西本Wismettacグループ

西本Wismettacグループ(ニシモトウィズメタックグループ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

西本Wismettacグループ

【商社(食品)|食品|商社(総合)】

【食で、世界を切り開け】
私たち西本Wismettacグループは、一世紀を超えて日本と世界を「食」で繋いできた食品専門商社です。「食」の世界を舞台に確固たる地位を築いており、輸出入のビジネスだけでなく、三国間貿易や海外での卸売事業など、食品専門商社の枠組みを越えた取り組みを行っています。
グループ持株会社である西本Wismettacホールディングス(株)は、
2017年9月に東証一部に上場、
2019年1月に事業子会社の西本貿易(株)とWismettacフーズ(株)が合併し、
事業子会社名がWismettacフーズ(株)となりました。
今後も「世界の食を、日本へ。日本の食を、世界へ。」をスローガンに、世界市場に食材、食品を供給するグローバル企業として、社会の発展に貢献することを目標に事業を展開し、更なる企業価値の向上に努めてまいります。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 海外事業展開に積極的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
100年以上の歴史を持つ、食材・食品専門商社です。

1912年、神戸にて創業した西本Wismettacグループ。1920年には米国にてシアトル支店を設置し、日系移民の方々に向けた日本食の輸出に力を注いできました。創業以来培ってきたパイオニア精神のもと、100年を超える歴史の中でチャレンジを続け、「食」の専門商社として世界を舞台に確固たる地位を築いています。

現在、当グループには2つの中核となる事業会社がございます。
【Wismettacフーズ株式会社】
日本食、エスニック・フードの輸出やアメニティフーズの企画開発・販売を展開。
そして輸入青果の領域で圧倒的な存在感を示しています。

【Wismettac Asian Foods, Inc.】
北米に23拠点を設け、米国とカナダでの日本食、エスニックフード卸売業のリーディングカンパニーとして活躍。

適地適作の食材調達と徹底した品質管理を行い、高い顧客満足と厚い信頼を獲得しています。

私たちの仕事

私達、西本Wismettacグループは、「世界の食を日本へ、日本の食を世界へ」というビジョンを見据え、
下記3つの事業を展開しています。

★農水産商社事業★
生鮮青果、冷凍加工青果、水産物等を主に国内の卸売市場、食品メーカー、量販店、外食などに販売しております。特に生鮮青果においてはサンキストグロワーズ社の総輸入代理店として、輸入柑橘類で国内トップクラスの市場シェアを誇っています。また、柑橘類だけでなく、トロピカルフルーツ、野菜など青果全般に渡っての販売を行っております。

冷凍加工食材カテゴリーでは、世界の農産原料の産地開発から輸入までを一貫して手掛けており、国内の食品メーカー向けの原料をはじめ、外食、中食、量販店などに多様な商品を提供しております。

水産品、農産品におきましてはアジア食グローバル事業の仕入リソースを活用し、国内での販売に取り組んでおります。
また、国産青果の輸出や三国間貿易を通じて、中国、香港、東南アジアをはじめとした海外販路の拡大にも取り組んでおります。

★アジア食グローバル事業★

日本食を中心としたアジア食品・食材などを米国、カナダをはじめ、欧州、アジア、豪州など海外の日本食レストラン、スーパーなどに販売しております。

また、商品の仕入におきましても、米国、日本、中国、東南アジアをはじめとしたグローバルでの調達を行っております。
大正10年に商標登録をしたプライベートブランド Shirakiku は、今日においても有数の日本食ブランドとして認知されており、米国全土で広く親しまれています。

日本食といえば今や国境や人種の壁を超えたグローバルな食文化へと進化しており、米国においては日本食販売最大手の一社として、約8,400以上のアイテムを販売しております。

また、国内メーカーの日本食については、各国への輸出者としての役割を果たしており、高品質でバラエティーに富む日本の食品は、日系人だけでなく海外の現地の方々にも広く親しまれています。世界各地で食の多様化、また健康志向が進んでおり、日本食の需要は年々高まっています。今後は、当社のプライベートブランドの開発や、オリジナル性の高い商品の提案や販売戦略を推進していくことで、さらなるマーケットの拡大を目指します。

アジア食グローバル事業の輸出国は30ヵ国以上にのぼり、過去5年間でほぼ倍増の売上実績を残しています。

各国の主要都市において、日本食が定番メニューとなっていることはもちろんですが、各地域の食文化とも融合して、近年ではさらに新しい食のニーズが生まれています。当事業では、単なる輸出ビジネスにとどまらず、徹底した「マーケット・イン」の視点のもとで、国や地域による食のニーズを的確に捉えた商品企画・開発、営業販売を実践しています。

★アメニティフード事業★
食品事業とは一線を画す事業を展開しています。活動のコンセプトは、喜び(Pleasure)を生み出し(Producing)提案する(Presenting)という3つのP。日本にはないユニークな海外のブランド食品を日本市場に紹介するとともに、バレンタインやハロウィン、クリスマスなどの季節ごとに展開されるシーズンイベント商品を自ら企画・開発・販売しています。また、ライセンスビジネスとしてキャラクター商品の食品玩具も企画・販売しています。販売先の業態は輸入食品店・バラエティショップ・生活雑貨店・量販店など多岐にわたっており、来店されるお客様、ショップのロケーション、またその時期の流行や季節に応じて、どのような商品が求められるかを分析し、常に新しい商品と売場づくりを提案し新たな価値を提供します。

はたらく環境

社風
新しい事にチャレンジしたい人を歓迎します!

事業拡大を支える人材として私たちが求めるのは、自らビジネスチャンスを見つけ、ルートを作り、立ちはだかる困難を乗り越えていけるようなアグレッシブな方です。例えば、ゼロから新興国で新規顧客開拓を行い、売れる商品を見つけてくる。そして、仕入先メーカーと価格や原材料の交渉を行い、その国で流通できる商品を創っていく。今までなかった新たなマーケットを創出することは、大変なやりがいと達成感を感じるはずです。

企業概要

創業/設立 1912年創業
本社所在地1 〒103-0022
東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号
日本橋室町三井タワー15階
(西本Wismettacホールディングス株式会社、Wismettacフーズ株式会社)
本社所在地2 ロサンゼルス(13409 Orden Drive ”Building J” Santa Fe Springs,CA90670-6336)
(Wismettac Asian Foods, Inc.)
代表者 【西本Wismettacグループ/西本Wismettacホールディングス株式会社】
代表取締役会長 洲崎 良朗
代表取締役社長 金井 孝行

【Wismettacフーズ株式会社】
代表取締役社長 辻川 弘

【Wismettac Asian Foods,Inc.】
Director, Officer, President and CEO Daryl J. Gormley
資本金 西本Wismettacホールディングス(株) 26億4,617万円(2017年10月)
売上高 グループ連結 1,822億2,000万円(2018年12月)
従業員数 グループ連結 1,676名 (2018年12月現在) 
子会社・関連会社 ・慧知旺食品商貿(上海)有限公司
・愛品盟果業貿易(上海)有限公司
・NTC Wismettac Singapore Pte, Ltd.
・NTC Wismettac Australia Pty, Ltd.
・NTC Wismettac Europe B.V.
・Harro Foods Limited(英国)
・Wismettac Nippon Foods Company Limited(香港)
事業所 【西本Wismettacホールディングス株式会社】
東京本社

【Wismettacフーズ株式会社】
東京本社、神戸支店、バンコク駐在員事務所、パリ駐在員事務所、ホーチミン駐在員事務所、ソウル駐在員事務所

【Wismettac Asian Foods, Inc.】
本社/ロサンゼルス(13409 Orden Drive ”Building J” Santa Fe Springs,CA90670-6336)
支店/アリゾナ、アトランタ、シカゴ、ダラス、デンバー、マイアミ、ハワイ、ヒューストン、ラスベガス、モントリオール、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル、トロント、バンクーバー、ワシントンDC
ボストン、カルガリー、オハイオ、オーランド、サクラメント 等

採用連絡先

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町3-2-1
日本橋室町三井タワー15階

西本Wismettacグループ 
人事部 採用担当 小野・月田

TEL:03-6870-2008
mail:ntcpsnl@ntcltd.com
https://www.wismettac.com/ja/recruit.html