防衛省 自衛隊栃木地方協力本部

防衛省 自衛隊栃木地方協力本部の企業情報

防衛省 自衛隊栃木地方協力本部

【官公庁】

自衛隊には、陸上・海上・航空の3自衛隊があります。
文字通り「陸上自衛隊」は我が国の国土を、「海上自衛隊」は我が国周辺海域と海上交通を、「航空自衛隊」は我が国上空を守る任務についています。
各隊は協力し、連携をとって日々活動しています。

日本を取り巻く環境(情勢)は、日々変化しており、それに対する具体的な対応も求められます。弾道ミサイル攻撃、島しょ部に対する侵略、周辺海・空域の警戒監視及び領空侵犯、武装工作船、大規模災害等など新たな脅威はまだまだ多くありますが、こういった脅威に対し力をあわせて我が国を守ります。そのために、平素から警戒監視や部隊の迅速な行動・対処を徹底する訓練を重ねています。

私たちの魅力

事業内容
平和を仕事にする

自衛隊の使命の第一は日本の平和と独立を維持することです。国際社会において地域紛争や国際テロなど、複雑で多様な問題が発生し続けている中で、日本がその影響を被る可能性はゼロではありません。万一、武力攻撃などの有事に見舞われた場合に、国民の生命と財産を守るためには、常日頃からの備えが必要不可欠です。

自衛隊では、平時においてもさまざまな準備・訓練を行い、万一外部からの侵略行為があった場合には即座に効果的な対応ができるように備えています。また、日本周辺の海や空を常時パトロールして有事の可能性をいち早く発見するなど、国民の生活が脅かされることのないよう防衛力の強化に努めています。これらの取り組みを通じて自衛隊の確かな防衛力を広く示すことは、侵略行為の未然防止にもつながっています。

わが国は、その地形、地質、気象などの条件から自然災害が発生しやすく、国民の安全を確保するためには各種事態に備えることが必要です。自衛隊では、大規模な自然災害や原子力災害など特殊な災害の発生に際して、国民の生命及び財産を守るため、国内のどの地域においても災害派遣ができる態勢を保持しており、地震・噴火などの自然災害や火災・海難・航空機事故からの人命救助、捜索や被災民の生活支援、被災地の復旧などのほか、離島などの救急患者を航空機で緊急輸送しています。各種の災害に迅速かつ的確に対応するために、災害派遣計画を策定するとともに、平素から計画の実効性を高めるための訓練をはじめとしたさまざまな取り組みを行っています。

今日の国際社会は、国際テロ、複雑で多様な地域紛争といった地球規模の問題に直面しています。このような問題解決のため、国際社会が一致団結して取り組む国際平和のための活動に、わが国も国際社会の一員として積極的かつ主体的に取り組んでいく必要があります。

私たちの仕事

自衛隊は、国民の生命・財産と領土・領海・領空を守ることを任務とし、わが国に対する侵略事態に備えるための体制を整備しています。また、不審船・武装工作員などによる活動、核・生物・化学兵器によるテロなど、必ずしも防衛出動に至らない場合であっても、わが国の平和と安全に重要な影響を与える事態や大規模な災害などに対しては、関係機関と連携し、迅速かつ的確に対処し得るような即応態勢を維持・向上させています。

はたらく環境

働く仲間
自衛隊員の一人ひとりがわが国の国際平和協力活動の主役

自衛隊は湾岸戦争後、掃海艇をペルシャ湾に派遣して以来十数年間、国際平和のための活動を継続してきました。今後も国際的な安全保障環境を改善し、わが国に脅威が及ばないようにするため、国際平和協力活動がさらに重要な位置付けとなる中、自衛隊が行う国際平和協力活動はこれまで以上にその重要性を増し、派遣される自衛隊員の一人ひとりがわが国の国際平和協力活動の主役として活躍することが求められています。

企業概要

創業/設立 創業/設立 昭和25年8月(1950年)
本社所在地 〒320-0043
栃木県宇都宮市桜5-1-13
代表者 代表者 防衛大臣
栃木地方協力本部長 一等陸佐 諸石 正弘
職員数 自衛官現員
約23万名 (2018年03月現在) 
事業所 ◎本部
栃木県宇都宮市桜5-1-13 宇都宮地方合同庁舎2階
・大田原地域事務所
栃木県大田原市富士見町1-3921 那須トラベル2階
・宇都宮分室
栃木県宇都宮市明保野町1-4 宇都宮第2合同庁舎2階
・真岡募集案内所
栃木県真岡市西郷2585-252 栄光ビル2階
・小山地域事務所
栃木県小山市駅東通り1-25-20
・足利地域事務所
栃木県足利市南町4254-1 ニューミヤコホテル1階
気になる

1人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません