JXTGエネルギー株式会社

JXTGエネルギー株式会社(ジエイエツクステイージーエネルギー)の新卒採用・企業情報

正社員

JXTGエネルギー株式会社

【石油|化学|電力】

私たちJXTGエネルギーが目指すこと。
それは社会のあらゆるニーズに応える総合エネルギー企業になることです。
燃料油や潤滑油といった石油製品の精製・販売や、石油化学製品の製造・販売、ガス・石炭の輸入・販売、電力の供給など、
多岐に渡るエネルギー事業を通じて、社会を動かす原動力になっています。
また、自動車・航空・海運・鉄道などの交通インフラや、あらゆる企業活動を支え、人々の暮らしを縁の下から支えています。
さらに、水素をはじめとする環境負荷の少ない新エネルギーの技術開発・製造・販売にも積極的に取り組んでいます。
多くの人の今や未来に関わる大きな責任を担っていることに誇り持ち、これからのエネルギー社会に貢献していきます。

  • CSR活動に積極的

  • 多角的な事業展開

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
総合エネルギー企業を目指して

JXTGエネルギーは、エネルギーをつくり、届け、日本社会を支えています。

JXTGエネルギーは資源調達から、精製・製造、販売にいたるすべてのプロセスを担い、エネルギーを社員から社員へ託し、
そして社会へとつないでいます。
また、総合エネルギー企業として、 次世代の新エネルギーや石油からつくられる潤滑油、新素材の開発・販売にも力を注いでいます。

<主な事業例>
◇石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製および販売
◇ガス・石炭の輸入および販売
◇石油化学製品等の製造および販売
◇電気・水素の供給

わたしたちの使命は、社会に欠かせないエネルギーを安定的かつ効率的に供給することです。
この使命を果たすべく、「挑戦と向上心」、この言葉をキーワードに、時代・環境の変化に即した事業を展開・拡大しています。

私たちの仕事

当社は、様々なエネルギーを扱い、資源調達から、精製・生産、物流・販売にいたる全てのプロセスを担っています。

●資源調達
社会を支えるエネルギー源である、原油や石炭、天然ガス・LNGを、中東・ヨーロッパ・米州・アジア・オセアニアの各地域から購入します。各々の資源を海上輸送するために、配船手配・運航管理を行い、各国の港から日本各地の製油所や受入基地に円滑に運び込みます。需給の変化、価格の変動などを考慮しながら、エネルギーの安定供給に最適な資源を継続的に調達しています。
●精製・製造
各地の製油所に備わる蒸留塔に、高温に熱した原油を蒸気にして吹き込み、沸点の差を利用して用途ごとの成分に分けてから、ガソリン、灯油、軽油、重油などの石油製品を製造します。航空機用のジェット燃料、潤滑油のベースオイル、液化石油ガス、アスファルト、硫黄も作ります。ナフサからは、様々な石油化学品を製造して、国内外に販売しています。
●リテール販売・法人販売
製品・エネルギーの販売方法は、リテール販売と法人販売の2つがあります。リテール販売はサービスステーションを運営する特約店に卸販売をして、一般のお客様に石油製品をお届けします。法人販売は交通機関、電力会社、ガス会社などのインフラ企業、大型工場を持つ企業などに製品・エネルギーを販売します。大学や病院などの公共施設、レジャー施設にも供給します。
●産業用燃料販売
社会の様々な産業で用いられる燃料を製造・販売します。交通や物流を支える軽油、航空機用のジェット燃料、船舶や工場のボイラーなどの燃料となる重油、大型ビルや施設の暖房設備用の灯油などを供給して、インフラの役割を担っています。
●潤滑油事業
あらゆる機械の内部で稼働を支える潤滑油を製造・販売します。代表的な製品は自動車用のエンジン油やギヤ油、工業用の油圧作動油、金属加工用の切削油、熱処理油などがあります。独自の技術を組み込んだ「技術立脚商品」を販売します。
●化学品事業
原油を精製して石油化学品を作り販売します。様々な化学製品の原料となるプロピレンはアジアで突出した外販量があり、ペットボトルなどの原料となるパラキシレンの外販量はアジア第一位(自社調べ)です。機能材カンパニーでは、新素材を開発・販売します。例えば炭素繊維複合体や超耐熱樹脂、光学フィルムや透明スクリーンまで幅広い製品を開発して、市場を創出しています。
●電力事業
自社が保有する、全国の製油所や発電設備で起こした電力を国内に安定供給しています。大口の需要家に電力を供給する法人販売と、一般のご家庭に電力をお届けする小売り事業を展開しています。
●石炭・ガス事業
国内で消費する、石油に並ぶ重要な一次エネルギーである石炭、天然ガス・LNGを海外の生産者から購入、日本に運び電力会社・ガス会社などのインフラ企業や大型工場を持つ企業に販売します。2018年から都市ガスの小売り事業に参入します。
●海外事業
石油製品の需要が増すと見込まれているアジア太平洋圏を中心に、現地法人との資本業務提携、合弁会社の設立、M&Aを通じた販売網の確保、製油所や燃料輸入ターミナルを建造する計画など、海外プロジェクトを積極的に推進しています。
●研究開発
研究所ではJXTGエネルギーの技術革新を支える研究開発が行われています。石油製品の品質向上、製造のプロセスや触媒の開発、高機能の潤滑油、先端分野の新素材、水素をはじめとする新エネルギーの研究などに取り組んでいます。
●コーポレート
国内・海外の事業で取り交わす契約書類の審査や法務相談を受け持つ法務、各部門の会計管理と会社の決算・公表を担当する経理、採用活動や人材育成などを担う人事、情報提供を行う広報など、各部署が企業活動を横断的に支えています。

