株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワンの企業情報

東証

株式会社ベネフィット・ワン

【インターネットサービス|商社(総合)|アウトソーシング】

ベネフィット・ワンが描く『サービスの流通創造』が実現した世界。
それは誰もが、自分自身にとっての「良いサービス」を
比較検討した上で選び、安心安全に買える世界です。
例えば…話題の映画を観る 仲の良い友人と食事に行く
久しぶりに家族と旅行に行く
日々当たり前のように、そして様々な場面で使う
「サービス」の情報をすべて集約し、適正な価格で選び、買うことができる
プラットフォームを創ろうとしています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 3年連続で業績アップ

私たちの魅力

事業内容
独自のビジネス展開で創り上げた、挑戦のためのステージ

1996年にパソナグループの社内ベンチャー制度の第一号として設立され、現在、国内13拠点、海外7拠点、会員数約760万人突破、前年比2桁台の増収増益を達成(2017年3月末時点)しています。

「福利厚生のアウトソーシング」事業を根幹とし、そこで培ったインフラを二次活用することでCRMやインセンティブなど多角的にビジネスを展開、マーケット規模を拡大し続けています。                               
主な収入源は会員企業からの月会費であり、前月の売上に翌月の売上が着実に積み重なっていく“ストックビジネス”なので収益も安定しています。
取引企業団体数は業界・規模問わず約9,000団体。また約130万種類以上のサービスコンテンツを提供しており、
ありとあらゆるサービス業ともお取引があります。 
この安定した収益基盤、幅広いネットワーク、ノウハウのもと、新規事業の立ち上げや海外展開など、
幅広いフィールドで挑戦できる環境を用意しています。

ビジョン/ミッション
『サービスの流通創造』への挑戦

このビジョンを掲げ設立した1996年、アメリカのモデルをもとにインターネットビジネスが展開し始めていました。企業から広告費をいただき、ユーザーに無料で情報提供する「広告型」のモデルが主流となる中、当社が選んだのは、有料で会員を募る「ユーザー課金型」という独自のビジネスモデル。「モノ」とは違い、「サービス」は目に見えないからこそ、人々が「良いサービスをより安くより便利に」利用できる仕組みを、日本発のこのビジネスモデルで創り上げ、世界に広げようとしています。自らの手で世の中に新しい価値を生み出し、人々の生活をより便利に、豊かに感動的に変える――このビジョンには大きな可能性が秘められています。

事業戦略
BtoBを中心に築いた基盤を活かし、ビジネス領域を拡大

---------------------------------------------------------------- 
22年で築き上げた基盤を活かし、
  
  「サービスの流通創造」実現への躍進
  企業課題を多角的に解決する「BPO事業」の推進
       ※BPO=Business Process Outsourcing 

        2つの軸で更なる飛躍を目指していく…

----------------------------------------------------------------

■サービスの流通創造の実現
創業時からのビジョンを実現するため、
『Benefit Station』の販路を開拓/拡大しています。

『Benefit Station』を企業のお客様向けの
特典やオプションサービスとして提供/販売し、
企業のお客様がその企業のファンであり続けるための支援をする
『CRM/パーソナル事業』。

訪日外国人観光客向けに提供し、
日本旅行の満足度向上を図る
『インバウンド事業』

BtoB、BtoC双方の視点で、
『Benefit Station』を展開し、
ビジョン実現へと近づいています。

■BPO事業の推進
現在約8000団体が使う『福利厚生事業』をはじめ、
従業員のモチベーション向上のサポートをする
ポイント制報奨プログラムを提供する『インセンティブ事業』、企業の健康経営を後押しする『ヘルスケア事業』、
その他、出張支援サービスの『BTM事業』など
様々な当社のサービスを提供しています。

これらのサービスを活用し、
企業の課題に応じて、業務効率化と
従業員満足度を向上させる、
コンサルティングとソリューション提案を推進しています。

私たちの仕事

唯一無二のビジョンを実現するため、これからは自分自身がプレーヤーとして活躍するだけではなく、ビジネスの全体像を見据え、成長スピードを上げながら仕事を進めていく必要があります。つまり、ビジネスの全体像を把握し、実現に必要な要素を0から創り上げる面白さがこれからのベネフィット・ワンにはあります。その面白さを実感するのに、年次・年齢は関係ありません。自分のアイデアを発信し、行動に移せるか否かでつかめるチャンスの数は無限大です。
詳しい仕事内容に関しては、採用情報も合わせてご覧ください!

はたらく環境

組織の特徴
自分の目標や夢を実現できる環境

当社には、自分の目標や夢を実現できる環境があります。
「自らが会社の中心となる」というマインドで取り組める社員を魅力的な人材として評価し、
年次・年齢に関わらず、たくさんのチャンスを提供しています。
例えば、コンサルティング営業の仕事では、1年目から企業の重役と商談できる等ハイレベルな環境に身を置き、
自分次第で早い成長を遂げようとする社員もおります。
また、一人ひとりが成長を意識し、前向きに仕事に取り組める環境づくりをしています。

オフィス紹介
部署の垣根をつくらない開放的な雰囲気が自慢

当社のオフィスは、固定席が決まっていない「フリーアドレス」を導入しています。
当社の仕事は、部署内での連携はもちろん、部署を超えての連携や、協力を仰ぐことも少なくありません。
そのため、部署ごとの垣根をつくらず、いつでも相談できる雰囲気がオフィス内で広がっていることが特徴です。

働く仲間
夢や想いを共有し、共に感動できる「仲間」

当社の最大の武器であり最高の財産は一緒に働く「仲間」たちです。
夢や想いを共有し、共に感動できる仲間がいるからこそ、日々の仕事も充実し頑張る事ができるのです。
また、仕事だけでなく、社内外のイベントや部活動なども行っており、部署や年次を超えて社員同士の交流する場が多くあります。
選考過程では、役員・人事だけでなく、必ず現場社員に会っていただくことを大切にしています。
ぜひ、当社の社員を通じて雰囲気を感じてください。

職場の雰囲気
従業員の「健康」を第一に

当社は経済産業省と東京証券取引所が共同で選出する「健康経営銘柄2018」に2月20日、選定されました。
また、ベネフィットワン、ベネフィットワン・ヘルスケア両社とも経済産業省と日本健康会議が選出する「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」にも選定されております。

「健康ポータルサイト」や「健康ポイント」を活用して健康意識を醸成したり、就業中喫煙禁止、独自の有休奨励制度の導入等、様々な施策を行っています!

従業員が健康で、イキイキ働くことができる環境づくりを目指しています。

企業概要

創業/設立 1996年3月15日
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 9F
代表者 代表取締役社長  白石徳生
資本金 15億2700万円 ※2017年3月末現在
売上高 294億7800万円 ※2017年3月期(連結)
従業員数 983名/連結 741名/単体 (2018年09月現在) 
子会社・関連会社 ■株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア 
■株式会社ベネフィットワン・ペイロール 
■株式会社ディージーワン
■ベネフィット・ワン上海 
■ベネフィット・ワンUSA 
■ベネフィット・ワン インターナショナル
■ベネフィット・ワン タイランド 
■ベネフィット・ワン インドネシア 
■ベネフィット・ワン ドイツ 
■リワーズ
事業所 ■支店/大阪・名古屋・札幌・仙台・横浜・静岡・京都・神戸・広島・高松・松山・福岡
■松山オペレーションセンター
主要取引先(敬称略) NTTグループ/警察共済組合/神戸製鋼所/サイゼリヤユニオン/敷島製パン/全日本空輸共済会/ソフトバンクグループ/中部電力/電通/東海旅客鉄道/東京海上日動火災保険/東北電力/パナソニック/阪急阪神健康保険組合/東日本旅客鉄道/日立製作所/ベルシステム24/丸紅/三井住友カード/三井住友銀行/三越伊勢丹グループ共済会/三菱UFJ銀行/リコー/早稲田大学健康保険組合 他 (五十音順)
気になる

14人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません