ワヨー株式会社

ワヨー株式会社(ワヨー)の先輩社員、OB・OG情報

正社員 応募受付終了

ワヨー株式会社

【広告|調査・研究・シンクタンク|ディスプレイ】

ワヨーの先輩社員

松戸 純一(2017年入社)

プロダクトスタッフ  

職種 商品企画・プランニング
出身校 日本大学
出身学部 芸術学部
専攻分野 芸術系

インタビュー

モノづくりを支える仕事

  • お客さまのニーズを確かなカタチにするため、各部門の橋渡しをながら、円滑なモノづくりを支えています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    自己の成長を託せる環境が魅力でした。

    大学では工業デザインを学んできましたので、就職活動当初はメーカーも考えていました。しかし、特定の業界に縛られることなく、さまざまなブランドに関わることができる点に
    惹かれて、セールスプロモーション業界への関心が高まっていきました。そんな眼差しで
    企業研究を進めるうちに、ワヨーでは、自社ビルを構えて地域に根づいた活動をしていることや、強固な経営基盤の上に質の高い仕事ができることなどを知り、「ここを舞台に成長していきたい」と入社意欲が大きく膨らんでいきました。

  • 当社のいいところ

    「ワンチーム」精神を発揮している。

    プロダクトスタッフとして、お客さまからの問い合わせに対する見積回答や、協力先への
    手配などを行い、案件のスムーズな進行やオペレーション品質の向上に努めています。部署を越え、一丸となってお客様のために動く結束力が、私たちの自慢です。同じビルの中で
    お互いの動きを見渡しながら、仕事を進めています。営業がキャッチしたお客様ニーズを
    カタチにするためにデザイナーや設計、工場、協力会社とも連携し、納期・コスト・仕様の最適化を実現する「プロの仕事」を心掛けています。

  • 今後の目標・将来の夢

    より広い視野で仕事全体を見つめたい。

    この仕事に就いてから、人の目を引く手法や、ユニークな動きをする可動部分の構造など、「モノの裏側」への興味が深まりました。休みの日は家電品や家具などを見て歩くことも多く、プロモーションを仕掛ける「プロの眼」と、商品に興味を抱く「生活者の眼」の複眼を持ち続けたいと考えています。また、店装品や什器、展示台などのスムーズな搬入性や設置性はもちろん、ディスプレイ変更時の解体や廃棄の容易さなど、ライフサイクル全体を見渡す視点を養い、迅速な対応とともにエコロジー面にも貢献していきたい、と考えています。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • モノつくりをする仕事