はたらく環境

オフィス紹介
17階からの景色が素敵な食堂

本社の食堂「X Plaza(みらいプラザ)」は17Fにあります。
晴れた日は大手町が一望できる眺めの良い食堂です。

社食、というとお昼ご飯のイメージが強いかと思いますが、朝から夜まで幅広く利用できます。
朝は、コーヒー、紅茶などのドリンクメニューに加え、サンドイッチやドーナツといった軽食が販売されています。
昼は社食、昼休みの時間以外は打ち合わせに使われます。
定時以降はお酒も販売されていて、仕事終わりに飲んで帰ることもできますし、
またパーティーメニューも充実しているので社内の懇親会等に使うこともあります。

組織の特徴
様々な福利厚生

当社には様々な福利厚生施設がありますので、代表的なものを写真ととも紹介します。
【寮・社宅】
全国の事業所付近には社宅や寮があります。また社宅や寮がない場合は借上社宅の場合もあります。
写真は本社勤務の方が多く住んでいる王子の寮です。

【保養所】
避暑地には複数の保養所がもあり、社員やその家族は安価に利用可能です。

【班活動】
社内で共通の趣味のある方々は班活動をしています。
テニス、ラグビー、フットサル、剣道などのスポーツ系もあれば、囲碁、将棋といった文化系の班もあります。
趣味という共通点で部署の垣根を越えた仲間と余暇を楽しむのも社内での楽しみの一つです。

働く仲間
技術系社員の働き方

技術系の職場は製油所・製造所といったモノづくりの最前線で常に日本のエネルギーを支えるプロセス管理、プラント管理、現在および未来を豊かにするために日々開発している研究開発、技術力の高い機能化学品や潤滑油をお客様のもとに届ける技術営業、社内におけるIT戦略・インフラの企画・検討を行うシステムエンジニアなどの職種があります。

職場の雰囲気
事務系社員の働き方

事務系の初期配属職場は本社、支店、製油所・製造所が中心です。
本社では資源調達、販売(リテール・法人)、化学品、コーポレート(法務、人事、総務など)など、支店はリテール販売、製油所・製造所は人事・総務・需給管理といった多岐にわたった職種があります。
また事務系社員にはジョブローテーション制度があります。
原則2年程度×2部署の複数部署を経験することで一人ひとりが適性を見出し、将来のキャリアに繋げる制度です。

社風
若いうちから大きな仕事を任される雰囲気

当社は若手の方にも大きな仕事を任せます。
ただ任せきりという訳ではなく、困ったことがあったらいつでも先輩社員が助けてくれる雰囲気もあります。
(担当業務の先輩のフォローもあれば、近くのチームの先輩が相談に乗ってくれることもあります)
失敗を恐れず経験を積めるのはどこの部署でも同じです。

企業概要

創業/設立 1888年
本社所在地1 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
本社所在地2 東京都港区港南一丁目8番15号 Wビル
代表者 代表取締役社長 大田 勝幸
資本金 300億円
売上高 10兆170億円(2018年度、単体)
従業員数 単体:9,030人 (2019年04月現在) 
子会社・関連会社 JXTGホールディングス(株) (持株会社)
JX石油開発(株)
JX金属(株)
JXファイナンス(株)
JXビジネスサービス(株)
鹿島石油(株)
ほか
事業所 本社  (大手町本社)東京都千代田区
    (品川本社) 東京都港区
研究所 神奈川県横浜市
製油所 11ヵ所
    仙台、千葉、川崎、根岸、堺、和歌山、
    水島、麻里布、大分、鹿島(鹿島石油)、
    大阪(大阪国際石油精製) 
製造所 3ヵ所
    東燃化学川崎、横浜、知多
支店  12ヵ所
    北海道、東北、関東第1、
    関東第2、関東第3、東京、
    中部、大阪第1、大阪第2、
    中国、九州、沖縄

海外事業所 38ヵ所
    ロンドン、シンガポール、アメリカ現地法人等
研修制度  ● 会社は、社員の自発的な能力開発を支援し、仕事を通じて社員が成長する機会を提供する。
 ● 社員は、自らを動機づけ、能力開発に努め、個性と能力を発揮して会社の発展に貢献する。

この方針に基づき、社員の能力、キャリアステージ、志向に対応した幅広い内容の研修を実施しています.

1.基本研修:社員として、あるいは資格に応じて必要となる能力、知識、考え方を理解し、習得する。
(一例)
 ・新入社員研修(集合研修、SS・製造職場実習、フォローアップ研修等)
 ・OJTリーダー研修(新入社員のOJTリーダー向け研修)
 ・グローバルビジネススキル研修(入社4,5年目の社員全員に1か月海外で研修)
 ・昇格時研修
 ・新任管理職研修

2.リーダー研修:経営者、あるいは組織や事業の牽引役として必要な考え方やスキルを学ぶ。
(一例)
 ・経営幹部養成研修
 ・社外研修(選抜型)

3.ステップアップ研修:大学等の組織に身を置き、高度な知識やスキルを習得する。また、当社外の異文化に触れて視野・知見を広げる。
(一例)
 ・海外等研修派遣(海外MBA、国内MBA、研究留学、国際法務留学、海外企業派遣、海外事業所研修、海外短期法律セミナー、短期語学留学等)

4.自己啓発プログラム:自身の成長のために、自主的に受講するプログラム。
(一例)
 ・オープンセミナー
 ・管理職選択研修
 ・TOEIC
 ・英語・中国語(社内型・通学型)
 ・その他外国語研修
 ・通信教育
 ・ライフプランセミナー
社内制度 人材は、経営における最重要資源です。 当社では、有能な人材の採用および育成、そして
保持が企業価値の向上に資するとの考え方に基づき、各種制度を整備しています。

1.多様な働き方を支える制度
◇フレックスタイム制
 ・日々の始業・終業時間は自身が決定します。 
  当社では、1日あたりの実働時間を原則7時間30分と定めるが、コアタイムは設けない。(標準就業時間帯は事業所により異なります)
 
◇裁量労働制
 ・始業および終業の時間決定を、全て本人の裁量に委ねる制度です。
 ・本社・研究所において企画・立案や研究の業務に携わる社員が対象です。
 ・本制度を利用のためには本人の希望と上司の承認が必要です。

◇短時間勤務制
 ・育児、介護、自身の障がい、妊娠の理由で利用可能です。

◇転勤猶予カード
 ・個人の事情により、社員が転勤を希望しないことを申し出た場合に、3年間を限度に、原則として転勤を猶予する制度。

◇配偶者転勤同行チャレンジ制度
 ・配偶者に国内の転勤等が発生し、かつ、配偶者に同行することを希望する場合に、特定の地域への異動希望を会社へ申し出ることができる制度。

◇配偶者転勤同行休職(退職)制度
 ・社員の配偶者に国内外の転勤が発生し、かつ、配偶者への同行を希望する社員が休職または退職。再雇用を申し出ることができる制度。

◇配偶者海外同行退職者再雇用制度
 ・配偶者の海外転勤に同行するため退職せざるを得ない社員が、退職時に登録を行うことにより、退職から5年以内であれば申し出に基づき社員として再び採用される制度です。

◇自己都合退職者再雇用制度
 ・出産や育児、介護等によりやむを得ず退職した社員が、当該事情が止んだ後において、再就職先の選択肢の一つとすることを意思表示(登録)できる制度です。
 ・当社の求人ニーズと、登録者の適性が合致した場合、採用選考に応募することができます。(退職後5年以内)。

2.社員の能力を引き出す制度
◇賃金制度
 ・月々の給与は、社員個々の能力に応じて決められます。昇給は年1回です。
 ・当社規定に基づき、住宅手当、通勤手当、時間外手当などの諸手当が支給されます。

◇評価制度
 ・能力評価と実績評価を年1回実施しています。
 ・管理職に対する研修や本人への適切なフィードバックを通じ、本制度の透明性・公平性・納得感のある運用に努めています。

◇人事異動
 ・ローテーション制度:事務系社員に適用されます。入社後の複数年間で複数の部門に所属し様々な経験を積むことにより、視野を広げることができる制度です。
 ・エントリー制度:将来の業務に関して強い希望と明確な理由を持つ社員は、当該業務と本人適性のマッチングを図るため、異動先として希望する部署の上長と面談することができ、その結果が人事異動に反映される制度です。
 ・社内公募制度:新規事業分野・プロジェクト事業などに必要な人材を社内で公募するものです。

3.仕事と家庭の両立を支援する制度
◇子育て支援
 ・産前・産後休暇:産前6週(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週
 ・育児休業:子が満2歳に達するまで
 ・育児休暇:年3日以内(3歳までの子を養育する社員に限る)
 ・子の看護休暇:年5日以内(小学校3年生までの子を養育する社員に限る)
 ・短時間勤務:妊娠中または子が小学校6年生を修了するまで選択可能
 ・在宅勤務:子が小学校3年生を修了するまで選択可能(その他適用条件も有)
 ・保育所:東京でコンソーシアム型保育所*を利用できる制度をトライアル導入(*利用枠単位で複数の企業や自治体が利用する保育所)

◇労働時間管理
 ・労働時間を適正に把握し適切に管理するシステムを導入するとともに、時間外労働を削減の取り組み「さよなら残業~Action5~」を全社で実施しています。

◇休暇の取得促進
 ・第1連続休暇(連続5日間)および第2連続休暇(連続3日間)の取得を呼びかけています。
 ・年休取得奨励日やメモリアルデーの休暇取得も積極的に行われています。

上記以外にも、全ての社員が活き活きと働くことができるよう環境の整備に努めています。
福利厚生 企業の生産性向上のためには、各社員が持てる能力を最大限に発揮することが必要です。
そのためには、社員が安心して働ける職場環境と生活基盤の整備、そして余暇の充実が重要となります。
当社では、各種福利厚生制度を完備し、社員がメリハリある働き方を実現できるようサポートしています。

1.住まいについて
 ・入社後、自宅から通勤が困難な勤務地に配属された場合は、独身寮に入居することができます。
 ・寮や社宅は本社および各事業所から通勤しやすい地域にあります。
 ・寮や社宅がない事業所の場合は、借上げの独身寮または社宅に入居することが可能です。
 ・社宅や寮を利用しない社員は各々の状況ごとに住宅手当が支給されます。

2.オフィス環境について
 ・本社ビル、各支店、研究所は、通勤や出張に便利な駅の近くに構えています。
 ・本社・各製油所・製造所・研究所には社員食堂を完備。
 ・社員食堂のない事業所に勤務している社員には昼食補助が支給されます。

3.余暇について
 ・当社の社員は、JXTGグループが所有する保養所(蓼科、軽井沢)を利用することができます。
 ・社員によるスポーツ等の自主活動も盛んです。各事業所には野球、テニス、ラグビー、サッカー、バドミントン、剣道、書道等の班があり、社員の交流および余暇の充実に貢献しています。

4.その他(主な福利厚生制度)
 ・健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険
 ・財形住宅貯蓄、財形住宅融資
 ・従業員持株会
 ・団体扱い保険(生命保険、損害保険、医療保険等)
 ・共済会(ライフイベントの祝金などが出ます)
 ・福利厚生代行サービス
 ・定期健康診断
 ・会社診療所の利用

採用連絡先

〒100-8162
東京都千代田区大手町一丁目1番2号 大手門タワー・JXビル

JXTGエネルギー株式会社
人事部人事グループ 採用担当

TEL : 0120-00-2629(平日9:00~18:00)
E-mail : recruit@noe.jx-group.co.jp