株式会社仙台進学プラザ

株式会社仙台進学プラザ(センダイシンガクプラザ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

株式会社仙台進学プラザ

【教育】

先輩情報

渡邉 昇祐(2017年入社)

第二事業部 第二グループ いわき進学プラザ 泉教室  教室責任者

職種 教師・講師・インストラクター・保育士
   
出身学部 教育文化学部 国際言語文化課程
専攻分野 文学系

インタビュー

信頼関係を築き、相手の記憶に残る仕事

  • 私の仕事は、他者の人生に関わる責任のある仕事です。生徒の思いと保護者の思いを汲み取り、実現していくことが使命です。これらを実現するためには、何よりもコミュニケーション能力が欠かせません。生徒や保護者の思いを話していただけるだけの信頼関係を築く必要があるからです。生徒の「趣味は、家庭環境は、学校の様子は」など様々なことを話し、些細な変化にも気を配らなければなりません。この積み重ねで、信頼関係は築かれると思います。そして、その生徒と距離が縮まり、彼らの一生の記憶にも残る講師になることができると思います。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    「仕事は割り切り、趣味はこだわり」

    弊社に入社を決めたのは、採用面接の際に、言われた一言がきっかけになります。その一言とは、「仕事は割り切り、趣味はこだわり」でした。この言葉は「仕事はあくまで仕事。そこを仕事だと割り切って行えば、辛いことは少なくなる。その分趣味の時間にこだわりを持って没頭すれば良い。」という意味であると思います。この言葉の意味を正しく捉えることができているかどうかは、不安です。しかし、社会人として仕事をする際に、この言葉が今現在も私の根幹になっているのは間違いありません。

  • 思い出に残る仕事

    ある生徒との出会い

    私は、入社1年目の教室でのある生徒との出会いが一番印象深く残っています。その生徒は1年生の夏を皮切りに2年生の後半まで、学校に通うことができなくなってしまっていました。その状況を変えるため、3年生の春に入塾し、毎日勉強を頑張っていました。ただ、思うように成績は上がらず、悔しい思いを何度もして、面談の際には何度か泣いている姿も間近で見てきました。その子の志望する学校の偏差値を超えたのは、3年生の冬、本番直前で、思わずハイタッチをしました。そのままの勢いで入試も無事合格し、その子は真っ先に塾に来て泣いていました。不登校という重荷を背負いながら、上位校に合格するまでのその生徒の心境は、決して明るくはなかったと思います。それでも腐らず、努力し続け、得られたものは、最高の結果でした。これは、私にとって最も印象深い思い出です。

  • メッセージ&アドバイス

    相手の機微を察知する力

    この仕事は、相手のことを考える力が何よりも大切であると思います。今相手の望んでいることは何かを理解できると、どのタイミングで手を差し伸べれば良いかが理解できるからです。今その子にはどのような言葉や口調が適切か、また伝える場所や時間はどうか、など常に相手のことを考える必要があります。そのため、皆さんにはぜひ、積極的に話しかけることをしていただきたいと思います。相手については、例えば、アルバイトをしている人であれば、そこのお客さんなど、少し距離が遠い人と話すと練習になると思います。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事
  • 人を育てる仕事