東海ソフト株式会社

東海ソフト株式会社の過去の採用・募集情報

東証 名証

東海ソフト株式会社

【ソフトウエア|情報処理】

工場で車をつくったり、買い物をしたり、電化製品の修理を頼んだり。
そんな世の中のさまざまな日常が便利になるよう、陰で力を発揮しています。
1970年に独立系ソフトハウスとしてスタートした東海ソフト。生活に根付く多種多様なシステムを手がけてきました。世の中の“あたりまえ”を自分が変えるかもしれない。みなさんの気づかないところで日々の生活を支えている、それが東海ソフトのシステムです!

  • 資格取得支援制度あり

  • ストックオプション・社員持ち株制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

私たちの採用について

求める人物像
求めるのはコミュニケーション能力

専門領域での受託開発が多いため、当社のSE育成は「基礎からじっくりと」がモットー。 入社後の各種研修によってステップアップしていただきます。 最初から高いITスキルは望んではいません。最も大切なのはコミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力とは、よくしゃべる、誰とでもしゃべれる、という能力ではなく、言うべきことを伝えれる、相手の言うことを正しく理解できる、という能力です。そのためには、聴く力、話す力、文章力、表現力等の能力が必要になってきますが、自分の得意とする能力はまずは深めてください。

募集する職種

技術職(プログラマー、システムエンジニア)
入社後の各種研修によって、プログラマーからシステムエンジニアへステップアップ。 組み込み系をはじめ、官公庁・大学など幅広い分野のシステム開発や技術開発に携わってください。
営業職(若干名:最初は技術職経験)

研修・社内制度

研修制度
入社後2ヶ月間の新人社員研修

入社後、約一週間の一般教育を終え、それからが本格的な研修のスタート。まずはコンピュータの基礎を学び、プログラミングの基本を繰り返し学んでから演習、ディスカッション…と内容は盛りだくさんです!

1.コンピュータの解説
「コンピュータとは何か?」、コンピュータの理論や仕組みを目に見える形で学ぶ。 ここではまだパソコンを使わず、繰り返し話を聞いて習得していく。 週に1回テストがあり、その週で学んだことをきちんと理解できているかをチェックする。

2.演習開始
1週目で学んだことを演習で自分のものにする。 コンピュータなしでもプログラミングやデバックができるように、多種類のプログラムや関数を紙に書きながら制作。 システム作成に欠かせないC言語の仕組みなどを実践を通して学び、C言語を使って机上でのプログラミングをしてみる。(東京支店はJava言語)

3.習熟度確認の課題
勉強したことを忘れてしまわぬよう『ゴールデンウィーク課題』が与えられる。 また、テストで間違えた問題や理解不十分だったところを休みの間に復習する。

4.実際の開発環境を使った演習
それまでの紙上の作業からステップアップし、実際にコンピュータの開発環境を使って演習を行う。グループ分けし、グループ毎に課題が与えられ、取りかかる。

5.ディスカッション+演習
研修生同士でのディスカッション。 自分が関数やモデリング演習で学んだことを説明したり、考えを言葉にして伝える作業を通して自己発信の訓練をする。 また、他の研修生から指摘されたり、結論が出るまで熱く議論をすることで仲間同士の信頼関係を築く。

6.課題制作の終了・修了式
課題が終了すると修了証を受け取り研修終了。各自、配属先にもどりOJTで仕事を学ぶ。

※ 配属先によっては、修了式前に「組込み研修」が10日間あります。そこではマイクロコンピュータやハードウェアの構成を学んだり、2足歩行ロボット動作の習得を行います。
・マイクロソフトコンピュータの基本構成
・ハードウェア構成
・アセンブラプログラミング
・2足歩行ロボット動作
・オシロスコープ波形観測

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    【会社ホームページの採用案内より応募】
    会社説明会へのエントリーは会社ホームページより行ってください。
    会社HP: http://www.tokai-soft.co.jp/

  • STEP2

    【会社説明会】
    会社説明会では、この業界の話、会社の概要、採用情報を説明します。またこの場で、エントリーシートを記入して頂きます。

  • STEP3

    【Web適性テスト】
    Webにて適性テストを受検して頂きます。受検案内を送付しますので、案内に従って受検してください。(受検期限あり)

  • STEP4

    【一次面接(個別面接)※応募書類を持参してください】
    面接では、学生さんの人間性、人物像を見させて頂きます。普段の自分を素直に出して頂ければ結構です。
    この際に下記応募書類をご持参ください。
    履歴書/卒業見込み証明書/成績証明書/健康診断書

  • STEP5

    【二次面接(役員面接)】
    二次面接は役員面接となり最終面接です。ここでも素の自分を出してください。

  • STEP6

    【内々定】
    二次面接に合格すると内々定となります。もう一度会社に来て頂き、内々定に至った経緯、会社内の見学、先輩社員とのプチ面談を行います。自分に合う会社なのかどうか含め、しっかり質問もしてきて頂き、判断してください。

エントリー/採用方法 まず会社説明会にエントリーしてください。エントリーは会社ホームページの採用案内から入って頂きます。3月中以降随時開催します。
会社HP:http://www.tokai-soft.co.jp/
選考方法と重視点 筆紙試験:会社説明にてエントリーシート記入し選考
Web試験:Webでの適性テスト(学力を問うテストではありません)
面接試験:1次面接、2次面接(役員面接)(面接は個別面接)
提出書類 履歴書
健康診断書、卒業見込み証明書、成績証明書
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方

募集要項

初任給 (2018年6月実績)(基本給のみ、残業代は別途全額支給)
大学院了 月給214,000円
学部卒 月給208,000円
専門卒 月給190,500円~196,500円(短大/高専卒含む)
昇給・賞与・諸手当 昇給:年1回(6月)
賞与:年2回(6月・12月)2018年度社員平均5.2カ月
諸手当
住宅手当:20,000円~40,000円(独身賃貸の場合)
資格手当:4,000円~36,000円(技術系国家資格取得者)
地域手当:5,000円(支店勤務者)
家族手当:15,000円(配偶者) 4,000円(その他同居親族)
通勤手当:全額支給
残業手当:全額支給
勤務地 愛知県名古屋市、東京都港区、大阪府大阪市、三重県四日市市、静岡県三島市 
※本人希望を考慮
勤務時間 9:00~17:30 実働7時間45分
(東京支店は9:30~18:00)
福利厚生 資格取得支援制度、持株会、財形貯蓄、愛知県情報サービス産業健康保険組合加入、各種労働保険(雇用・労災)加入
休日休暇 年間120日(週休2日制)日曜、祝祭日、年末年始、夏季休暇
※これに初年度10日の有給休暇を加算、計画的に取得できる制度あり
採用実績校 ◎大学院
愛知工業大学、岩手大学、宮崎大学、埼玉大学、首都大学、静岡大学、中京大学、電気通信大学、東京工科大学、奈良先端科学技術大学院大学、豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、高知工科大学、名古屋大学、三重大学、名城大学、南山大学、大同大学、愛知教育大学
◎大学
愛知学院大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知工科大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、愛知大学、愛媛大学、岡山大学、岡山理科大学、関西大学、関東学院大学、岩手県立大学、岐阜経済大学、岐阜大学、京都精華大学、京都産業大学、玉川大学、近畿大学、金城学院大学、金沢工業大学、駒澤大学、熊本大学、慶應義塾大学、工学院大学、高知大学、国学院大学、阪南大学、三重大学、山梨大学、産業能率大学、滋賀大学、鹿児島大学、芝浦工業大学、首都大学、信州大学、神奈川大学、椙山女学園大学、静岡大学、摂南大学、千葉工業大学、創価大学、大阪芸術大学、大阪産業大学、大阪商業大学、大阪電気通信大学、大東文化大学、大同大学、拓殖大学、筑波大学、中央学院大学、中京大学、中部大学、朝日大学、長崎大学、鳥取大学、帝京平成大学、電気通信大学、東海大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京情報大学、東京農業大学、東京理科大学、東北芸術工科大学、東北工業大学、東洋大学、同志社大学、南山大学、日本工業大学、日本福祉大学、富山県立大学、富山大学、武蔵工業大学、福井大学、福島大学、文教大学、法政大学、北海道情報大学、北海道東海大学、名古屋学院大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、名古屋商科大学、名古屋大学、名城大学、名古屋学芸大学、明星大学、立命館大学、龍谷大学、豊橋技術科学大学、鈴鹿医療科学大学、早稲田大学
◎短大・高専・専門学校
HAL名古屋、HAL大阪、トライデントコンピュータ専門学校、愛知工業大学情報電子専門学校、宮崎ユニバーサル・カレッジ、宮城県立白石高等技術専門校、京都コンピュータ学院京都駅前校、沼津情報・ビジネス専門学校、上越情報ビジネス専門学校、神戸電子専門学校、盛岡情報ビジネス専門学校、大阪電子専門学校、東京IT会計専門学校、東京電子専門学校、日本工学院専門学校、日本電子専門学校、名古屋工学院専門学校、名古屋情報メディア専門学校、名古屋情報専門学校、鈴鹿工業高等専門学校、浜松情報専門学校、熊本電子ビジネス専門学校
採用予定学部学科 全学部、全学科
今年度採用予定数 2020年4月卒予定:技術職30~35名(営業職若干名)
昨年度採用実績(見込)数 2019年4月入社見込み:30名(技術職)
試用期間 なし
教育研修 新人研修:入社後2か月の集中研修、その後配属先にてOJT研修(1年ほど)
ステップアップ研修:ステップアップする際に専門的な研修
資格取得支援制度 資格試験(情報処理技術者試験等)の受験料補助
資格手当毎月支給(例基本情報処理 月4,000円支給)

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数41名、うち離職者数1名
2017年度:採用人数35名、うち離職者数2名
2016年度:採用人数41名、うち離職者数2名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性31名、女性10名
2017年度:男性25名、女性10名
2016年度:男性37名、女性4名
平均勤続年数 11.9年
平均年齢 35.5歳
平均残業時間(月間) 19.3時間
平均有給休暇取得日数(年間) 14.0日
育児休業取得者数(男女別) 男性:取得者0名(対象者205名)
女性:取得者5名(対象者8名)
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 0%
管理職: 0%
気になる

70人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません