株式会社神戸屋

株式会社神戸屋の企業情報

株式会社神戸屋

【食品】

神戸屋は、まだ日本でパンが珍しかった時代に創業し、「明日の食文化を拓く」という企業ミッションのもと、新しいことにチャレンジし続けています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
創業100周年

神戸屋は、まだ日本でパンが珍しかった時代に創業し、2018年で100周年を迎えました。「明日の食文化を拓く」という企業ミッションのもと、新しいことにチャレンジし続けています。教育に力を入れており、製パンに関する専門的な知識や技術を身に付ける研修も社内で実施しています。パンの世界大会で成績を残す社員も多く在籍しており、技術力にも自信があります。

私たちの仕事

◆技術部門(生産系)
 工場でのパン・洋菓子・冷凍生地類の製造、製品の試作・改良、品質管理・衛生、生産管理、製品の企画開発、製造技術開発 など 
◆技術部門(機械・設備系)
 生産設備のメンテナンス、新装置の設計・開発、各種エネルギー管理、省エネルギー対策、生産システムの開発 など 
◆営業部門
 販売促進活動、販売指導、新規開拓、商品の企画・提案、新規取扱店の運営サポート、広告・宣伝、マーケティング など 
◆店舗運営企画部門
 直営店舗のマネジメント、店長業務、販売・接客、店舗内でのパンづくり・料理づくり など 
◆管理部門
 総務、人事、教育、労務、法務、経理、情報システム など 

はたらく環境

組織の特徴
「明日の食文化を拓く」ために

パンのおいしさ、楽しさを多くのお客様にお届けしたい―。
1918年、日本ではパンが珍しかった時代にパンを主食と捉え
食パンを大阪で販売することから始まった会社です。

一つ一つのパンに、
どこまでも本気に、どこまでもこだわる。

1、自ら考え、主体的に行動ができる人。
2、失敗を恐れず熱意をもってチャレンジできる人。
3、夢や目標を追い続ける人。

こういった社員が多くおります。

企業概要

創業/設立 創業1918年
本社所在地 〒533-0014
大阪市東淀川区豊新2-16-14
代表者 代表取締役社長 桐山健一
資本金 11億9,740万円
売上高 548億6,034万円 (2017年12月時点)
従業員数 1,306人 (2018年10月現在) 
事業所 工 場:東京(3ヵ所)、神奈川、千葉、大阪(3ヵ所)、兵庫
営業所:各工場所在地、宮城、埼玉、福井、三重、岡山、福岡
直営店:岩手、宮城、東京、神奈川、埼玉、茨城、千葉、長野、富山、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
気になる

6人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません