国立大学法人等グループ(東海・北陸地区)

国立大学法人等グループ(東海・北陸地区)の企業情報

国立大学法人等グループ(東海・北陸地区)

【教育|特殊・独立行政法人|その他団体】

明日を創る。未来を育む!
国立大学法人等の使命は、教育研究を通して人類の幸福に貢献することです。
行政機関や企業とは違う雰囲気の中、「教育・研究・医療」の現場で働いてみませんか。

≪学生・教員を支えるやりがい≫公共性・社会貢献度◎
≪抜群の働きやすさ≫福利厚生・各制度・研修が充実!
≪若手が活躍中!≫自分らしく成長できる開かれた環境

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
教育研究(高等教育機関)

東海北陸地区7県(富山県・石川県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)の国立大学法人、研究所、国立高等専門学校及び国立青少年自然の家等の運営を担っています。
また、国内のみならず、世界に向けた教育・研究プロジェクトを支え、社会に貢献しています。
各機関で規模や分野、構成員も多様で、それぞれに特色があり,仕事の領域が幅広いことが魅力です。

私たちの仕事

事務系職員の仕事は、法人のマネジメント及び教育研究支援です。具体的には、以下の業務となります。

総務、人事、企画、財務、学生支援、国際交流、医療支援、学術情報サービス等

技術系職員の仕事は、キャンパスマネジメント(電気、機械、土木、建築)及び教育研究分野の専門技術支援です。具体的に、以下の業務となります。

施設系技術職員(試験区分:電気、機械、土木、建築)
1.キャンパスマスタープラン作成
2.新築・耐震改修の計画・調査・設計・積算・検査
3.工事の発注、工事現場監理
4.省エネルギー対策の策定 など

教育研究支援系技術職員(試験区分:全分野)
1.データ解析、計測・観測技術の開発、試料作成
2.学生の実験などの技術支援・助言
3.研究・実験機器等の設計・開発・維持・管理
4.ネットワーク・システムの管理・運営
5.電子計算機利用の知識・技術の普及 など

はたらく環境

職場の雰囲気
チームワーク抜群

大学という巨大組織をマネジメントすることが仕事なので、職員のチームワークの良さは抜群です。
オン、オフの切り替えが上手い職員が多く、大学内の体育施設や文化施設を使用して、リフレッシュしています。

組織の特徴
福利厚生が充実しております!

完全週休2日制(土日休み)はもちろんのこと、年末年始(12月29日~1月3日)及び夏季休暇(5日間)も休みとなります。
また、年次有給休暇をはじめ、病気休暇・特別休暇(結婚、出産、忌引、ボランティア休暇など)も大変充実しております。

企業概要

創業/設立 2004年4月 法人化

国立大学は文部科学省の組織から離れ、独立した法人格を持つ「国立大学法人」となりました。

東海・北陸地区においては、国立大学に前後して独立した法人
となった「情報・システム研究機構」,「自然科学研究機構」,「国立高等専門学校機構」及び「国立青少年教育振興機構」についても,国立大学法人に含めて採用を行うこととなりました。
本社所在地 愛知県名古屋市千種区不老町 名古屋大学総務部内
代表者 各国立大学法人等の長
職員数 22,177人 (2018年10月現在) 
事業所 【国立大学法人12機関】
富山大学,金沢大学,北陸先端科学技術大学院大学,福井大学,岐阜大学,静岡大学,浜松医科大学,名古屋大学,愛知教育大学,名古屋工業大学,豊橋技術科学大学,三重大学

【大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構1機関】
国立遺伝学研究所

【大学共同利用機関法人 自然科学研究機構4機関】
核融合科学研究所,基礎生物学研究所,生理学研究所,分子科学研究所,岡崎統合事務センター

【独立行政法人 国立高等専門学校機構8機関】
富山高等専門学校,石川工業高等専門学校,福井工業高等専門学校,岐阜工業高等専門学校,沼津工業高等専門学校,豊田工業高等専門学校,鳥羽商船高等専門学校,鈴鹿工業高等専門学校

【独立行政法人 国立青少年教育振興機構5機関】
国立立山青少年自然の家,国立能登青少年交流の家,国立若狭湾青少年自然の家,国立乗鞍青少年交流の家,国立中央青少年交流の家
気になる

20人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません