株式会社 松栄堂

株式会社 松栄堂の先輩社員、OB・OG情報のインタビュー

株式会社 松栄堂

【その他専門店|化学|化粧品】

O.K

T.K (2012年入社)

長岡京工場 製造部   

職種 生産・製造機器運用・メンテナンス
出身校 同志社大学
   
専攻分野 理学系

インタビュー

お香のカタチは美しいのが当たり前

  • 私は、製品が会社の看板という意識を持っていますので、それに恥じないものをつくりたい。断面やまっすぐさなどを見ても、松栄堂のお香は圧倒的に綺麗だと自負しています! お香は、香りが勝負なのは当たり前です。だからこそ見た目も美しいものに仕上げる! これがお香を製造する者の使命だと思っています。そして、お線香であれば、確実に燃焼し、折れ難いという機能性を持たせることも私たちの役割です。

    具体的な教育プログラムがあるわけではないのですが、製造に携わる者は、みんなそういう意識を持っています。もちろん先輩から口酸っぱく言われますし、お線香と真剣に向き合い、対話をするかのように仕上げています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    お香は日本人らしい感性が現れていると感じた

    就職活動のときは、インフラ関係など、大きな機械を扱うような大企業を中心に見ていました。ただ、そればかりだとなんとなく偏りがあると思ったので、京都の中小企業にも目を向けはじめました。そういえば母が昔から使っているお香は、京都にある松栄堂という会社が作っていることを思い出し、とりあえず会社説明会で話を聞いてみようと思ったのがきっかけです。

    説明会でまず思ったのは、単純に、面白そうな会社だな、ということ。そしてお香って非常に日本人的な感性が現れていると。何でも単一化が進んでいる中で、絶対的な特徴とか個性を持っているものって、必ず脚光を浴びるときが来ると思うんです。松栄堂の事業内容に可能性と潜在性を感じました。あと、自分が入社してこの会社に足りないものを強化したい! 影響を与えたい! って思ったんですよね。

  • 今後の目標・将来の夢

    メーカーの要、長岡京工場を強化する

    現状に満足して、今のままで良いと思っている人ではなく、常に前へ、そして上を目指して挑戦してくれる人と仕事がしたいです! 私はメーカーの要であるこの工場を強化したいんです。例えば、製造技術をマニュアル化するかどうかという話題もよくありますが、今の規模や今後のことを考えると、昔ながらの職人気質だけに収まっている必要はないと思っています。強い生産体制を作るためにも、見えるかたちにできるものは、かたちにして共有したいです。でも、ハード面だけでは十分な品質には届かないので、先輩がいかに熱く、口酸っぱくものづくりの姿勢を伝えられるかという、ソフト力も同じくらい大事です。世間一般的に評価されているやり方を当てはめようとは思いません。必ず松栄堂カラーに見合う、やり方があるはず。それを共に目指してくれるひとに出会いたいと思っています。

  • メッセージ&アドバイス

    学生のみなさんへ

    仕事は人生の大部分をつぎ込むもの。ステイタスにとらわれるのではなく、自分のしたいことを突き詰めて、楽しいと思える仕事につくべきだと思います。会社の人とのやり取りの中で、素の自分で話ができたかどうかも判断のひとつになるのでは。お互いに素直な状態で会話ができれば自然と縁がつながっていきますよ!

仕事の特徴

  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事
  • 文化・伝統を継承する仕事
気になる

106人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません