旭ファイバーグラス株式会社

旭ファイバーグラス株式会社の過去の採用・募集情報

旭ファイバーグラス株式会社

【ガラス|建材・エクステリア|化学】

省エネルギーや環境保全に貢献する断熱材・吸音材や機能材の開発・製造・販売を行っています。
製品は、住宅、大型・公共建築物、自動車、電機電子など様々な分野の快適環境作りに貢献しています。
<グラスウール断熱材の国内シェアトップクラス>

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 独身寮・社宅あり

  • 平均残業時間が月20時間以内

  • 離職率が低く安定

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
文系出身者、建築・機械・電気系出身者も活躍中!!

化学系出身者はもちろんですが、その他の学科出身者も様々な職種で活躍しています。

建材の研究開発、マーケティング、営業などの職種で建築関連知識を活かすことができます。

設備の維持管理や新規導入、生産技術などの職種で機械関連、電気関連知識を活かすことができます。

モノづくり企業、環境に貢献できる企業、技術に強みのある企業に興味がございましたら、ぜひ旭ファイバーグラスにエントリーください!

求める人物像
<旭ファイバーグラスの求める人財像>

・自らと組織の能力向上に努め、常に新たな価値を創造する意欲の高い方 
・チャレンジ精神を持ち、主体的に行動し、その結果に責任を持てる方 
・コミュニケーションを大切にし、自由闊達な組織・風土作りのできる方

募集する職種

■営業系総合職【経済、経営、商、会計、法律など全学部全学科の学生対象】 
営業(法人営業など) 

■技術系総合職【理系学部学科の学生対象】 
設備管理、生産管理、研究開発など

研修・社内制度

研修制度
人財を継続的に育成する教育制度

旭ファイバーグラスでは人財を継続的に育成することにより、企業価値の向上を目指しています。 
標準的な教育体系には、以下のプログラムがあります。 

■内定者研修 
■新入社員研修 
 ・本社、製造拠点等での集合研修 
■新入社員フォロー研修 
■入社2年目、3年目フォロー研修 
■階層別教育 
 ・一般階層別研修 
 ・管理者研修 
 ・上級管理者研修 
 ・幹部候補生研修(選抜) 
■部門別教育 
 ・部門による専門知識研修 
■その他 
 ・英語力向上特別研修 
 ・カスタマイズプログラム

福利厚生
旭ファイバーグラスの福利厚生

■独身寮、借り上げ独身寮(35歳まで、使用料例:9,000円) 
■社宅(45歳まで、使用料例:17,500円) 
■借り上げ社宅(45歳まで、使用料例:自己負担約3割)

■食費補助(社員食堂のない事業所勤務の場合:5,000円/月支給) 
  社員食堂の自己負担は1食250円 
■カフェテリアプラン(選択型福利厚生制度) 
  旅行・自己啓発費用として5万円/年のポイントを付与 
■団体長期障害所得補償保険(GLTD)制度 
■財形貯蓄制度 
■団体扱い保険 
■退職金制度

採用プロセスと選考方法

  • STEP1

    セミナー・説明会

  • STEP2

    筆記・適性テスト

  • STEP3

    グループワーク

  • STEP4

    適性テスト

  • STEP5

    面接(個人)

  • STEP6

    面接(個人)

エントリー/採用方法 <選考フロー>
■キャリタス就活よりエントリー 
  ↓ 
■本エントリー 
  ↓ 
■選考(複数回)
  ↓ 
■内々定
選考方法と重視点 主な仕事内容と求められる人材像

■営業系総合職 
学部学科は問いませんが、お客様と接する事が多いため、必然的にコミュニケーション能力が要求されます。 
お客様の現状をしっかりと理解した上で、どのような提案ができるかが問われます。 

■設備管理エンジニア職 
機械系・電気系学科の方が活躍できる部門です。 
生産設備全体をトータルに管理していく仕事になるため、幅広く知識・スキルを身に付ける事ができます。 
また社内外の様々な部門と関わる役割になるので、コミュニケーションをとることが好きな方であれば更に活躍可能です。 

■生産管理エンジニア職 
化学系、機械系、電気系学科の方が活躍できる環境です。 
製造ラインの管理と製造スタッフのマネジメントをする仕事です。製品を安全かつ効率よく生産するために知恵を絞って頂きます。 
生産工程全体を管理する司令塔のような役割です。 

■研究開発職 
化学系、材料系、建築系、機械系学科の方が活躍できる環境です。 
現状の課題を把握・分析し、新しいアイデアによって解決していく事が求められます。
提出書類 エントリーシート、履歴書、成績証明書
卒業見込証明書、健康診断書
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方

募集要項

初任給 ■大卒 基本給 月給213,250円 
■院了 基本給 月給239,450円 
※上記は諸手当を含んでおりません。
(2019年4月実績)
昇給・賞与・諸手当 ■昇給/年1回
■賞与/年2回(7月、12月)
■諸手当/時間外手当、家族手当、食費補助(食堂施設のない事業所のみ)、交通費全額支給(上限あり)など
勤務地 ■本社/東京都千代田区神田 

■製造工場/
湘南工場(神奈川県高座郡寒川町)、九州工場(福岡県北九州市若松区) 

