ANAウイングス株式会社

ANAウイングス株式会社(アナウイングス)の新卒採用・企業情報

正社員

ANAウイングス株式会社

【空運】

私たちANAウイングスは、4種類の小型機(DHC8-Q400、B737-500、B737-700/800)を使用し、北は稚内から南は石垣まで、国内49の空港を結ぶ92の路線で1日約385便を運航。ANA国内線の約45%強を運航しています。また今後は、約50年振りの開発となる次世代の国産旅客機Mitsubishi SpaceJet(旧MRJ)を導入(予定)し、世界初のMitsubishi SpaceJet(旧MRJ)運航会社となります。創立からまもなく10年。ANAウイングスはこれからも成長を続けていきます。

私たちの魅力

事業内容
ヒト、モノの移動を航空ネットワークで支える。

航空運送事業(旅客・郵便)他

私たちの仕事

◎運航乗務職掌
運航乗務員の業務は3つに分けられます。1つは、機長や副操縦士として行う航空機操縦業務です。フライト前後には行うべきことが定められており、フライト中は目的地まで安全運航を遂行することが何よりも重要な任務です。経験を重ね、知識や能力を磨くことで、機長や副操縦士の資格認定に関わる教官業務を行うこともあります。また、国土交通省の代理人として査察業務に携わることもできます。

はたらく環境

働く仲間
先輩が語る会社の魅力

◎ANAウイングスはお客様も社員同士も距離が近く、温かい雰囲気が魅力です。エアラインの職場は人数が多く、クルーも一期一会になりがちですが、ここでは顔を合わせるとお互いに名前を呼び合い、コミュニケーションを図っています。また新たな業務を担当する際やステップアップする際にはきめ細やかな教育が用意され、全員が安心して新しい一歩を踏み出せます。旅行好きの私は国内外問わず様々な場所を訪れ、リフレッシュしています。有休制度もうまく活用し、自分のペースに合わせた仕事ができるのがうれしいです。

◎女性運航乗務員は日本でもまだ珍しいため、私の機内アナウンスに反応してくださるお客様も多いと客室乗務員より聞いています。日々のフライトを通じて、女性運航乗務員の知名度が上がり、女性の活躍の場が広がるとうれしいです。ANAウイングスは、日々業務を共にする先輩や上司も、訓練期間中からお世話になっている方ばかりなので、自分の意見をしっかりと伝え、アドバイスをもらいやすい環境が整っています。個人を尊重し、育ててくれる会社だと私は感じています。

企業概要

創業/設立 2010年10月1日
本社所在地 〒144-8515 東京都大田区羽田空港3-3-2
代表者 衛藤 勇
資本金 5000万円
売上高 1兆9717億円(グループ連結/2018年3月期)
従業員数 1950名 (2019年10月現在) 
株主 ANAホールディングス(株)100%出資
事業所 本社所在地:羽田空港
主要基地(ベース):中部国際空港、伊丹空港、福岡空港

採用連絡先

〒144-8515
東京都大田区羽田空港3-3-2
ANAウイングス(株)
採用担当
<E-mail>
運航乗務職掌:wingspl@anawings.co.jp