株式会社カインズ

株式会社カインズ(カインズ)の新卒採用・企業情報

NEW 正社員

株式会社カインズ

【ホームセンター|専門店(家具・インテリア)|その他専門店】

くらしを豊かにするライフスタイル提案型ホームセンター『カインズ』です。
私たちは「くらしに、ららら。」をブランドステートメントとし、毎日のくらしを豊かに変える様々な商品やサービスを提供しています。

くらしが広がる、発見やアイデアと出会える『店舗』で。
くらしのできることが増える『商品』で。
くらしの願いに丁寧に、親身にお応えする『サービス』で。

わたしたちは、くらしのプロフェッショナルとして、今日と、明日と、未来、くらしのすみずみを見つめて、くらしのさまざまな領域で、日常を、心地よく、便利に変えていきます。

  • 顧客視点のサービス

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
SPA企業だからこそ出来るライフスタイルの提案。

カインズは素材調達、品質管理、物流、プロモーション、販売まで一連の流れを一貫して行うSPA(製造小売業)企業です。オリジナル商品は近年、グッドデザイン賞やIFデザイン賞、レッド・ドット・デザイン賞など多く受賞しています。

店舗で取り扱う商品は、インテリア用品、日用雑貨、家庭用品、ペット用品、園芸用品、DIY用品、自転車、リフォーム用品など多岐に渡ります。SPA企業だからこそ商品のみを提供するのではなく、季節やテーマ、シーンに合わせたトータルコーディネート、そして新たな機能や価値を持つ商品を組み合わせた新しいライフスタイルを提案しています。

事業戦略
次のカインズをつくる~PROJECT KINDNESS~

新たな成長ステージへ向かう改革を進めるため、次の30年を見据えた持続的な成長のために『PROJECT KINDNESS』を策定しました。

1、SBU戦略
お客様に提供する価値が異なる単位(SBU)ごとに、お客様が感じる新しい価値を創造するための取り組み。

2、デジタル戦略
デジタルを活用し、お客様一人ひとりに合わせた提案や買い物に対する煩わしさを解消するための取り組み。

3、空間戦略
お客様が実際に体験し快適に買い物ができる店舗作りやメンバーが作業しやすく効率を上げる店舗環境にするための取り組み。

4、メンバーへのカインドネス
カインズメンバーが誇りに思う働きたい会社にするための取り組み。

社名の由来である“KINDNESS“から新たな可能性を生み出し、全てのお客様に「ららら♪」を提供するため取り組みを進めています。

ビジョン/ミッション
世界を、日常から変える。

私たちの仕事は、お客様の何気ない日常の中に、思わず「ららら♪」と口ずさんでしまうような、ちょっとした輝きを提供することです。一つひとつは決して大きなものではないかもしれません。
しかし、ちょっとした輝きを積み重ねて行くことで、日本のくらし、そしていつかは世界のくらしさえも変えていける、と私たちは信じています。

私たちの仕事

SPAに取り組むカインズには140以上もの職種が存在しています。多角的な視野から物事を捉えることができる人材に成長する為にもジョブ・ローテーション・システム(配転教育)を実施しています。

入社後は店舗の売場担当者としての研修からスタートします。 商品ディスプレイ、在庫管理、発注、予算管理等をお任せします。 
その後、ジョブ・ローテーション・システムに基づき、適性や評価などに応じて店長、バイヤー、マーチャンダイザー、品質管理、物流、販売促進、人材教育等の様々な職種、地域を経験します。
カインズで働くメンバーは一つの場所に留まることなく、絶えず挑戦を繰り返し成長していきます。

はたらく環境

組織の特徴
失敗を恐れず挑戦し、成長し続ける。

カインズは挑戦できる環境です。
自らが取り組みたいことを実践しています。取り組むだけでなく、上司からフィードバックを受けることで成長していきます。誰もが失敗を恐れず、新しいことを積極的にチャレンジできる環境が整っています。

私たちが向き合っているのは、日々変化していく日常の暮らしです。だからこそ、世の中の変化やお客様のニーズをより捉えることが大事になります。時代の変化に応じて、人々の暮らしをより良いものに変えるため、日々挑戦し成長していきます。

オフィス紹介
風通しの良いオフィス

本部は店舗運営を支える部署が集まっています。
業務スペースは部署ごとに壁がなく、あえて各自の席がランダムに配置されており、スタッフ同士、お互いの顔を見ることができ、柔軟にコミュニケーションを図るための工夫です。ここでの何気ない会話が商品開発のヒントになります。

企業概要

創業/設立 1989年(平成元年)3月
本社所在地 埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号
代表者 代表取締役社長 高家正行
資本金 32億6,000万円
売上高 決算期      売上高      経常利益高 
―――――――――――――――――――――― 
2017年2月    4,035億円    309億円
2018年2月    4,142億円    307億円
2019年2月    4,214億円    315億円
従業員数 12,106名 (2019年11月現在) 
子会社・関連会社 (株)ベイシア、(株)ワークマン、(株)ベイシア電器、(株)オートアールズ等 (ベイシアグループ計29社)
事業所 本部/埼玉県本庄市 

店舗/北海道3、宮城5、福島11、新潟2、茨城10、千葉19、栃木13、群馬31、
埼玉28、長野17、山梨4、東京4、神奈川10、静岡24、愛知12、三重4、
岐阜2、滋賀2、京都1、奈良1、大阪4、兵庫5、広島1、岡山1、鳥取1、
福岡1、熊本1、沖縄3
合計220店舗(2019年11月現在)

その他/東京情報センター、家迎知商貿有限公司(上海現地法人)、CAINZ VIETNAM COMPANY LIMITED(ベトナム現地法人)
ここが会社の自慢!◆教育制度◆ ■1年生研修
研修期間が終了し、正式に担当者としてのスタート時に行う研修です。新入社員が本部に集まり社長が考えるカインズの現在・将来について直接聞くことが出来ます。

■3年生研修
日々の業務にも慣れ、職場の中核を担うと同時にキャリア形成に対する漠然とした焦りも出できます。そのような不安を解消し、自らのキャリアプランを描けるようにします。

■商品知識研修
お客様に適切なアドバイスができるよう、メーカーの専門スタッフなどを講師にして様々な研修を実施しています。講習だけでなく、商品に触れたり実践したりすることで、より深く商品の特性を体得することを目的としています。

■階層別研修
キャリアアップに伴い求められる知識・技術やチェーンストア理論の原理原則を学びます。

■海外研修
チェーンストア先進国であるアメリカに滞在し、現地のライフスタイルを体験します。スーパーマーケットやディスカウントストアなどの業態を視察・検証、店長へのインタビューも行い、カインズの革新のための手法を学びます。
ここが会社の自慢!◆福利厚生◆ ~教育~
■資格取得支援制度
業務を行う上で必要な資格の取得については、資格取得支援制度を設けています。受験料や受講料、受験時の交通等の補助だけでなく試験の実技対策を行い全面的にバックアップしています。

~異動に伴う制度~
■独身寮
拠点地から勤務地まで片道90分以内で通うことが出来ない社員を対象に独身寮を貸与しています。家具・家電・駐車場も用意し、1ヶ月の家賃は5,000円~です。引っ越しの費用は会社が負担します。

■帰省旅費申請制度
拠点地から離れて勤務している社員を対象に、拠点地へ帰省する際にかかった有料道路代、ガソリン代、電車代を申請後受け取ることが出来ます。

~カインズらしい制度~
■バケーション制度
1年に2回(前期・後期)リフレッシュのため、最大連続6日の休暇を取ることができます。

■えびす講
歳末商戦・初売りの成功を期待し、商品券を一律支給しています。

~ライフプランに関わる制度~
■育児短時間勤務制度
子が小学3年生の年度末まで時短勤務が可能です。
ここが会社の自慢!◆働き方◆ ■勤務地選択社員制度
様々なライフプランの変化が起きる中で、働き方を選べる制度です。
1~3年目までは『一般社員』として全国転勤があります。
4年目からは全国転勤が可能な『ナショナル社員』とブロック内(北日本・関東・中部・西日本)転勤の『リージョナル社員』の2コースから選択することが出来ます。
8年目以降は『ナショナル社員』と『リージョナル社員』の他に片道90分以内の勤務地に配属する『エリア社員』を選択でき、3年ごとの変更が可能になります。
8年目以前に結婚をした場合は、4年目以降であれば、『エリア社員』を選択することも可能です。

採用連絡先

〒367-0030
埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号
株式会社 カインズ
人事部 人財開発室 新卒採用グループ
中井・日置・奥泉
TEL:0120-392-022
E-mail:ch-entry@cainz.co.jp