■営業拠点/
北海道支店(北海道札幌市中央区)、東北支店(宮城県仙台市青葉区)、北関東支店(埼玉県さいたま市見沼区)、南関東支店(東京都千代田区神田)、中部支店(愛知県名古屋市中区)、関西支店(大阪府大阪市北区)、中国支店(広島県広島市中区)九州支店(福岡県福岡市中央区)など
勤務時間 本社・支店 9:00~17:30 
生産拠点  8:30~17:00 
※フレックスタイム制度あり(コアタイムなし)
福利厚生 ■保険
・社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
■福利厚生
・独身寮(35歳まで、使用料例:9,000円)
・社宅(45歳まで、使用料例:17,500円)
・借上社宅(45歳まで、使用料例:自己負担約3割)
・食費補助(社員食堂のない事業所勤務の場合:5,000円/月支給)
・カフェテリアプラン(選択型福利厚生)
・旅行・自己啓発費用として5万円/年のポイントを付与
・団体長期障害所得補償保険(GLTD)制度
・財形貯蓄
・団体扱い保険
休日休暇 ■本社
年間休日122日(年度により変動)
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、夏季

■営業拠点
年間休日122日(年度により変動) 
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、夏季

■生産拠点
年間休日115日 (固定)
週休2日制(土、日、祝日)※年に数回土曜出勤日あり 
年末年始、ゴールデンウィーク、夏季 

■共通
年次有給休暇(入社時10日付与、最大20日付与) 
特別休暇(結婚休暇5日、忌引休暇5日、配偶者出産休暇2日、産前・産後、育児など) 
未使用有給休暇は積み立て可能
採用実績校 【国公立】
茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪市立大学、岡山大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、群馬大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、信州大学、千葉大学、筑波大学、電気通信大学、東京大学、東京外国語大学、東京海洋大学、東京工業大学、首都大学東京、東京農工大学、東北大学、長崎大学、名古屋工業大学、一橋大学、広島大学、福島大学、北陸先端科学技術大学院大学、北海道大学、三重大学、山形大学、山梨大学、横浜国立大学など 
【私立】
愛知工業大学、学習院大学、神奈川工科大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、近畿大学、慶應義塾大学、工学院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、湘南工科大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、千葉工業大学、中央大学、東海大学、東京都市大学、東京理科大学、東洋大学、同志社大学、日本大学、法政大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学など
採用予定学部学科 ■営業系総合職
経済学部、経営学部、商学部、会計学部、法学部など全学部全学科
※文系出身者も多数活躍しています! 

■技術系総合職
化学系、材料系、建築系、機械系、電気系など理系全学科・専攻
今年度採用予定数 6~10名
昨年度採用実績(見込)数 9名
試用期間 なし
これまでの事業展開 旭ファイバーグラスは、ガラス繊維専門メーカーで最も歴史がある会社のひとつとして1956年に創業しました。
その製品シェアは国内のグラスウール市場のトップクラスで、特に住宅用断熱材で高いシェアを誇っています。

製品は環境保全に大きく貢献しており、たとえば住宅用断熱材のグラスウールは地球温暖化対策のために国が優遇策を進めている高断熱住宅に多く使われています。2007年に発売した「アクリア」シリーズは、従来のグラスウール製品に比べて断熱性能が大きく向上しただけでなく、有害物質のホルムアルデヒドを含まない材料を使用しています。高性能で住む人の健康にも配慮した「白いグラスウール」を開発した技術力に改めて注目が集まりました。

そのほか、電機・電子・自動車等の分野で、断熱材・機能材として快適環境作りに貢献する製品をラインアップしています。たとえば、真空断熱材は従来の断熱材の10~25倍という優れた断熱性能により、冷蔵庫や自動販売機の消費電力を大幅にカットする一方で内部の容積を増やすことができます。自動車分野では、エンジン回りに断熱吸音材として使われるインシュレーターや、バンパーなど強度が求められる部品の材料としてガラス繊維強化樹脂などを供給しています。

生活の身近なところで旭ファイバーグラスの製品は快適環境作りに貢献しています。
今後の展望 省エネルギーが求められる環境下で、断熱材、機能材の潜在需要が多くの分野で見込まれており、さらなる成長が期待されています。

たとえば、国土交通省、経済産業省、環境省の3省の方針による2020年を目途とした新築建築物に対する改正省エネ基準の適合義務化に向けて、住宅用断熱材に注目が集まっています。

また、冷蔵庫や自動販売機、エコキュートの節電や省スペース化に、真空断熱材は欠かせないものとなっています。電機・電子・自動車等の分野の素材についても、軽量化と高強度などの両立が求められる中で、ガラス繊維強化樹脂にも高い関心が寄せられています。

今後も幅広いニーズに応えられる“ダントツの断熱・機能材メーカーになる”ことを目指し、挑戦を続けていきます。

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数6名、うち離職者数0名
2017年度:採用人数6名、うち離職者数2名
2016年度:採用人数6名、うち離職者数0名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性6名、女性0名
2017年度:男性6名、女性0名
2016年度:男性6名、女性0名
平均勤続年数 12.9年
平均残業時間(月間) 14.2時間
気になる

63人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません