株式会社キンセイ産業

株式会社キンセイ産業(キンセイサンギョウ)の新卒採用・企業情報

正社員

株式会社キンセイ産業

【プラントエンジニアリング】

「夢をかたちに 声を技術に」私たちは”人と企業と地球環境のよりよい調和”の実現に向けて活動しています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 実力と成果を重視

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
燃焼は化学。世界で初めて「乾溜ガス化焼却システム」を実現しました。

地球に生きる私たち一人ひとりにとって環境問題への取り組みは重要なテーマです。当社は1967年、まだ世の中に“環境”という言葉が生まれていない時代に燃焼を化学と捉え、原理原則を追及、世界で初めて「乾溜ガス化焼却システム」を実現させました。当社のスローガンは「夢をかたちに 声を技術に」。燃焼を見つめ直し、サーマルリサイクルなどによる循環型環境装置を目指し、積極的な技術開発を進め、お客様に最適なシステムを提供。”人と企業と地球環境のよりよい調和”の実現に向けて活動しています。

事業・商品の特徴
完全オーダーメイド製品

乾溜ガス化燃焼システムはキンセイ産業でしか造れない製品。なぜかというと、技術自体に特許を取得しているからなんです!
営業から設計・製造・アフターメンテナンスまで社内で一貫して行うことで、品質の高い技術を提供する事が可能となりました。
また、こうした特殊な装置だからこそ複数拠点を持たず、高崎の本社工場のみで製造を行っています。
お客様のニーズに応えるため、製品は完全オーダーメイド。同じ装置はありません。時には希望に応えるべく、新しい技術の開発も行います。開発部門が会社内にあるのもキンセイ産業の大きな強み!担当だけでなく、社員全員でお客様の夢をかたちにするべく、協力して取り組んでいます。厳しいことも多いですが、だからこそやりがいを感じて仕事に取り組めるのかもしれません。

私たちの仕事

当社の装置は、北海道から沖縄まで日本全国でご使用して頂いています。海外へも積極的に展開しており、アジアを中心にグローバルな活動を行なっています。豊富な実績・経験と培ったノウハウを活かし、お客様の要望に応じた個別設計で、唯一無二を実現しています。
【事業内容】
産業廃棄物焼却プラント、各種焼却装置、汚泥乾燥装置、廃熱ボイラーの企画・設計・制作・施工・保守管理

はたらく環境

オフィス紹介
風通しの良い職場。社員同士の交流行事や「家族会」を実施しています。

少人数の当社は、社長から新入社員まで関係なく意見交換できる、風通しの良い職場です。社内研修はもちろん、仕事以外での社外イベントを通じて、社員同士の交流を図っています。 ソフトボール大会や牡丹の会(バーベキュー)・いちご狩り・社外清掃活動などの行事や、日頃、社員を支えてくださっているご家族に感謝の気持ちを伝える「家族会」を毎年実施しています。

企業概要

創業/設立 設立:1967年3月
本社所在地 群馬県高崎市矢中町788
代表者 代表取締役社長 金子正元
資本金 5千万円
売上高 25億円(2019年3月期)
従業員数 50人 (2019年10月現在) 
事業所 ・東京営業所
・新潟工場

採用連絡先

総務部 採用チーム
〒370-1203 群馬県高崎市矢中町788
TEL:027-346-2161 Mail:somu@kinsei-s.co.jp