社会福祉法人健光園

社会福祉法人健光園の過去の採用・募集情報

社会福祉法人健光園

【介護・福祉サービス】

学生時代、社会福祉を学んできた人はもちろん、専攻外の人も大歓迎! 介護技術は入職してからしっかりと学べます。
仕事としての“生活を支えること”に興味がある人、自分の特技なを活かしたりお年寄りと接することが好きな人は、ぜひ興味をもらえたらうれしいです!

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

私たちの採用について

求める人物像
技術があるだけでなく、一人の生活と向き合うことができる人

介護職というと、“体力仕事”というイメージがあるかもしれません。もちろんそのような場面もありますが、それよりも大切なのはものごとを考える力、人間力です。介護技術は勉強すれば身に付けることができますが、人間力は一朝一夕に身につくものではありません。優秀な介護技術をもっていても、ご利用者一人ひとりの生活を想像する力も同時に求められます。
ですから、選考においては大学時代の学部・学科にはこだわっていません。実際、学生時代は外国語や法律など社会福祉以外をを学んでいた職員も現在介護職として多く働いており、みな入職してから介護技術を学び身に付けてきました。
ご利用者と接することや介護することが好きだということは大前提ですが、職業人として「介護サービスを提供する」という考え方のできる人、介護という仕事を一歩下がって客観的な目で見ることができる人が望ましいと考えています。

面接・選考のポイント
飾らず自然体で自分の気持ちを語れる人に出会いたい

説明会で施設内を見学してもらったり、採用担当者や若手職員と話をしてもらえれば、自然体の人ばかりだと気付いてもらえると思います。就職活動においても、飾らず、ありのままの自分を見せてください。福祉に対してどう思っているのか。当園にどのような印象を持っているのか。率直にお話してもらえれば結構です。
選考においては、学部・学科にはこだわっていません。実際に働く職員の中には、学生時代に外国語や法律など社会福祉以外を学んでいたケースも多く、入職してから介護技術を学び身に付けてきました。
ご利用者と接することや介護することが好きだということは大前提ですが、職業人として「介護サービスを提供する」という考え方のできる人、介護という仕事を一歩下がって客観的な目で見ることができる人にこそ活躍の場があると考えています。

採用担当者からのメッセージ
人に関わることが好きな人、人と人とのつながり大切にする人

介護職と聞くと、「体力勝負なのでは?」とイメージされるかもしれません。もちろん、そのような場面もありますが、それよりも大切なのは人との関わりを大切にして、より良い関係を築いていくための人間力です。介護技術は勉強すれば身に付けることができますが、人間力は一朝一夕に身につくものではありません。資格を取ったり技術を磨きながら、ご利用者一人ひとりの生活を想像し、その場その場で最適なコミュニケーションを築いている力も同時に求められます。
介護職は利用される方の生活を支える仕事。お風呂やトイレ、外出のサポートはもちろんのことですが、どちらかというと何もない自由な時間のほうが長く、その時に一緒に歌ったり、楽器を演奏したり、料理をしたり、できることを活かして寄り添うことが大切です。「福祉」という言葉で一括りにするよりも、人に興味を持ち、思いやりを持って接することにやりがいを感じる人。良い日もあれば、悪い日もあり、それを含めて楽しいと思える人。そういった“想い”に共感できる人こそ、ノビノビと活躍できる環境と言えます。

募集する職種

介護職
(生活相談員を希望される方も、入職時は介護職としての採用となります。)

当法人が京都市内で運営している特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・ショートステイ・グループホーム・デイサービス・小規模多機能ホーム・ホームヘルプステーション・認知症対応型デイサービスで高齢者の方々の暮らしをサポートしていただきます。
仕事に慣れてきたら、ケアプランの作成やレクリエーションの企画・運営なども担当。将来的には生活相談員として活躍することもできます。また当法人は地域に開かれた施設づくりを行っており、地域の人々と共に取り組み、お互いが学び合い、助け合うことで人間的に大きく成長できます。

研修・社内制度

研修制度
研修とOJTで、介護の基礎をしっかりと学びます!

入職後は、まず介護の基礎についてしっかり研修を行い、配属先の職場では上司や先輩職員が一人立ち出来るまで毎日OJT(On The Job Training)を行います。
また入職3カ月目、6カ月目、12カ月目にそれぞれ研修を行い、介護職としての考え方や仕事の進め方を学びます。
1年目、2~3年目研修では、介護の基礎のほか医学的な知識、認知症のケアなどについて学び、介護職としての専門知識を高めていきます。
また介護福祉士講座や介護支援専門員講座など、資格取得のためのサポートも行っており、仕事をしながら学びステップアップできる環境を整えています。

キャリアパス
キャリアパス制度もあり、ステップアップできる環境が整っています

1年目は一般職として指示を受けながら業務を遂行する「新人」から、社会福祉士や介護福祉士の資格を取得することで「専門職」へ
基本業務に加えグループををまとめる「リーダー」、「サブマネージャー」へとキャリアアップしていきます。リーダーは、概ね3年以上の経験と必要な研修を受けるなどの自己研鑽も必要となります。以降は、経験5年以上で「サブマネージャー」など、キャリアパス制度に基づいてステップアップできる環境が整っています。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    【説明会】
     説明会では、介護職や相談員として仕事に携わっている職員との
    意見交換もあり、知りたい生の声を聞く事ができます。
     また、実際に施設を見学して頂き、雰囲気を知ってもらう事もできます。

エントリー/採用方法 エントリー
 ↓
説明会・見学会
(法人(事業所)の取り組みを知って頂きたいと思います。)
 ↓
一次選考
 ↓ 
二次選考 
 ↓
内 定
選考方法と重視点 ■一次選考
・グループ討議による選考若しくは個人面接
・作文試験
・適性検査

■二次選考 
・個人面接

※試験結果については、いずれも個別連絡

説明会から内定まで約1カ月半程度のスケジュールとなります。
提出書類 履歴書
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門 卒業の方

募集要項

初任給 【大学卒】月給173,200円
【短大卒】月給169,600円
【専門卒】月給169,600円
(2017(平成29)年度実績)
昇給・賞与・諸手当 昇給/年1回(4月)
賞与/年2回(6月・12月)合計3.00カ月
(2017(平成29)年度実績)
手当
・早出手当 350~500円/回
・夜勤手当 5,000円/回
・年末年始手当 1,400円/回(12/29~1/3)
・通勤手当 上限45,000円/月
・住宅手当 5,000円/月
・生活関連手当 扶養家族1名について10,000円(3名まで)
・役職手当、超過勤務手当
勤務地 京都市内(右京区・伏見区・上京区の事業所)
勤務時間 実働8時間
(シフト勤務の職場の例)
7:00~16:00/9:30~18:30/21:15~翌7:15
※上記は一例で事業所やユニットによりその他勤務時間有り
福利厚生 ・健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金制度
・慶弔金支給等、京都府民間社会福祉施設共済会(映画チケット補助等)
・職員親睦会(けんこう会)
休日休暇 ・4週8休、シフト勤務(月9日、2月は月8日)
・リフレッシュ休日 3日
・合計年間休日 110日
・年次有給休暇(初年度10日)
・特別有給休暇(慶弔休暇等) 
・産休・育休・介護休業制度
採用実績校 <大学>
大谷大学 、 関西福祉大学 、 京都光華女子大学 、 京都産業大学 、 京都女子大学 、 京都府立大学 、 京都文教大学 、 近畿大学 、 高知工科大学 、 滋賀県立大学 、 種智院大学 、 聖カタリナ大学 、 同志社女子大学 、 奈良県立大学 、 奈良産業大学 、 花園大学 、 佛教大学 、 立命館大学 、 龍谷大学 
<短大・高専・専門学校>
華頂短期大学 、 京都医療福祉専門学校 、 京都西山短期大学 、 京都福祉専門学校 、 大阪総合福祉専門学校 、 京都YMCA国際福祉専門学校 、 京都保育福祉専門学院 
その他 近畿圏の大学・短大・専門学校からの採用有
採用予定学部学科 全学部・全学科
今年度採用予定数 5~10名程度
昨年度採用実績(見込)数 2名(見込み)
試用期間 あり
入社後3ヶ月
本採用時と労働条件に変更なし

職場データ

男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性0名、女性2名
2017年度:男性1名、女性1名
2016年度:男性3名、女性4名
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 0%
管理職: 42.0%
気になる

0人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません