野川商事グループ(ノガワショウジグループ)の新卒採用・企業情報

正社員

野川商事グループ

【商社(総合)|食品|スーパー】

野川商事グループは「食糧からエネルギーまで地域繁栄のパイプ役」をモットーに、地域の皆様に愛される会社づくりを目指しております。

食品やガスなど、地域の皆様の生活に密着した商品を幅広く取り扱い、景気の影響を受け難い安定した経営基盤が当グループの強みです。

私たち採用担当は、「真心」をモットーに、皆様の就活のお手伝いをしたいと考えております。弊社のことだけでなく、何でもご相談下さい。
皆さまにお会いできますことを、楽しみにしております。

  • 多角的な事業展開

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
地域と人をつなぐ『地域繁栄のパイプ役』

野川商事グループは「食糧からエネルギーまで地域繁栄のパイプ役」をモットーに、生活に必要とされるあらゆる物を商品として取扱い、その多様な業種に特化したプロフェッショナルが、各業種ごとにお客様への技術提案、経営提案、情報提供、そして新商品の提案を行っています。

私たちの仕事

当グループは元々、野川商事株式会社の1社でしたが、取扱業種をさらに特化させ、より地域に密着した営業展開、そしてお客様へのよりよいサービスを提供していくために分社化、現在は全8社のグループ企業となりました。現在は「週末びっくり市」をはじめ、野川商事グループは県内に18拠点、県外に3拠点(宮城・東京)の事業所を構え、営業活動を展開しています。

時代の流れと共に卸業から小売業へ事業内容をシフト、取扱商品はLPガス、燃料油、一般食料品、農産物、農業関連商品、宝飾品等、多岐にわたり、ワイドな事業展開を推し進めてきた事から、不景気にも左右されない安定した事業基盤を築いてまいりました。

はたらく環境

職場の雰囲気
グループごとの雰囲気

野川商事グループ全8社、その雰囲気や社風はその会社ごとに異なります。

野川食肉食品センター「週末びっくり市」のような活気溢れる職場もあれば、野川商事のように事務職がメインの落ち着いた雰囲気の職場もあります。

それぞれの会社の雰囲気や社風を知るには、実際に職場を見たり、働いている社員と話してみたりすることが一番だと思います。
ぜひ、会社説明会や会社訪問でに参加し、自分の肌で感じてみてください。

企業概要

創業/設立 昭和37年7月23日 野川商事株式会社 設立
本社所在地  ■グループ本社/山形県天童市万代1-2
  野川商事(株)・(株)野川ファーム・
  (株)野川食肉食品センター・(株)野川ガス住宅設備

 ■(株)天童給食センター/天童市鎌田1-13-16 
 ■(株)野川宝石/天童市老野森1-4-32
 ■(株)山形互助センター/天童市鎌田1-13-41
 ■(株)みうら食品/東根市大字沼沢2030-1
代表者 代表取締役 野川 勝弘
資本金 1億円
売上高 152億円(2020年1月期)
従業員数 693名 (2020年01月現在) 
事業所 山形県18拠点・宮城県2拠点・東京都1拠点

採用連絡先

野川商事株式会社 
担当:大山 賢司 
TEL:023-653-4151 
FAX:023-653-0663 
E-mail:saiyo@ngw.co.jp