防衛省 自衛隊栃木地方協力本部

防衛省 自衛隊栃木地方協力本部の過去の採用・募集情報

防衛省 自衛隊栃木地方協力本部

【官公庁】

幹部自衛官のやりがいと誇り

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
「国と社会を守る社会的意義の高い仕事ができる」

自衛隊の使命は「国の防衛」「災害派遣」「国際平和協力活動」。全員が「国と社会を守る」という純粋な目的のため同じ方向を目指しています。使命の崇高さ、チームでの任務達成などを通じ、強くやりがいを実感できます。

募集する職種

【幹部候補生】(一般、歯科・薬剤科)

<幹部自衛官の使命と役割>
 国の防衛、災害派遣、国際平和協力活動など多種多様な活動を担う自衛隊は、その任務を遂行するため全国各地に約260カ所の駐屯地・基地と約23万人の隊員を有しています。この大規模な組織の中で指揮官や幕僚として活躍するのが、部隊の骨幹である「幹部自衛官」です。
万一侵略行為が発生した場合の対処は失敗の許されない任務です。そのため、日頃の訓練にも緊張感が求められます。プロフェッショナルな部下をどのように率いて任務を達成するか。幹部自衛官には強い責任感と実行力、そして卓越したリーダーシップが求められています。
 また、自衛隊をめぐる内外の変化や任務の多様化への対応も求められるため、優れた幹部自衛官には柔軟さも必要です。国際平和協力活動などで他国と協同する任務では、多様な文化への理解も重要となります。このように、幹部自衛官には重大な使命と役割が任されています。
 幹部候補生のキャリアは、幹部自衛官の養成機関である「陸上・海上・航空各自衛隊幹部候補生学校」での生活からスタートします。ここでは、初級幹部としての必要な知識と技能を学びながら、幹部としての資質を養っていきます。全員が校内にて起居し、規則正しい学校生活を送りつつ、防衛基礎学、戦術、戦史、戦技訓練、体育、服務、防衛教養、実技などの課目を履修します。陸上・海上・航空それぞれの特色を生かした教育と集団生活の経験を通じて、幹部としての教養を培い、身体を鍛錬していきます。自衛隊には、卒業後一人前の幹部として活躍できる人材を育成する「一貫した教育システム」があります。
 幹部自衛官に昇任後は、部隊で勤務しながら、幹部初級課程や幹部中級課程などの各職種・職域の基礎教育を受けます。その後、さらに上級幹部となるために、幹部学校において指揮幕僚課程や幹部高級課程などの上級教育も用意されています。このように、幹部自衛官は階級に応じて自衛隊の各教育機関で実施する教育を受け、幹部としての高度な知識・技能の向上に努めていきます。また、こうした一貫した教育システムが有能な幹部養成につながっています。この他に、防衛大学校理工学研究科・総合安全保障研究科・国内外大学研修(修士課程、博士課程)、海外軍学校研修、会社研修などの機会もあります。

研修・社内制度

研修制度
「幹部自衛官として必要な知識を習得できる」

幹部候補生学校では、はじめから幹部自衛官となるための知識と技能を修得するための教育カリキュラムが組まれています。実務経験も豊富な教官が指導にあたるため、効率よく学ぶことができます。集団生活への不安を抱く候補生も多いですが、2、3週間も経てば慣れてきます。

■「卒業後、指揮官として早期から活躍できる」
幹部自衛官として養成され、多くの者は卒業後、指揮官として各部隊に配属されます。経験豊富な部下に支えられながら、幹部自衛官としての勉強も続けていきます。若くして部下を持つ経験は、より早く人としての成長を促します。そして、経験と知識・技能が結びつくことにより、優秀な指揮官として活躍できるはずです。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    志願書類の請求
    最寄りの自衛隊地方協力本部に請求又は自衛官募集ホームページからダウンロードしてください

  • STEP2

    提出書類及び提出先
    次の書類を取りそろえて自衛隊地方協力本部に持参又は郵送してください。
    ・志願票(所定欄に6カ月以内に撮影した写真<上半身、脱帽、正面向、縦4cm、横3cm>を貼ってください)※1通
    ・自衛隊受験票(志願票と同じ写真を貼ってください)※1通
    ・返信用封筒(宛先を明記し、返信用切手82円を貼ってください)※1通

  • STEP3

    第1次試験
    筆記試験
    試験は、各都道府県ごとに実施します。

  • STEP4

    第2次試験
    小論文試験、口述試験及び身体検査
    試験は、陸上・海上・航空自衛隊別に全国の主要都市などで実施します。

  • STEP5

    第3次試験(海上・航空自衛隊の飛行要員のみ)
    海上:航空身体検査(一部)
    航空:操縦適性検査、医学適性検査
    試験は、海上・航空自衛隊の基地で実施します。

  • STEP6

    最終合格発表

エントリー/採用方法 ●志願書類の請求
●提出書類及び提出先
●第1次試験
●第2次試験
●第3次試験(海上・航空自衛隊の飛行要員のみ)
●最終合格発表
選考方法と重視点 筆記試験(一般教養:大学教養課程修了程度、専門 :大学教養課程・大学専門課程修了程度)
筆記式操縦適性検査(飛行要員希望者のみ)
小論文試験
口述試験
身体検査(ただし、飛行要員希望者のみ航空身体検査を実施)
音楽適性検査(聴音・視唱・指揮検査。(陸上自衛隊(大卒程度試験)音楽要員希望者のみ。)
提出書類 志願票等
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 給与:月給(諸手当等を除く。) 【幹部候補生】(一般、歯科・薬剤科)
(一般)
 大卒程度試験合格者
 ・修士課程修了者など以外:223,100円
 ・修士課程修了者など  :242,200円
 院卒者試験合格者   :244,200円

(歯科・薬剤科)
 歯 科:244,200円
 薬剤科:244,200円
 大学院卒:244,200円

※1 採用時の給与は、採用予定者の職歴などにより異なります。
※2 法律の改正により改定される場合があります。
昇給・賞与・諸手当 諸手当:扶養、住居、通勤、単身赴任、地域、航空、乗組、航海 など 

昇給:年1回(1月) 

賞与:期末・勤勉手当(ボーナス)
   年2回(6月、12月) 

保険:生命共済、団体生命保険、団体医療保険、団体傷害保険、火災共済 など

年金等 退職共済年金、障害共済年金、若年定年退職者給付金 など
勤務地 駐屯地・基地等/全国各地に約260ヵ所
勤務時間 8:15~17:00(地域差あり)
福利厚生 健康管理/自衛隊病院・医療施設が完備、人間ドック受診の助成
貯金事業/普通・定額積立・定期貯金
貸付事業/普通・特別・住宅 など
物資販売事業/売店、展示即売会 など
財産形成貯蓄 など/財産形成貯蓄、財産形成年金貯蓄
休日休暇 週休2日制、祝日、年末年始・夏季特別休暇、年次休暇、育児休業 など
採用実績校 全国の国公私立大学、大学院、短大、専門学校、高専
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 約200名
昨年度採用実績(見込)数 【幹部候補生】(一般、歯科・薬剤科)

(一般)
<大卒程度試験>
 陸上自衛隊 男子 約120名  女子 約25名
 海上自衛隊 男子 約70名  女子 約20名
 航空自衛隊 約40名
<院卒者試験>
 陸上自衛隊 約25名
 海上自衛隊 約5名
 航空自衛隊 約10名

(歯科・薬剤科)
 陸上自衛隊 約10名
 海上自衛隊 約10名
 航空自衛隊 約5名
試用期間 なし
試験日程(参考 昨年実績) 【幹部候補生】(一般、歯科・薬剤科)

(一般)
 受付期間:平成30年3月1日~5月1日
 第1次試験:平成30年5月12日~5月13日(13日は飛行要員希望者のみ)
 第1次試験合格発表:6月1日
 第2次試験:平成30年6月12日~6月15日(うち指定する日)
 第2次試験合格発表:海上:7月2日、航空:7月6日
 第3次試験:平成30年7月9日~8月2日(飛行要員のみ)
 最終合格発表:陸上・海上:8月3日、航空:8月31日

(歯科・薬剤科)
 受付期間:平成30年3月1日~5月1日
 第1次試験:平成30年5月12日
 第1次試験合格発表:6月1日
 第2次試験:平成30年6月12日~6月15日(うち指定する日)
 最終合格発表:8月3日

職場データ

平均勤続年数 32.0年
大卒で定年まで勤務した場合 大卒22歳で入隊し、定年(54歳)まで勤務した場合は勤務年数32年になります。定年の年齢については階級で変動しますので一般的な年齢(54歳)で計算しています。
平均有給休暇取得日数(年間) 24.0日
有給休暇及び育児休暇について 有給については、月に2日間、年間24日の有給があります。
育児休暇についても子が3歳になるまで休暇をとることが可能です
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません