厚木市役所

厚木市役所の過去の採用・募集情報

厚木市役所

【官公庁】

厚木市は、神奈川県の中央部に位置し、都心から約1時間の近距離にありながら市域の東には相模川をはじめとする河川が流れ、西は丹沢山塊が連なる豊かな自然環境に恵まれ、温泉地も有しています。
また、東名高速道路や圏央道など多くの幹線道路が整備され、首都圏における交通の結節点としても重要な位置を占めており、県央の拠点都市として発展し、まちが活気にあふれています。

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 離職率が低く安定

  • ジョブローテーション重視

私たちの採用について

求める人物像
住民や地域への貢献を最優先に考え、意欲と情熱をもって職務に取り組む職員

本市が発展し続けていくためには、時代の変化や市民の皆様のニーズに適応したサービスの向上が重要です。全ての職員がまちづくりの担い手であるという自覚を持ち、自発的に考え行動するとともに、組織の一員として力を尽くす必要があります。そこで求められるのは「住民や地域への貢献を最優先に考え、意欲と情熱をもって職務に取り組む職員」です。具体的には以下の職員像が求められます。

◆ 高い使命感と倫理観を備えた職員
 ~厚木市を愛し、誇りと責任を持って市民の皆様のために行動する~
◆ 政策を立案し、実行できる職員
 ~自ら課題を発見し、知恵と創意工夫で政策を考え、成果に導く~
◆ 経営感覚を身に付けた職員
~明確な業務目標を設定し、常に成果とコストを意識した行政運営に努める~
◆ 人とのつながりを大切にする職員
~信頼される人間性を備え、職員とのチームワークを発揮する~

厚木市では、人材本位、実力本位の採用を行い、個々の能力を活かす人材育成に努めています。
私たちとともに、あつぎの未来(つぎ)を一緒に創りましょう。

募集する職種

【平成30年度募集実績】
事務(上級・初級)、消防(上級・初級) 、土木(上級・初級)、建築(上級)、建築機械(上級) 、保健師、保育士
※平成31年度は未定

研修・社内制度

研修制度
厚木市人材育成基本方針

厚木市では、「厚木市人材育成基本方針」を道標とし、人こそ最大の経営資源であるとの認識のもと、人材育成を推進しています。
この基本方針では、「職員の育成」に主眼を置いた、人事制度と職員研修の連携を図るとともに、人材育成の土壌となる職場環境の充実を目指しています。

【職員の能力を開発する研修】
職員研修は、職場外で実施する「庁内研修」「派遣研修」、職場において仕事を通じて習得する「職場研修」、職員自身が自発的に取り組む「自己啓発」に分けられます。それぞれの特色をいかし、総合的に連携のとれた能力開発を推進するとともに、職員が積極的に研修を受講できる職場環境づくりを啓発しています。
 
(新採用職員研修)
広く地方公務員として、同時に本市職員としての使命と役割を自覚し、職務に必要な基礎的知識の修得及び職員相互の親睦を図り、職場への適応能力を養うため、1年をかけて研修等を実施します。
 宿泊研修では、厚木市内の宿泊施設で共に生活し、課題に取り組むことにより、お互いに協力し合い自主的に行動することを学びます。当日は、ウォークラリーや課題討議・発表、レクリエーションなどを行います。

(職場研修)
新採用職員には、教育担当者が付き添い、きめ細やかにサポートします。職場や仕事に慣れるまでの間、実務の指導はもちろんですが、いろいろな相談の相手として、先輩職員の中から適任者を選びます。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    ≪受験受付(事務職)≫
       ▼
    【第一次試験】(筆記試験)
       ▼
    【第二次試験】(集団面接)
       ▼
    【第三次試験】(個人面接)
       ▼
    【最終試験】(個人面接)
       ▼
    【最終合格発表】

エントリー/採用方法 厚木市ホームページをご確認ください。
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shisei/15001/recruit/index.html
選考方法と重視点 筆記試験、適性検査(消防のみ)、集団面接、個人面接
提出書類 エントリーシート
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 ・事務(上級) 、土木(上級)、建築(上級)、建築機械(上級) 、建築電気(上級)
大学卒 月給209,418円 
・事務(初級)、土木(初級)
高校卒 月給178,752円 
・保健師、保育士 
大学卒 月給219,678円 
・消防(上級) 
大学卒 月給242,250円 
・消防(初級) 
高校卒 月給196,878円 

※地域手当(一律)を含む 
※学歴、職歴によって加算される場合あり
※平成30年4月実績
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回
賞与:年2回
諸手当:扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当など
勤務地 神奈川県厚木市
勤務時間 8:30~17:15(休憩1時間)
福利厚生 職員やその家族の福利厚生を目的として、市町村共済組合等により、定期健康診断、人間ドック受診、宿泊施設利用助成、結婚祝金、出産祝金等の各種給付事業、住宅貸付・普通貸付等の各種貸付事業等の福利厚生が行われています。また、職員の親睦を深め、リフレッシュする場として、野球部、サッカー部、テニス部等のクラブ活動があります。
休日休暇 土曜・日曜、祝日、年末年始 
※所属部署等により異なる場合があります 
年次有給休暇(20日/年) 、特別休暇(夏季、結婚、忌引等) 、産前産後休暇、育児休業、介護休暇など
採用実績校 全国の大学
採用予定学部学科 法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系
今年度採用予定数 平成31年4月見込数 56名
(事務28名、土木4名、建築3名、保健師2名、保育士6名、消防士13名)
昨年度採用実績(見込)数 平成30年実績 50名
(事務29名、土木4名、建築1名、電気1名、保健師4名、保育士4名、消防士7名)
試用期間 なし

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数50名、うち離職者数1名
2017年度:採用人数52名、うち離職者数0名
2016年度:採用人数61名、うち離職者数3名
平均有給休暇取得日数(年間) 11.0日
気になる

103人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません