三浦工業株式会社

三浦工業株式会社の企業情報

東証

三浦工業株式会社

【機械|プラントエンジニアリング|重電・産業用電気機器】

『ボイラだけじゃない!』ミウラです。
弊社は、熱・水・環境分野でオリジナル商品の研究開発、設計、製造、販売、保守管理を
一貫して行っております。
また、運転時CO2排出ゼロの水素ボイラや燃料電池等を開発し、
省エネルギーかつ環境にやさしい水素社会の実現へ貢献しています。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
『ボイラだけじゃない!』ミウラです。

産業用小型貫流蒸気ボイラ国内シェアNo.1メーカーです。「熱・水・環境のベストパートナーを目指す。」をテーマとし、水処理装置・食品機械・舶用機器・コージェネ関連機器、バラスト水処理装置、業務用燃料電池など新たなフィールドを展開中です。
また、米国・中国など、世界20カ国でビジネス展開中。
日本機械学会賞を受賞した高い技術力で、省エネ・低炭素社会実現に向けて、よりグローバルに行動し、環境にやさしい社会の創造に貢献していきたいと考えています。

私たちの仕事

各種産業用ボイラ、水処理装置、メディカル機器、食品機械、電子制御システム、舶用機器、バラスト水処理装置、コ-ジュネ関連機器、家庭用軟水器、コンプレッサ、業務用燃料電池などの開発、製造、販売、保守管理、及び環境関連物質の分析、研究開発、環境改善技術開発。

はたらく環境

組織の特徴
一人ひとりが主人公になれます。

日本機械学会賞を単独で3度受賞した技術力があります。
得意とする省エネ技術、環境技術で「世界の空をキレイに!!」
2016年11月『パリ協定』が発効されました。世界は省エネルギー、低炭素社会の実現に向けて舵を切りました。今後ますますミウラの出番が多くなります。これを私たちはチャンスととらえて日々頑張っています。ミウラは、一人ひとりが主人公になれる、自由闊達な会社です。

企業概要

創業/設立 昭和34(1959)年5月
本社所在地 愛媛県松山市堀江町7番地
代表者 代表取締役社長 宮内 大介
資本金 95億4400万円
売上高 1248億8300万円 (2018年3月期、連結)
従業員数 5552人 ※グループ計 (2018年03月現在) 
子会社・関連会社 ☆国内/三浦マニファクチャリング、三浦マシン、三浦工機、
    三浦アクアテック、三浦環境マネジメント、ミウラ・エス・エー、
    ミウラジョブパートナー(特例子会社)
☆海外/カナダ、アメリカ(ロサンゼルス、アトランタ)
    中国(蘇州、上海、北京他)韓国、台湾、インドネシア、
    シンガポール、タイ、メキシコ、ブラジル、オランダ、トルコ、
    ベトナム
事業所 <本社・研究所>愛媛県松山市
<工場>    愛媛県松山市
<支店・営業所>札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、金沢、
        大阪、神戸、広島、福岡含む全国約100カ所
<海外>    カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、
        韓国、中国、台湾、インドネシア、
        シンガポール、タイ、オランダ、トルコ、
        ベトナム
営業利益 ■営業利益 138億6800万円 
(2018年3月期)
気になる

8人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません