株式会社京都新聞社

株式会社京都新聞社(キヨウトシンブンシヤ)の採用情報・募集要項

正社員

株式会社京都新聞社

【新聞】

高い問題意識、独自の視点や実行力で、「報道のプロ」を目指す人材を求めています。

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 独身寮・社宅あり

  • 離職率が低く安定

私たちの採用について

求める人物像
自ら考え、行動する力

 記者職には自ら考え、行動する力や、真実を粘り強く追求する姿勢だけでなく、フットワークの良さや熱い気持ちも求められます。新聞は、多種多様な事象や意見を載せています。それだけに、さまざまなものの見方や客観的な視点、独自の発想を持つなどの多様な人材を必要としています。新聞は日々発行を続けていますので、失敗してもそれを糧にして高みを目指す前向きな姿勢も大切です。
 技術職は、システムエンジニアやウェブプログラマーとしての基礎知識を備えた上で課題を解決できる人材を求めます。もちろん、記者職と技術職には、従業員間でコミュニケーションを深め、連携して職務に当たる意識と姿勢が不可欠です。

募集する職種

記者職と技術職を募集します。記者職は、記事執筆や写真撮影などを行う取材記者や、見出しを付けたり紙面のレイアウトを担う整理記者として勤務します。技術職は、自社ウェブサイトの管理運営や新聞制作システムの維持管理などを行います。

研修・社内制度

研修制度
社員研修

 新入社員研修は入社(通常は4月)から1カ月にわたって実施します。配属される可能性のある各部門の概要説明、実地研修、専用の記者パソコンや写真撮影の研修などのほか、人権尊重やマナーなど、社会人として必要不可欠な取り組みも行っています。また、読者と最も身近に接する機会のある新聞販売店での研修も実施します。
 その他、入社半年や2年目の節目研修、新任管理職研修も行っています。また、「月例記者塾」と題して、社内外の講師を招いた自主参加の記者勉強会を随時開催しています。

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    【説明会】本社での説明会では当社記者(複数名)から記者の働き方など詳しく説明します。その他会場での説明会は主に採用担当者(記者経験者)が説明します。気になることや知っておきたい事はぜひ質問してください。

  • STEP2

    【エントリー】当社指定の書類(当社ホームページからダウンロード)と当社が指定した課題作文を提出していただきます。
    キャリタス就活または当社採用HPからのエントリーもお願いします。

    【書類選考】提出された志願書や作文を基に書類選考を行います。

  • STEP3

    【選考試験】
    (2020年卒時、2021年卒は変更される可能性もありますのでご了承ください)

    【一次試験】筆記試験と作文で選考を行います。

    【二次試験】当社幹部による面接や集団討論などで選考を行います。

    【三次面接】当社役員による面接で選考を行います。

エントリー/採用方法 ▽2021年4月定期採用の応募方法
 京都新聞ホームページ(https://www.kyoto-np.co.jp/)かキャリタス就活から2020年3月1日~4月10日までにエントリーした上で、志願書とアンケート、作文と成績証明書を4月10日(必着)までに郵送してください(持参は不可)。全ての書類が届いて、正式な応募受理となります。
※書類選考をした上で、通過者には4月下旬に1次試験の受験票を送付します。

▽1次試験(筆記)について
・日時 2020年6月6日(土)午後1時
 ※新型コロナウイルス対策のため、5月10日の実施日を変更しました
・会場 【京都】京都新聞文化ホール(京都新聞本社7階)=京都市中京区烏丸通夷川上ル
【東京】TKP銀座ビジネスセンター(京都新聞銀座ビル)=東京都中央区銀座8丁目2-8
※2次試験以降は京都で実施します。2次試験の詳細は1次試験通過者に通知します。
選考方法と重視点 ▼2021年の選考の流れ(2次試験以降については2020年4月定期採用の選考方法を記しています)
書類審査→1次試験=筆記(時事問題など)と作文→2次試験=集団面接、グループ討論→3次試験=役員面接
提出書類 エントリーシート、成績証明書
【2021年4月定期採用の提出書類】
・志願書(所定用紙、顔写真を貼付する)
・ アンケート(所定用紙)
・作文(所定用紙、400字以内)。タイトルは「京都新聞社を志望する理由」
・成績証明書か成績表。既卒者は卒業証明書(2020年3月時点、最新のもの。コピー可)                
※上記の所定用紙は京都新聞ホームページからダウンロードしてください。全て自筆、手書きで記入してください。
応募資格(学歴、学校種) 大学、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、高専、大学院 卒業の方
1988年(昭和63年)4月2日以降の生まれで、記者職は4年制大学卒業以上(2021年3月卒業見込みを含む)、技術職は大卒、高専、デジタル関連の専門学校卒業以上(21年3月卒業見込みを含む)。
※学部・学科・専攻は問いません。既卒者、社会人も可。

募集要項

初任給 月額245,700円(大卒の場合、2019年実績)※一律厚生手当含む
月額257,300円(大学院修了の場合、2019年実績)※一律厚生手当含む
月額234,100円(高専卒の場合、2019年実績)※一律厚生手当含む
昇給・賞与・諸手当 昇給/年1回
賞与/年2回(夏季、年末)
手当/厚生手当、家族手当、日曜・祝日出勤手当、宿直手当、深夜手当など。通勤費は全額支給です。
勤務地

京都府、滋賀県、東京都、大阪府
京都府内には本社の他に支社、総局、支局を計10カ所設けています。滋賀県内には滋賀本社(大津市)の他に総局と支局が計6カ所あります。

詳細を見る
勤務時間 9:30~17:30、10:00~18:00など(業務によって異なる)。所定勤務時間は8時間(休憩1時間を含む)。
福利厚生 ・福利厚生制度=健保組合、各種社会保険、共済組合、社内融資制度あり
・社宅=京都市内に1カ所。他の勤務地については借り上げ社宅制度を設けています。本社には診療所もあります。
休日休暇 週休2日制(曜日などは勤務パターンにより異なる)
年間休日100日+夏季休暇4日+年末年始休暇3日。
年次有給休暇は初年度12日、勤続5年以上で年間25日。
その他、結婚休暇、忌引休暇、永年勤続慰労休暇(勤続10年で5日)などがあります。
採用実績校 同志社大学、立命館大学、京都大学、関西大学、関西学院大学、京都産業大学、龍谷大学、北海道大学、東北大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、東洋大学、千葉大学、信州大学、静岡県立大学、愛知大学、滋賀大学、滋賀医科大学、京都工芸繊維大学、京都教育大学、京都府立大学、同志社女子大学、大阪大学、大阪教育大学、大阪市立大学、大阪学院大学、神戸大学、奈良女子大学、徳島大学、広島大学など
採用予定学部学科 学部・学科は問いません(文系・理系全て)。
今年度採用予定数 若干名
昨年度採用実績(見込)数 2020年度(2020年4月入社)見込み4人
2019年度(2019年4月入社)実績6人(うちキャリア採用1人)
試用期間 なし

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2019年度:採用人数5名、うち離職者数0名
2018年度:採用人数4名、うち離職者数0名
2017年度:採用人数8名、うち離職者数0名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2019年度:男性2名、女性3名
2018年度:男性3名、女性1名
2017年度:男性5名、女性3名
平均勤続年数 20.7年
キャリア(経験者)採用も実施 定期採用とは別にキャリア(経験者)採用も実施しています。2019年度は1名、18年度は3名、17度年は2名(いずれも記者職)が採用されました。
平均年齢 43.7歳
平均残業時間(月間) 22.3時間
平均有給休暇取得日数(年間) 14.9日
育児休業取得者数(男女別) 男性:取得者2名(対象者7名)
女性:取得者0名(対象者0名)
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 0%
管理職: 8.9%
平均残業時間 ※平均残業時間(月間)は2019年(1~12月)の実績です

採用連絡先

〒604-8577
京都市中京区烏丸通夷川上ル
京都新聞社 経営企画局 総合計画部 採用担当
TEL075-241-5833(土日祝日を除く午前9時半~午後5時半)