伊豆箱根鉄道株式会社

伊豆箱根鉄道株式会社の企業情報

伊豆箱根鉄道株式会社

【鉄道】

西武グループのスローガン「でかける人を、ほほえむ人へ。」のもと、安全・安心と快適で良質なサービスを地域の皆さまに提供します。
地域密着で多岐にわたる業務に取り組んでおり、鉄道・船舶・観光・介護・不動産賃貸事業等を行っております。昨年100周年を迎え、次の100年に向けて各事業において、更なる挑戦を続けます。幅広い事業展開だからこそ得られる知識経験から、新たな可能性の発見・自己成長できる会社です。

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
地域とともに歩んだ100周年とこれからの100年に向けて

伊豆箱根鉄道の事業エリアは、伊豆・箱根を中心としております。2018年に駿豆線は120周年を迎えました。世代を超え、通勤・通学の「足」として、観光地を結ぶ「足」として、さらには貸切電車の運行やイベントの実施など「足」としてだけでなく、「目的」としても地域の皆さまと親しんできました。現在、鉄道業のみならず多岐にわたる事業展開ができるのも、地域を愛し地域に愛され続けていることの証であります。地域を愛する仲間とよりよい地域づくりができるやりがいは、伊豆箱根鉄道ならではの魅力です。これからも新たなる感動の創造へ向け、100年先を見据えて挑戦し続けます。

私たちの仕事

■鉄道事業
 鉄道の運行、イベント企画、貸切電車 等
■観光事業
 水族館、ドライブイン、売店等運営、企画 等
■沿線事業
 広告、沿線売店管理 等
■賃貸不動産事業
 土地活用 等
■保険代理店事業
 保険の提案、フォロー 等
■介護事業
 介護施設運営

はたらく環境

職場の雰囲気
多様な価値観がよりよくする職場

幅広い年齢層の方と仕事をともにします。
また、社内業務や研修などを通じて様々な職種の方と関わります。
そのため、新たな発見や気づきあります。
会社内でたくさんの方とのかかわりができ、多様な価値観を吸収したり、知識を深めることができます。

企業概要

創業/設立 1916年 駿豆鉄道株式会社設立
1917年 電気鉄道と軽便鉄道の営業権を継承(事業開始)
1938年 箱根遊船株式会社と合併
1941年 大雄山鉄道を合併
1957年 伊豆箱根鉄道株式会社に社名変更
2006年 ホテル事業と不動産分譲事業の営業終了、伊豆下田バス株式会社事業譲渡
2014年 介護事業開始
2016年 箱根 駒ケ岳ロープウェーを譲渡
2017年 創立100周年
本社所在地 静岡県三島市大場300番地
代表者 代表取締役社長 伍堂 文康
資本金 6億4,000万円
売上高 67億5,700万円(2017年度)
従業員数 約540名 (2018年12月現在) 
子会社・関連会社 伊豆箱根鉄道グループ
■伊豆箱根企業株式会社
■伊豆箱根バス株式会社
■伊豆箱根交通株式会社
■伊豆箱根タクシー株式会社
事業所 駿豆線 (三島駅~修善寺駅 19.8km)
大雄山線(小田原駅~大雄山駅 9.6km)
箱根 十国峠ケーブルカー
箱根 芦ノ湖遊覧船
伊豆・三津シーパラダイス
箱根関所 旅物語館
箱根湖尻ターミナル
十国峠レストハウス
湯河原パークウェイ
エミーズ東間門
エミーズ原
エミーズ鴨宮
気になる

5人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません