小田急電鉄株式会社

小田急電鉄株式会社の企業情報

東証

小田急電鉄株式会社

【鉄道|不動産|ビル管理】

当社は小田急グループの経営理念である『お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献する』ため、今日に至るまで、基幹事業である鉄道事業を中心に、不動産業やその他事業を展開し、沿線価値の向上に努めてきました。2018年3月には、長年にわたって進めてきた複々線化がいよいよ完成を迎え、これによって小田急線の利便性は大幅な向上が図られることとなりました 。当社では、経営理念を実現するために、今後も鉄道の安全・安心をベースに、グループのさまざまな経営資源を活用しながらサービスの質を高めていくことで、複々線化による効果を最大限発揮していきたいと考えています。あわせて、外部との連携強化によるまちづくりの推進や外部環境の変化に対応した施策の展開などによって沿線の暮らしやすさを高めることにより、小田急沿線を「日本一暮らしやすい沿線」にすることを目指しています。

私たちの魅力

事業内容
約100社のグループ会社が、東京・神奈川を中心にさまざまな事業を展開しています。

当社およびグループ各社が展開する事業は、沿線価値の向上を図ることを目的としています。つまり、鉄道事業を中心とした運輸業に、流通業、不動産業のほか、各種の事業を組み合わせて、沿線の利便性や暮らしやすさを高めるための、言うなれば総合サービス業という見方もできるかもしれません。また、近年では沿線外での事業展開や新規事業展開にも積極的に取り組むなど、新たな可能性が広がっています。

<鉄道事業>
当社線は通勤・通学や観光路線として、1日約200万人のお客さまにご利用いただいています。「輸送力の増強」「安全対策の強化」「サービスの向上」を3本柱として、さまざまな設備投資を行い、日本一安心・安全な鉄道を目指しています。 

<不動産業>
沿線エリアの付加価値を高めるため、商業・オフィスビルなどの不動産賃貸業のほか、駅を中心とした街全体を再開発する沿線事業を展開しています。便利で快適な生活を送っていただくために、それぞれのエリアの個性を踏まえて、遊休地の活用や既存の施設の改良を行っています。

<その他事業>
沿線価値の向上と新たな収益源創出のため、鉄道周辺の空間を有効活用し、多様化する時代や社会のニーズをとらえた街づくりや新規事業を積極的に展開しています。

事業・商品の特徴
売上高構成比率の70%が鉄道事業。鉄道事業を中心とした事業展開が特徴。

民鉄会社の事業展開は、沿線の特性や各社の成り立ちなどによって異なるため、各社の収益構造はそれぞれの特徴を表したものになっているといっても過言ではありません。言い換えれば、事業ビジョンや成長戦略、保有資産などによって各社の収益構造のバランスは異なっているのです。小田急電鉄は、売上高構成比率の約70%を基幹事業である鉄道事業が占め、約20%が不動産業、残りの約10%がその他事業という収益構造になっています。このことから、小田急電鉄は鉄道事業を中心に事業を展開していることがわかります。

企業理念
お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現を目指す会社

小田急グループでは、『お客様の「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらしの実現」に貢献します』というグループ経営理念を掲げています。この理念には、お客さまの期待に応え、お客さまに満足していただける価値ある時間や空間《かけがえのない時間(とき)》を創造・提供していくことで、お客さまの大切な時間を快適で心地よいものにするお手伝いをし、良きパートナーとして明るくしあわせな社会《ゆたかなくらし》の実現に貢献するという意志が込められています。私たちの事業・仕事は、こうした価値観をもとに営まれているのです。

私たちの仕事

当社には「総合職」「エキスパート職」という2つの働き方があります。「総合職」はさまざまな業務を経験しながら、将来的には小田急グループ全体の舵取りを担う人材として、「エキスパート職」は鉄道や商業施設、ITといった特定の分野で専門知識と能力を極めるプロフェッショナルとして、それぞれ活躍していただけることを期待しています。

はたらく環境

社風
社員が皆で積極的に挑戦する気風を醸成していきたいと考えています。

複々線化の完成を迎えた今、当社は大きく変わるタイミングにあります。経営理念を実現するためにも、すべての事業の基本である「安全・安心」を大前提にしつつ、これまで以上に新たなことや難しい課題に、社員が皆で積極的に挑戦する気風を醸成していきたいと考えています。あわせて、社員の挑戦をサポートするとともに、働きやすい職場の環境づくりにも積極的に取り組んでおり、働き方改革やダイバーシティの推進のほか、能力開発やワークライフバランスを意識した制度の拡充なども進めています。

組織の特徴
グループの総合力を駆使する。

当社にはさまざまな事業を展開するグループ会社があり、各グループ会社の経営計画の策定や運営をサポートするとともに、連携しながら事業投資や撤退などの経営判断をしています。沿線の魅力をより一層高め、お客さまから選ばれる沿線にしていくために、グループの総合力を駆使しながら、協働して多様なサービスを提供しています。

企業概要

創業/設立 設立1948年6月1日(前身の小田原急行鉄道は1923年5月1日設立)
本社所在地 〒160-8309 東京都新宿区西新宿1-8-3
代表者 取締役社長 星野晃司
資本金 603億5,900万円
売上高 1,695億5,600万円(2017年度総営業収益)
従業員数 3,726名 (2018年08月現在) 
子会社・関連会社 小田急グループ各社
小田急グループは、運輸、流通、不動産など、幅広く皆さまの生活の力になれるよう、サービスを提供しております。
事業所 東京、神奈川ほか
気になる

34人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません