千葉市役所

千葉市役所の企業情報

千葉市役所

【官公庁】

千葉市は、千葉県の県庁所在地であり、県内唯一の政令指定都市です。基礎自治体として市民の喜怒哀楽が肌身に感じられ、まちづくりの実感が得られると同時に、都道府県と同等の大きな権限と財源を持つことで、幅広い業務に挑戦できるといった、魅力とやりがいに満ちた職場です。

  • 地域に密着した事業展開

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
将来につながる魅力的なまちづくりを目指して意欲的に挑戦!

千葉市は、首都圏を代表する大都市として発展を続けてきました。
しかし、全国的に人口減少が進むと予想される中、千葉市も今、成長から成熟の都市へと切り替わりつつあります。
そうした状況を踏まえ、千葉市は、持続的な発展につながる未来への投資を着実に行い、「訪れてみたい、住んでみたい、住み続けたい」魅力あるまちであり続けるため、様々な取組みを進めています。
例えば、貝塚としては日本で初めて特別史跡に指定された「加曽利貝塚」をはじめ、「オオガハス」「千葉氏」「海辺」の4つの地域資源を活かしたまちづくりに加え、緑・里・農を活かした内陸部ならではの魅力づくりなど、「千葉市らしさ」が感じられるまちづくりを積極的に進めています。
また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、オリンピック3競技・パラリンピック4競技が幕張メッセで行われ、千葉市に世界中から注目が集まることとなり、千葉市にとって、都市の発展や魅力の発信にとどまらず、多様性に対応した共生社会の実現など、新たな挑戦への絶好の機会となります。
さらに、「幕張新都心を中核とした近未来技術・多文化都市」を目指して国家戦略特区の指定を受け、ドローンによる宅配サービス・セキュリティや自動運転モビリティの導入、特区民泊など、先進的な特区プロジェクトに取り組んでいるところです。
このように、未来を見据えて様々な挑戦を続ける千葉市には、皆さんが思う存分に力を発揮し、活躍できる様々なステージがあります。そして、これらの挑戦を続けていくためには、皆さんの熱い情熱と豊かな感性が必要です。
千葉市では、郷土の歴史を誇りに思い、難題に対しても果敢に前向きに取り組みながら、市民とともに千葉市の未来を作り上げていける、意欲ある若者を求めています。97万人の市民一人ひとりが将来に明るい希望を持ち、千葉市が魅力と活力にあふれるまちとしてさらに発展するよう、千葉市の未来を一緒につくっていきましょう。

私たちの仕事

市民に身近な区役所等での窓口応対・訪問指導や各種施策の企画立案・事業推進など市政全般にわたる幅広い仕事をします。

はたらく環境

組織の特徴
あなたらしさを活かせる無限のワークフィールド

全国をリードする仕事や、千葉市ならではの取組など、皆さんの情熱を存分に発揮できる様々なステージが用意されています!

業務内容についてご興味がある方は、千葉市職員募集ホームページ(city.chiba.jp/go/boshu/)にぜひアクセスしてみてください!

企業概要

創業/設立 1921(大正10)年 市制施行
1992(平成4)年 全国で12番目の政令指定都市になる
本社所在地 千葉県千葉市中央区千葉港1-1
代表者 千葉市長 熊谷俊人
職員数 11,569人 (2018年04月現在) 
事業所 市役所、区役所、市民センター、保健福祉センター、市立病院、保健所、土木事務所、消防署、図書館 等
平成31(2019)年度の試験日程を公表中! 「平成31(2019)年度千葉市職員採用試験(上級、中級、初級、資格免許職、民間企業等職務経験者及び障害者)」試験日程(概要)を公表しています。

▼詳しくは、千葉市職員募集ホームページをご覧ください。
http://www.city.chiba.jp/jinji/boshu/index.html
気になる

22人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません