伊勢化学工業株式会社

伊勢化学工業株式会社(イセカガクコウギョウ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

伊勢化学工業株式会社

【化学|ガス】

ヨウ素生産国内トップクラス。
液晶用偏光膜や合成化学の触媒など、最先端分野で需要が伸びています。

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
ヨウ素及びヨウ素化合物の製造売買/ニッケル、コバルト化合物等の製造売買/天然ガスの採取売買

ヨウ素とは…
★資源小国の日本にとって世界に誇れる大変貴重な天然資源。
 →日本は世界有数のヨウ素生産国。その中にあって当社は日本でトップクラスの生産量を誇る。
 →貴重な資源だからこそリサイクル事業にも注力。
★人間にとって必須ミネラルの一つ。
 →甲状腺で作られるホルモンの構成成分。ヨード欠乏症に陥ると、知能障害、発育不全、甲状腺腫を引き起こす。
 →その他、用途は医薬品からエレクトロニクスの分野にまで及び、今やヨウ素なくして私たちの生活は成り立たない。
★天然ガスと共に産出。
 →ヨウ素を高濃度で含むかん水を汲み上げると同時に天然ガスも採取され、パイプラインを通して家庭用、工業用に利用されている。

この様に、当社の扱う商材は公共性が高く、社会的責任も大きくなりますが、その分自身と誇りを持って業務に携わる事が出来るという魅力があります。

事業・商品の特徴
事業・商品の特徴

【営業本部 ヨウ素・ガス営業部 主席 淺井 駿介】

ヨウ素は、古くから医薬用途に用いられており、現在でもX線造影剤や、殺菌剤等に用いられています。その他にも、液晶用偏光板、樹脂安定剤、化学品反応用触媒、除草剤、飼料等の幅広い分野で使用されており、様々な産業を下支えしています。そのため、営業先となる顧客も国内外の様々な地域に所在します。伊勢化学工業は幅広い販売活動を行っているため、販売やフォローアップを通じ、グローバルな人間関係を構築できることが、醍醐味の一つです。


【技術本部 生産技術部 主席 渡辺 雅也】

経営基本方針に、持続可能な企業であり続けるための考え方が網羅されており、とても強い共感を持つことができました。

ビジョン/ミッション
ビジョンミッション

【開発本部 研究所 柚木崎 航平】

ヨウ素という製品はどの企業が製造してもヨウ素、ほとんど違いはありません。そういった他社と差別化しにくく、かつ価格が上下する製品の技術開発に最も求めれられていることは、いかにコストを抑えた製造ができるか、といったことではないかと考えています。20年、30年後のいつかずっと先に、あの技術があったからヨウ素製造のコストが下がって、苦しい時も会社が耐えることができた、と言われるような大きな技術開発に携われたらいいなぁというのが夢です。


【製造本部 宮崎工場製造課 主席 横田 大輔】

現在のミッションは、自分にしかできない視点から会社に貢献する事です。
現在の部署は、製品を製造する側として、安定的かつ安全に、そして低コストで製品を製造する仕事をしていますが、前の部署では設備を動かすための自動制御システムの構築及び保守に従事していました。部署が変わった事で見えてくる視点も変化し、日々新しい発見をしています。今では、新しい知見と前部署での知識をミックスし、自分にしかできない設備の改善を実施しています。

私たちの仕事

ヨウ素は、医療向けから電子材料などの工業向けまで非常に多様な用途を持っています。当社では、こうした用途に対し高品質の素材としてヨウ素を生産、供給すると同時に、ヨウ素分野での独自のノウハウを活かして、様々なヨウ素化合物の開発・生産も行っています。当社では、お客様の広範なニーズにお応えして、より利用しやすいヨウ素化合物の供給を行なおうという視点での研究開発に重点をおき、ヨウ素の多用途化とマーケットの拡大に努めています。
また、ニッケル、コバルト系の金属化合物は、電池材料をはじめとする最先端分野への用途が広がっているとともに、材料の高機能化が強く求められています。当社は、このようなニーズにお応えするため、これまで培ってきた豊富な経験に基づき、新しい技術の創出による材料の高機能化を行っています。単なる材料の高機能化、高品質化の追求にとどまらず、お客様との十分なディスカッションを通して、使用する立場を考慮した材料開発を推進しています。

はたらく環境

社風
社風

【製造本部 宮崎工場製造課  主席 園田 晴経】

風通しの良い社風が魅力です。他部署、他工場の先輩方とも幅広く相談できますよね。

 改善は、社を挙げて常に取り組んでいます。限りある資源をいかに効率良く精製、生産し、リサイクルできるかという意識が、トップを含む会社全体で共有されていますので。 

ヨウ素やヨウ素化合物は、化学的性質上、取扱いが難しい部分が多々あります。
それでも、伊勢化学工業は独自の創意工夫で、生産量と国内シェアを伸ばしてきました。
この過程は、試行錯誤の繰り返し。簡単な道のりではありませんが、携わった課題をクリアできたときの喜びはひとしおです。


【開発本部 研究所 吉田 彩香】

現在の所属部署は特にそうですが、「〇〇の実験を行いたいので、デモ機を借りたい」や「〇〇についてより詳しく知りたいから研修に行きたい」と言った若手社員の要望を受け入れてくれるところです。その分の結果はもちろん求められます。実際に、現在行っている研究について、自己学習では理解できなかった内容を、研修を受講したおかげで理解を深めることが出来ました。そのおかげで、少ない試験数で十分なデータ取得が出来、期限内に試験を終えることが出来ました。


【管理本部 経理部(一宮駐在) 戸巻 拓也】

■幹部の前で慣れない英語での説明

現地の方々で運営している米国の子会社から、年に2回、数名が来日し、会議を行っています。その会議では経理部から業績説明が行われており、私が入社5年目の頃、初めて、その説明を任されました。説明は全て英語です。学生の頃から英語が苦手なうえ、社長を含め、経営幹部の前で行うこともあり不安でした。しかし、入社3年目から会社の補助で英会話に通わせて頂いたこと、上司・先輩からサポートを頂いたこともあり、無事やり遂げることができました。若いうちから重役の前で説明を行うことは貴重な経験であり、超大企業ではなかなか経験できない少数の会社ならではの良い経験であったと思っています。

オフィス紹介
仕事や人脈の幅

【営業本部 ヨウ素・ガス営業部 主席 小林 知広】

ヨウ素化合物の営業を担当しています。一口に営業担当と言っても、仕事内容は多岐にわたります。工場への生産指示からヨウ素のリサイクルまで、仕事は販売だけに限りません。少しでも安く、品質が良いヨウ素化合物を提供出来るよう、副原料メーカー、包装材メーカー、運送会社との検討も日々行っています。 

もちろん、在庫管理もあります。自分の生産指示量が会社の生産量になるので、お客様ごとの使用状況から今後の使用量を予測したり、お客様を訪問して見通しを直接確認して、適正在庫の維持を図っています。

このように、販売だけに特化せず、営業に関わる全ての業務に携わり、その細部まで把握する能力が求められることに、やりがいを感じています。


【開発本部 研究所 主席 片岡 彩星】

伊勢化学工業では、自分が関心を持てば様々な仕事を若手にも任せてもらえます。会社のトップを含む上層部へ成果を報告・相談する場も設けられています。実際には、他部署や他社の協力が無ければ進まない仕事も多いため、仕事をすればするほど職場を超えた人脈を作ることもできます。

ただ裏返せば、自分から関心を持たないと仕事が任されず、結果として個々人の目標が大きく異なると感じるときもあります。まずは自らが関心を持ち、そして互いに関心を持てる環境を整えることで、会社がさらに向上すると思います。

組織の特徴
人事異動の例

■齋藤 浩一
 2016年4月入社 技術本部 研究所 配属
 2019年2月   技術本部 生産技術部 異動
         (製造本部 生産技術部へ組織変更)

■種村 裕太郎
 2016年4月入社 製造本部 鉱業部 配属
 2019年2月   製造本部 宮崎工場製造課 異動  

この二人は、入社後それぞれ二箇所の職場を経験をしています。
当時と今のインタビューで、それぞれのキャリアにおける達成感や考え方の違いを参考にしてみてください。


【齋藤 浩一】

(研究所所属当時)
現在は、ヨウ素製造の工程改善に関わるテーマに取り組んでいます。
当社の大きな柱であるヨウ素製造に関わる重要なテーマを任され、大きな責任を感じると共に、テーマの結果によっては、実際の製造工程に反映される為、やりがいも感じています。
今のテーマを進め、将来的には製造工程の最適化に結び付けることが自分のミッションだと考えています。
 伊勢化学工業では、この様に若手であっても重要な仕事に関われる機会があり、社会人として恵まれた環境にいると思います。この環境を活かして成長していくことも若手である自分の役目だと思っています。

(現在の生産技術部)
仕事の面白い部分としては、自身が検討した設備・製造プロセスの改善案を実際の製造設備へ反映出来ることです。改善案を基にした詳細な設計は別部署が行いますが、設計に自身の思想が反映されることに面白みを感じます。
 難しい部分は、製造コストを意識した検討が必要なことです。技術的には実施可能でも、会社として採算が取れなければ本末転倒です。コストを考慮しながらより良い設備・プロセスを立案することが難しい部分です。


【種村 裕太郎】

(鉱業部所属当時)
入社1年目の現在は、プラントの冷却水の水質管理を行っており、水質を保つにはどのくらいの数値に設定すればよいのか、分析結果とにらめっこしながら試行錯誤しています。自ら考えた根拠をもとに設定値を変更して、水質管理が想定通りに行えていたとき、安堵とやりがいを感じました。今はA4用紙1枚の設定値管理表しかカタチにできていませんが、いずれプラント設備のような大規模なものをカタチにできるように一つ一つの仕事に取り組んでいます。

(現在の宮崎工場製造課)
仕事の面白い部分は自分の考えをカタチにできるところです。周りの方にもアドバイスを頂きながら設備を設計し、工事を終えて設備が稼働開始したときには安堵と達成感を感じます。
設計や工事計画を考えるときには、第一に安全で作業員が作業しやすいこと、第二に効率や耐久性などが既設のものより良くなることを心掛けていますが、その両立が難しいです。現場作業員や工事業者と何度も打ち合わせを重ねながら作り上げていくからこそ、考えがカタチになったときにの喜びはひとしおです。

働く仲間
鉱業部の仲間たち 「やりがい」

【製造本部 鉱業部 鉱業課 中村 勝大】

入社以来鉱業部で仕事をしていて、現在は天然ガス生産井の掘削に関連した業務を行っています。関連業務として、水溶性ガス田用のシミュレーションソフトを用いた生産予測なども行っています。 

 伊勢化学工業は、天然ガスというエネルギー資源を社会に供給しています。したがって、安定的な事業の実施が須要となります。
そのためには、現場レベルでの課題への対応とともに、長期的な生産開発の計画に則った業務の実施というマクロ&ミクロ両方の視点が必要となります。これらのポイントを押さえつつ着実に業務を行っていくことが、課題であり、また、やりがいです。

職場の雰囲気
生産技術部の仲間たち 「入社を決めた理由」

【製造本部 生産技術部 設計建設課 加瀬 真澄】

きっかけは、工場見学です。大学で工学部の機械分野を専攻していたので、自分なりに機械のイメージは持っていました。ただ、大きなプラント設備を初めて目の当たりにし、イメージとの余りの違いに衝撃を受けました。ずっと、エンジンやモーターといった機械の仕組みや原理に興味を持っていましたが、瞬く間にプラントエンジニアリングへの興味が沸いてきました。

プラントは、様々な機械が接続し、調整し合い、複雑に絡み合って、一つのものを作り出しています。プラントエンジニアは、その一つ一つを理解して設備設計を行い、維持・管理をするために多くの知識と技術が必要な非常にやりがいのある職業だと思ったので、伊勢化学工業を志望しました。


【製造本部 生産技術部 設備管理課 漆間 大佑】

大学ではソフトウェアの研究を行っていました。就職活動では、大学で学んだことを活かしつつ、ハードウェア・ソフトウェアの両方に関わる仕事がしたいと思っていたので、ハード、ソフト両方の知識が必要になりそうな現在の仕事を選びました。また、先輩社員に会わせてていただく機会があり、先輩社員の方々に魅力を感じて、この人たちと一緒に働きたいと思い、入社を決めました。


【製造本部 生産技術部 設計建設課 佐々木 諒】

工場見学で初めてプラント設備を見て、プラントエンジニアに興味を持ったことがきっかけです。プラントは様々な機器や設備から成り立っており、それらの設計・工事・管理・保守を担うのがプラントエンジニアです。このため、様々な機器や設備に関する多くの知識と技術が必要になる業務にやりがいを感じました。

企業概要

創業/設立 1927年3月
本社所在地 東京都中央区京橋一丁目3番1号(八重洲口大栄ビル10階)
代表者 湊 崇靜
資本金 3,599(百万円)
売上高 15,615(百万円) (2018年12月期通期 連結)
従業員数 307名(連結) (2018年12月現在) 
株主 AGC株式会社               2,692(千株)
三菱商事株式会社               577(千株)
事業所 本社
白里工場(ヨウ素、天然ガス)
白子工場・研究所(ヨウ素、ヨウ素化合物、天然ガス、金属化合物)
一宮工場(ヨウ素、天然ガス、金属化合物)
千葉工場(ヨウ素化合物)
宮崎工場(ヨウ素、ヨウ素化合物、天然ガス)
WOODWARD IODINE CORPRATION(ヨウ素、天然ガス)

採用連絡先

〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目3番1号(八重洲口大栄ビル10階)
TEL 03-3242-0520
E-mail saiyo@isechem.co.jp