NHK(日本放送協会)

NHK(日本放送協会)(エヌエイチケイニッポンホウソウキョウカイ)の採用情報・募集要項

正社員

NHK(日本放送協会)

【放送】

「リアルは一色なんかじゃない」

どこか遠くで起こっていることにも
今、目の前で起きていることにも
リアルはある
ありふれた日常では色あせて見えるのに
恋をしたら急に輝き出したり
手が届きそうなのに、ひらりと逃げていったり
角度によってもいろいろな見え方をする
リアルは決して一色なんかじゃない
ありのままを切り取るだけなら
ロボットにだって、AIにだってできる
何を伝えたいのか、誰に伝えたいのか
どうやって伝えるのかは、あなた次第
さぁ、一緒に
カラフルでリアルな世界を伝えよう

  • 資格取得支援制度あり

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
NHKの採用情報について

3月1日(日)より、2021年新卒採用の応募受付を開始いたしました。 

▼NHK採用ホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/

NHK採用ホームページから「マイページ」に登録することで、ES提出、スペシャルコンテンツ「先輩たちの声」の閲覧などができます。なお、ES提出の締め切りは4月27日(月)午後2時です。

募集する職種

・ディレクター
・記者
・アナウンサー
・映像取材
・映像制作
・映像デザイナー
・音響デザイナー
・放送事業のマネジメント
・技術

※地域職員については、NHK採用ホームページをご覧ください。
▼NHK採用ホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/

募集職種一覧
ディレクター 番組の企画提案から、取材、出演者との交渉、台本作り、演出、ロケ、編集、そして放送に至るまで、番組作りのすべての過程に携わる。情報・報道、教育・教養、ドラマ・芸能など、さまざまなジャンルの番組の中から自分の専門を決めていく。どの専門分野でも自分の思いをカタチにする粘り強さとチームワーク、そして時代をとらえる感性と創造性が必要。
【教育・教養】
「ガッテン!」「プロフェッショナル仕事の流儀」「ダーウィンが来た!」「歴史秘話ヒストリア」など、ドキュメンタリー、歴史や美術、自然科学、語学、料理、健康、趣味といった、視聴者の知的好奇心に応えて暮らしを豊かにするさまざまな番組を担当する。また「天才テレビくん」「バリバラ」など青少年や子ども向け番組、教育番組、福祉番組を制作している。
【ドラマ・芸能】
連続テレビ小説や大河ドラマなど、さまざまなドラマ番組を制作する。また「鶴瓶の家族に乾杯」「ブラタモリ」「LIFE!」などの娯楽番組、「うたコン」「SONGS」「ららら♪クラシック」などの音楽番組、「にっぽんの芸能」などの古典芸能番組まで幅広い。※番組の企画提案から、取材、出演者との交渉、台本作り、演出、ロケ、編集、そして放送に至るまで、番組作りのすべての過程に携わる。情報・報道、教育・教養、ドラマ・芸能など、さまざまなジャンルの番組の中から自分の専門を決めていく。どの専門分野でも自分の思いをカタチにする粘り強さとチームワーク、そして時代をとらえる感性と創造性が必要。
【情報・報道】
政治・経済・科学文化や国際問題など現代社会のあらゆる事象をテーマにドキュメンタリーを制作し、最先端の動きをビビッドにニュース番組で伝える。人々の暮らしや土地の美しさを描く紀行番組や、五輪やワールドカップサッカーなどスポーツ中継・番組も担当する。
記者 世の中で起きる森羅万象を追いかけ、真実に迫る。テーマは政治、経済、事件、災害、国際情勢、スポーツなど多岐にわたり、国内外がフィールド。取材内容はテレビのニュースで伝えるのはもちろん、インターネットで展開するほか世界に向けても発信する。自分の問題意識に沿ってテーマをじっくりと掘り下げ、調査報道を行ったり「NHKスペシャル」などの番組に結実させたりすることも。
アナウンサー 「ことば」を駆使して視聴者に伝える音声表現のスペシャリスト。アナウンス技術を日々磨くのはもちろん、ジャーナリストとしての視点を持って多様なテーマを取材する。ニュースキャスター、司会、スポーツ実況、生中継、インタビュー、ナレーションなど活躍する場は広い。豊かで臨機応変なコミュニケーション能力が求められる。
映像取材 社会のさまざまな「現場」を見つめ、映像に切り取る。事件・事故の発生現場で歴史の証人となり、スポーツ報道では選手たちの一瞬の技をとらえる。現場上空のヘリコプターからの中継や、自ら企画したリポートの制作もする。活躍の舞台は海外にも広がり、事件や大災害の現場にいち早く駆けつけて、映像を世界に向けて発信する。
映像制作 世界中から集まる膨大な映像の中から、決定的なシーンを素早く選び出して編集し、ニュースを分かりやすく構成する映像のプロ集団。政治、経済、事件、災害、スポーツなど、あらゆる分野のニュースの本質を映像で的確に見せる。日々のニュース番組だけでなく、「NHKスペシャル」などの番組の編集も担う。時には自ら企画を立てて取材し、リポートもする。
映像デザイナー あらゆるジャンルの番組のビジュアルを受け持ち、番組をより魅力的にするため、柔軟な発想で美術やビジュアル面のさまざまな工夫を凝らす。スタジオ、ステージ、ロケの美術セットから、CG、映像合成、特殊撮影、バーチャルセットまで、映像設計全般に携わり、番組の企画意図をわかりやすく表現する。
音響デザイナー ”音の演出″に責任を持ち、音楽、自然音、人工音などを駆使して、番組に厚みと奥行きを出す。また作曲家とタッグを組み、番組が求める音楽を共に作り上げていく。音に対する豊かな感性と、番組のねらいや構成についての深く鋭い理解力が求められ、番組の音をトータルで計算し演出していく仕事である。
放送事業のマネジメント 「放送事業のマネジメント」は、大きく分けてふたつの役割がある。ひとつは、より良い放送・サービスを創造していくため、放送現場と密接に連携して、幅広くヒト・モノ・カネを管理していくこと。もうひとつは、NHKの財源である「放送受信料」を確保し、受信料制度に対する理解と支持を広げ、受信料の公平負担に向けた取り組みを進めていくこと。専門能力を磨くだけでなく、ジョブローテーションによって多様な業務を経験して、放送事業全体をマネジメントする能力を高めていくことが求められる。
業務を大きく分けると、以下のようなジャンルがある。
【財 務】
NHK全体の予算編成や決算、個別の番組の予算管理、設備の調達のほか大規模工事の契約などを行う。
【編 成】
番組提案の募集・採択から緊急時の番組変更対応のほか、新たな放送サービスの企画・実施も行う。
【総 務】
職員が働きやすい職場環境を管理・整備する。災害時など緊急報道での後方支援も行う。人事業務にも携わる。
【イベント】
公開番組、スポーツイベント、美術展など放送と連動したさまざまなイベントの企画・実施を行う。
【広 報】
番組の紹介やその魅力を伝える番組広報、NHKの事業活動の周知を図る経営広報などを行う。
【営業企画】
公共放送NHKの財源である受信料の確保と公平負担に向けた営業活動をマネジメントする。受信料の契約業務などを行う法人事業者や地域スタッフの管理・育成、ケーブルテレビ事業者などとの渉外活動のほか、イベントや広報、地域に密着した番組と連携し視聴者との結びつきを深める営業活動の企画・推進を担当する。また社会・経済状況の変化に応じたより公平で合理的な支払い方法の検討など、受信料体系の改革・設計も行う。
【その他】
経営スタッフ、著作権、放送文化研究など
技術 【情報システム技術】
NHKのあらゆる業務に欠かせない情報システムの計画的な開発・整備や安定運用を担う。また、情報システムを安全・安心に利活用するため、情報セキュリティシステムの開発・運用管理も担う。
【建築技術】
放送会館や放送所、スタジオ設備の設計・建築業務を担当する。渋谷の放送センターの建て替えでは中心的役割を担う。24時間放送を支える堅牢な電源・空調などの会館設備も開発する。
【コンテンツ制作技術】
魅力的で質の高い番組や緊急報道中継などで映像や音声を作り出す技術を担当する。ニュース・報道番組、ドラマ、音楽・芸能、スポーツなどさまざまなジャンルの撮影、音声、照明、ビデオエンジニアや、最新の技術を駆使して撮影不可能な映像を制作するCG/VFX制作などの業務がある。ハイブリッドキャストやインターネットコンテンツなどのデジタルサービスのコンテンツ開発も担う。
【放送技術研究】
より豊かで便利な次世代の放送・サービスを提案し、実現するための研究・開発を担当する。AI技術を活用した映像表現技術等の研究、インターネットや通信技術を放送に応用する研究、自然で見やすい立体テレビの研究、フレキシブルディスプレイなどの放送用デバイスの研究、人にやさしい放送を実現するための研究などにも取り組む。
【放送システム開発・運用】
より魅力的な番組制作に向けたカメラや中継車、スタジオ設備などの番組制作設備の開発や、デジタルサービスのシステム開発を担当する。また、番組・ニュースを確実に放送する送出システムや、緊急報道現場から放送局までの映像伝送回線を構築するための取材映像伝送設備を開発・運用する業務がある。さらに、ITを駆使した新たな放送システム設備の開発や、24時間365日確実に放送電波を届けるため、送信・受信システムの開発・運用管理、受信環境の調査分析・改善も担う。

研修・社内制度

研修制度
人材育成

新採用者研修、基礎研修、専門研修、海外派遣、国内派遣、協会内派遣など

社内制度
自己啓発支援制度

語学学習援助、資格取得援助など

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 WEB申し込み。詳細はNHK採用ホームページをご覧ください。
<2020年4月27日(月)午後2時申し込み締め切り>
▼NHK採用ホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/
選考方法と重視点 書類選考、面接、筆記試験など
提出書類 エントリーシート
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
次の2つのいずれかに該当する方。
(1) 2020年4月から2021年3月の間に大学等を卒業・修了見込みの方。
大学等とは、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校(専攻科含む)および専修学校専門課程(修業年限2年以上)です。
(2) (1)以外の方については、NHK採用ホームページをご覧ください。
▼NHK採用ホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/
※在学中の方は、2021年3月までの卒業・修了が条件です。
※採用は原則として2021年4月1日になります。

募集要項

初任給 〔全国職員〕
短大・専門・高専 月給187,410円
大卒       月給213,360円
院卒(修士)   月給226,360円

〔地域職員〕
短大・専門・高専 月給161,930円
大卒       月給182,690円
院卒(修士)   月給193,090円

※2019年度実績
※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定します
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回(2019年度実績)
賞与:年2回(2019年度実績)
諸手当:各種諸手当あり
勤務地

東京・渋谷と全国の道府県庁所在地などの放送局・支局・営業センター(海外含む)

※地域職員については、NHK採用ホームページをご覧ください。
▼NHK採用ホームページ
http://www.nhk.or.jp/saiyo/

勤務時間 9時30分~18時(1週平均37.5時間)
※休憩1時間
※業務・職場により異なります
※フレックスタイム制度あり 
※専門業務型裁量労働制適用者(記者)はみなし労働時間(8.5時間/日)を適用
福利厚生 社会保険完備(健康、厚生年金、雇用、労災)
休日休暇 〔休日〕完全週休2日制。祝日、年末年始をあわせた年間休日数は約120日 
〔年次有給休暇〕初年度16日、以降3年目20日まで漸増 
〔クリエイティブ休暇〕各年度連続5日 
〔リフレッシュ休暇〕10年、20年、30年勤続者に各連続10日 
〔その他の休暇〕結婚休暇、産前産後休暇、母性保護休暇、妻出産休暇、看護休暇、介護休暇、積立休暇など
採用実績校 全国の国公立大学、私立大学、高等専門学校、専修学校ほか
採用予定学部学科 全学部・全学科
今年度採用予定数 未定
昨年度採用実績(見込)数 384人(2019年4月実績)
試用期間 あり
入局後、6か月間
本採用時と条件の変更はありません
育児休職・介護休職・配偶者同行休職 〔育児休職〕子が満2歳に達する日まで ※男性も女性も取得することができます
〔介護休職〕通算して1年以内 
〔配偶者同行休職〕配偶者の外国勤務に同行したとき3年以内  など
試用期間 あり(入局後、原則6か月間)
条件は本採用時と変更なし

職場データ

平均勤続年数 17.5年
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 8.3%
管理職: 9.5%

採用連絡先

NHK採用デスク
〒150-8001東京都渋谷区神南2-2-1
TEL 03-5455-7900(午前10時~午後6時<土日・祝日、年末年始を除く>)
NHK採用ホームページ  http://www.nhk.or.jp/saiyo/