくりを実践しています。社内は明るく、風通しの良い社風で、従業員を大切にする風土が根付いています。従業員が個性を発揮し、成長し続けることができる環境を整えています。「企業寿命30年説」という言葉がありますが、当社は30年以上の歴史があり、従業員一人ひとりの成長が企業の成長にも繋がっています。

<取り組み例>
当社は、ドラッグストアの中でも非常に珍しい取り組みとして、全店「分離申請」を行っています。「分離申請」とは、ドラッグストアの店舗と調剤薬局をそれぞれ、別々の施設として登録申請をしているということ。店舗内で繋がっているように見えても、実はドラッグストアと薬局は別の店舗の扱いなんです。当社ではこの「分離申請」をしていることにより、第1類医薬品をドラッグストアではなく、調剤薬局で販売する形式を取っています。このことにより、当社では薬剤師が第1類医薬品販売の為にドラッグストアに常駐する必要がありません。薬局は基本日祝休み、19時までには閉店なので、夜遅くまでの勤務もなく、自分の時間も大切にしながら働くことができます。プライベートの充実も大切にする当社の社風が現れた取り組みの一つです。

企業概要

創業/設立 創業:明治2年7月
設立:昭和60年1月
本社所在地 〒924-8510 石川県白山市横江町4街区1番
代表者 代表取締役社長 青木宏憲
資本金 3億円
売上高 250,885百万円(2019年5月期)
従業員数 常勤社員2,417名
※平均臨時雇用者数5,575名 (2019年05月現在) 
事業所 石川県 73店舗(調剤専門薬局 1)
富山県 71店舗(調剤専門薬局 4)
福井県 48店舗(調剤専門薬局 1)
新潟県 59店舗
長野県 26店舗
群馬県 58店舗
埼玉県 35店舗
栃木県 39店舗
茨城県 34店舗
千葉県 7店舗
岐阜県 58店舗
愛知県 30店舗
三重県 21店舗
静岡県 3店舗
滋賀県 22店舗
奈良県 6店舗
京都府 5店舗
福島県 6店舗
※2020年春に宮城県、岩手県
 2020年内に山形県に進出予定
全店舗数602店舗(2020年3月現在)
沿革 昭和60年 株式会社クスリのアオキ設立(本社所在地 石川県金沢市泉野出町)
昭和61年 石川県1号店を金沢市に出店(旧、泉ヶ丘店)
平成4年 本社移転(所在地 石川県松任市博労町(現、白山市))
平成7年 本部兼集配センターを新設(石川県松任市松本町(現、白山市))
平成8年 株式会社青木二階堂薬局、株式会社草山商事を合併、合併による店舗引継ぎ5店舗本社移転(所在地:石川県松任市(現、白山市)松本町2512番地)
平成9年 富山県1号店を砺波市に出店(現、砺波店)、福井県1号店を福井市に出店(現、福井若杉店)、アルビス株式会社と共同出店等を目的とした業務提携・資本提携(平成15年3月にアルビス株式会社との業務提携・資本提携解消)、株式会社ツルハと商品仕入等の相互協力を目的とした業務提携・資本提携
平成10年 アルビス株式会社から営業譲受、営業譲受による店舗増4店舗
平成12年 株式会社ニチイ学館と業務提携、有限会社三和薬商から営業譲受、営業譲受による店舗増1店舗
平成13年 イオンウエルシア株式会社と商品の共同仕入等を目的とした業務提携(現、ハピコムグループ加入)
平成15年 イオン株式会社と商品の共同開発等を目的とした業務提携・資本提携
平成16年 売場面積400坪を超える大型店を新規出店では初めて石川県白山市に出店(現、北安田店)
平成17年 調剤業務に関してISO9001:2000を取得(平成21年9月終了)、新潟県1号店を上越市に出店(現、藤巻店)
平成18年 株式会社青木二階堂を設立(株式会社クスリのアオキ100%出資子会社、平成24年5月解散)、東京証券取引市場第二部に株式を上場
平成19年 石川県金沢市での玉鉾店出店により100店舗を達成
平成20年 長野県1号店を長野市に出店(現、篠ノ井店)
平成23年 東京証券取引市場第一部に株式を上場
平成24年 群馬県1号店を伊勢崎市に出店(現、田部井店)、株式会社アクティーと商品物流効率の改善を目的とした合弁会社、株式会社A2ロジを設立
平成25年 岐阜県1号店を岐阜市に出店(現、岐阜県庁南店)、岐阜県岐阜市での岐阜県庁南店出店により200店舗を達成、岐阜県岐阜市での岐阜県庁南薬局開局により100薬局を達成
平成26年 滋賀県1号店を栗東市に出店(現、霊仙寺店・目川店)、愛知県1号店を一宮市に出店(現、東五城店)、青木宏憲が現代表取締役社長に就任、埼玉県1号店を深谷市に出店(現、田谷店)
平成27年 三重県1号店を津市に出店(現、津河芸店)
平成28年 群馬県伊勢市での伊勢崎富塚店出店により、300店舗達成、株式交換により株式会社クスリのアオキを株式会社クスリのアオキホールディングスの完全子会社とする、株式会社クスリのアオキの持株会社として東京証券取引所第一部へ上場、栃木県1号店を鹿沼市に出店(現、東町店)
平成29年 奈良県1号店を生駒市に出店(現、真弓店)、京都府1号店を京都市に出店(現、久世南店)茨城県1号店を瀧ヶ崎市に出店(現、寺後店)
平成30年 千葉県1号店を四街道市に出店(現 四街道大日店)、福井県越前市での吉野店出店により500店舗達成
平成31年 静岡県1号店を浜松市に出店(現、浜松北島店)
令和元年 福島県1号店を会津若松市に出店(現、城西町店)
令和2年 600店舗達成

採用連絡先

株式会社クスリのアオキ 採用部
〒924-8510石川県白山市横江町4街区1番
TEL:076-274-6113
URL:http://www.kusuri-aoki.co.jp