町田市役所

町田市役所の過去の採用・募集情報

町田市役所

【官公庁】

町田市では、市民の気持ちがわかる・同僚の気持ちがわかる『いいことふくらむ“まちだ”を創造し続ける職員』の資質を持つ方を募集します。

  • 資格取得支援制度あり

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 既卒者応募歓迎

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
町田市のページにアクセスいただき、ありがとうございます。

みなさん、こんにちは。

2019年度実施の職員採用試験(2020年4月採用)に向けた最新の情報は、決まり次第下記の町田市ホームページおよびtwitterにて随時ご案内します。
また、2018年度までに実施した採用試験についても、あわせて町田市ホームページをご参照ください。

【町田市ホームページ - 町田市職員採用情報】
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/syokuin/bosyu01/index.html

【twitter - 町田市職員採用試験情報(町田市公式)】
https://twitter.com/machida_saiyou

求める人物像
めざす職員像~新規採用職員への期待~

町田市では、「めざす職員像」として「市民の気持ちがわかる・同僚の気持ちがわかる『いいことふくらむ“まちだ”を創造し続ける職員』」、そして「市民志向」・「信頼獲得志向」・「チャレンジ志向」・「経営志向」・「チームワーク志向」の5つの志向を持った職員を、町田市職員人材育成基本方針で掲げています。

新規採用職員に対しては、この「めざす職員像」を目標とし、次のような資質を持つ方を期待します。

組織人として、またサービス業に携わる者として、コミュニケーション能力と協調性のある人 
自分の将来像を持ち、その将来像に向かって自己研鑽できる人
常に市民の立場に立ち、市民の目線で考え、行動できる人

市役所は市内最大のサービス業です。あらゆる市民サービスのフロントに位置するのが市役所です。サービス業の仕事の良し悪しは、サービスの質の良し悪しで決まります。
そのため、町田市では、前例どおりの仕事を機械的に繰り返すのではなく、「市民サービス」に真摯に取り組む姿勢と決意を持ち、組織人として常識的な行動が取れる人を、職員として求めています。

募集する職種

【一般事務職】
市役所のあらゆる部門において、幅広く様々な業務に携わります。市役所の行政運営全般に関わり、広報や市民センター等での窓口業務、各種相談支援業務等の対外的な仕事から、企画・予算・経理・人事・庶務といった内部的な仕事にいたるまであらゆる分野で幅広い仕事をします。
●主な配属先
市役所のあらゆる部門

【土木技術職】
土木事業の設計業務、道路工事の現場等での監督など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
道路部、都市づくり部、下水道部、環境資源部、経済観光部

【建築技術職】
都市計画、公共建築物の設計・工事の施工監理、建築確認申請の審査など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
都市づくり部、財務部、環境資源部

【機械技術職】
公共建築物などの機械設備の設計、維持・管理、設備の操作(夜間勤務あり)など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
環境資源部、下水道部、財務部

【電気技術職】
公共建築物などの電気設備(主に強電)の設計、維持・管理、設備の操作(夜間勤務あり)など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
環境資源部、下水道部、財務部、道路部、学校教育部

【化学技術職】
環境調査・対策、廃棄物処理の指導・対策、下水処理施設での水質管理など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
下水道部、環境資源部

【造園技術職】
公園や街路樹の設計、整備、維持・管理、緑地保全業務など、専門技術をいかした仕事をします。
●主な配属先
都市づくり部、道路部

【栄養士】
栄養管理、調理指導、栄養指導および環境衛生・食品衛生など、専門性をいかした仕事をします。
●主な配属先
学校教育部、保健所、市民病院、子ども生活部

【保健師】
市役所、保健所、健康福祉会館、保育園、療育園、子ども発達センターなどで、保健福祉に関する相談・支援など、専門性をいかした仕事をします。
●主な配属先
保健所、子ども生活部、総務部、いきいき生活部、地域福祉部

【保育士】
保育園等での保育業務および子育て支援に関して、専門性をいかした仕事をします。
●主な配属先
子ども生活部

【児童厚生員】
学童保育業務、子どもセンター業務及び児童・青少年の健全育成に関して、専門性をいかした仕事をします。
●主な配属先
子ども生活部

【その他の専門技術職(各種資格職等)】
それぞれの専門職を必要とする職場に配属され、専門性をいかした仕事をします。

※欠員状況によっては、採用を行わない職種もあります。

研修・社内制度

社内制度
新規採用職員の皆さんのために、様々なサポート制度があります。その主な制度をご紹介します。

【採用内定者就労体験(採用前に希望者のみ参加)】

採用が内定した方を対象に、入職後、スムーズに仕事に就けるよう、町田市の仕事や職場の雰囲気を体験していただくために、就労体験(2週間程度のアルバイト)の機会を設けています。

【新規採用職員への研修制度】
 
町田市の職員として、また公務員としての執務上必要な基礎的知識および基礎的法律知識等を修得するとともに、全体の奉仕者として市政運営に必要な自治の概念や職員感覚を養います。
また、東京都市町村職員研修所において、多摩地域の他の市町村職員と合同で実施する研修も受講します。
上記以外にも、町田市全職員を対象に募集する『能力開発研修』も受講できます。

主な新規採用職員向け研修:新規採用職員研修(基礎知識編1~3)、(コミュニケーション力向上編)
主な能力開発研修:タイムマネジメント研修、業務マニュアル作成向上研修、法務研修

【ジョブローテーション制度(一般事務職のみ)】

町田市では、新入職員の多様な適性等をいかしながら、異なった職務を経験し、人材の育成をはかるためジョブローテーション制度を設けています。これは採用後の6年間について、基礎能力を養成し、適性を発見する「能力・適性等評価期間」と位置付け、期間中に2ヶ所の職場で職務経験を積むことにより、知識・経験を蓄積し、高度化・多様化する市民のニーズに対応できる職員を育成していこうとするものです。

【「人材育成型」の人事考課制度の実施】

町田市では昇任や昇給のみを目的とした単なる任用管理ではなく、職員一人ひとりの長所を最大限にいかしていく「人材育成型」の人事考課制度を実施しています。この制度では、上司と部下の育成面談を年2回(期初、期末)実施し、職員の実績評価と能力の開発に努めています。その結果は、よりがんばった人が評価されるよう、人材育成・人事配置に活用するとともに、昇任や給与面に反映させて、職員の努力が報われ勤務意欲の高揚に資するよう努めています。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 2019年度実施の職員採用試験(2020年4月採用)の日程・エントリー(受験申込)方法は、決まり次第下記の町田市ホームページにてご案内します。
また、2018年度までに実施した採用試験についても、あわせて町田市ホームページをご参照ください。

【町田市ホームページ - 町田市職員採用情報】
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/syokuin/bosyu01/index.html

参考までに、2018年6月に実施した一般事務職の採用ステップを下記に掲載します。

■試験要項発表:2018年4月23日

■受験申込期間:2018年5月7日~5月18日

■第1次試験:2018年6月24日 教養試験・エントリーシート作成

■第2次試験:2018年7月14日 適性検査・集団討論
        2018年7月17日~7月23日 個別面接

■第3次試験:2018年8月6日~10日 最終個別面接

■合格発表:2018年8月17日
選考方法と重視点 ■「学生生活や民間企業で多彩な経験をされた方」が従来型の公務員試験対策をしていなくても受験しやすくなるよう、法律や経済といった専門試験の代わりにエントリーシート作成(一般事務職の場合)を実施します。エントリーシートでは、志望動機や自身の長所など、より深く受験生の熱意や人となりを評価します。

■サービス業に携わる者として必要なコミュニケーション能力の高い人材を求め、2次試験以降の集団討論・個別面接を重視します。
提出書類 電子申請(インターネット)による申込です。
※電子申請は、「東京都電子自治体共同運営サービス」ホームページから利用可能です。
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
学歴・学校種は問いません。
※職種によって、資格取得等を応募資格として求める場合があります。

募集要項

初任給 【一般事務職、土木・建築・電気技術職】
月給約211,900円

【保育士】
月給約183,860円

【保健師】
月給約220,200円

※新卒者の2018年4月初任給実績であり、一律地域手当を含みます。
※学校卒業後に職歴等がある場合は、一定の基準により加算されます。
※採用前に給与改定等があった場合は、その定めるところによります。
昇給・賞与・諸手当 【昇給】
年1回(7月) 
※民間企業の給与等の動向に応じて給与改定が行われます。

【賞与】
年3回(6月、12月、3月) 
※2018年度実績

【諸手当】
通勤手当、住居手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務地 町田市内の各施設
(市役所市庁舎、市民センター、保健所、健康福祉会館、リサイクル文化センター、クリーンセンター、図書館、市民病院など)
勤務時間 8時20分~17時5分 
※変則勤務職場等、配属場所によって異なる場合があります。
※町田市では、「職員のワーク・ライフ・バランスの実現」に向けた柔軟で多様な働き方への取組として、時差勤務制度を導入しています。通常の勤務時間のほか、4つの時間帯から勤務時間を選択することができます(一部変則勤務職場を除く)。
福利厚生 東京都市町村職員共済組合及び町田市職員互助会の共済制度、給付金、契約宿泊施設・娯楽施設等、各種の福利厚生事業を利用できます。
休日休暇 【休日】
土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)
※変則勤務職場等、配属場所によって異なる場合があります。

【休暇】
年次休暇(年間20日)のほか、夏季休暇、結婚休暇、産休などの休暇制度や育児休業、部分休業などの休業制度があります。
採用実績校 全国の国公私立大学
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 2019年度実施の職員採用予定数は、決まり次第下記の町田市ホームページにてご案内します。

【町田市ホームページ - 町田市職員採用情報】
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/syokuin/bosyu01/index.html
昨年度採用実績(見込)数 【2018年6月実施】
試験区分              最終合格者数
一般事務(大卒程度)                40
身体障がい者対象一般事務           4
土木技術(大卒程度)                   1
建築技術(大卒程度)                   0
保育士                                  7
学芸員                                  1
保健師                                 2
土木技術(社会人経験者対象)           2
保健師(社会人経験者対象)            2

※職種ごとの受験資格や2018年11月・2019年1月実施の採用実績(見込)数は、町田市ホームページをご確認ください。
試用期間 なし

職場データ

平均勤続年数 40.0年
平均年齢 39.9歳
平均有給休暇取得日数(年間) 15.4日
気になる

114人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません