社会福祉法人聖ヨハネ学園

社会福祉法人聖ヨハネ学園(セイヨハネガクエン)の新卒採用・企業情報

正社員

社会福祉法人聖ヨハネ学園

【介護・福祉サービス】

社会福祉法人聖ヨハネ学園は、1889年に大阪市石町の大阪聖ヨハネ教会で産声を上げてから130年、高槻市の現在地に移転してからでも75年の歴史を持っています。貧院と称した児童養護施設の前身から始まった社会福祉事業は、先人達の情熱と献身と実行力によって、地域の人々のご支援もいただき、保育園、特別養護老人ホーム、障がい者ショートステイと広がり、更に高槻市から障がい者デイサービス及び乳幼児療育事業(ゆう・あいセンター)及び知的障がい児通所療育事業(うの花療育園)を受託しております。2007年4月には障がい者ご本人とご家族にとって利用しやすい形の障がい者支援施設(身体障がい者入所、知的・身体障がい者ショートステイ、放課後等デイサービス、日中一時支援)地域生活支援センター光を開設いたしました。こうして障がい者を含めて幼児から高齢者までの幅広いご利用者の生活をお支えする事業体として活動しております。

私たちの魅力

事業内容
障がい者を含め幼児から高齢者までの幅広いご利用者の生活をお支えする事業を展開しています

特別養護老人ホーム、障害者支援施設、児童養護施設、知的障害児通園施設、保育園などの運営。

企業理念
いのちがかがやくために

聖ヨハネ学園のシンボルマークは学園と地域社会がひびきあう楽器「ハープ」と、楽しく暮らすシンボルの音楽を表わす「ト音記号」、そしてゆたかに育ち花ひらく「バラ」とを組み合わせてデザイン化しています。「バラ」には「あなたは愛すべきもののすべてである」という花言葉があって、聖ヨハネ学園の理念を表わしています。

私たちの仕事

聖ヨハネ学園は、創始者リーラ・ブール女史がヨハネ教会婦人会の方々と、2人の孤児を育てられたのが始まりです。それから130年の時を経て、現在では幼児から高齢者、障がいをお持ちのご利用者の生活の支援を行っています。特別養護老人ホーム、障がい者支援施設、児童養護施設、保育所、児童発達支援センター等があり、それぞれの施設が連携して支援を行っています。「いのちがかがやくために」の理念を掲げ、ご利用者主体の支援を行っております。

はたらく環境

組織の特徴
職員がかがやくために/職場がかがやくために

【下田部保育園 ※写真:左】
「あかるく」ユーモアに富んだ伸び伸びとした子どもに!
「ただしく」愛と素直さで生き生きとした子どもに!
「たくましく」心と体が健康に満ちあふれた子どもに!
子ども達、職員、保護者が共に手を取り合い、共に笑い、共に助け合うやさしさと楽しさのある保育や、未来を作り出す力の基礎を目指しています。

【ミス・ブール記念ホーム ※写真:中央】
ご利用者お一人おひとりがいきいきと暮らしていただけるように、お手伝いをさせていただいています。
施設内に託児所があり、小さいお子さんのいるママも安心して働けます。
福祉機器を積極的に導入し、負担軽減を目指しています。
1年に1度は長期休暇でリフレッシュできる制度があります。
人と関わるのが好き!笑顔が好き!そんな人材を求めています。

【地域生活支援センター光 ※写真:右】
ご利用者・ご家族・職員の距離感が大変近いのが特色です。
全てのご利用者がその人らしく輝くための支援を行います。
3つのユニットに分かれ、互いに交流・協力しながら活動しています。
重症心身障がい者の介助方法の構築・改善を常に模索します。

企業概要

創業/設立 設立1889年(明治22年)
本社所在地 大阪府高槻市宮之川原2-9-1
代表者 理事長 野知卓司
従業員数 360人(非常勤職員含む) (2019年10月現在) 
事業所 ・法人本部
大阪府高槻市宮之川原2-9-1

・児童養護施設 聖ヨハネ学園
大阪府高槻市宮之川原2-9-1

・下田部保育園
大阪府高槻市登町1-1

・高齢者総合ケアセンター ミス・ブール記念ホーム
大阪府高槻市松ヶ丘1-21-9

・ゆう・あいセンター
大阪府高槻市城内町1-11

・知的障害児通園施設 高槻市立うの花療育園
大阪府高槻市郡家本町5-5

・障害者支援施設 地域生活支援センター光
大阪府高槻市宮之川原2-9-1

・聖ヨハネこどもセンター
大阪府高槻市宮之川原2-9-1

採用連絡先

〒569-0046 大阪府高槻市登町1番1号
社会福祉法人 聖ヨハネ学園 附属 下田部保育園 法人職員採用係 
電話:072-671-9960
E-MAIL:info@yohane.or.jp