大正製薬グループ(大正製薬・大正富山医薬品)

大正製薬グループ(大正製薬・大正富山医薬品)の過去の採用・募集情報

大正製薬グループ(大正製薬・大正富山医薬品)

【医薬品】

創業100年を越える歴史があります。
次の100年をつくる人材を募集しております。

  • 資格取得支援制度あり

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 独身寮・社宅あり

私たちの採用について

求める人物像
紳商(紳士の商売)としての企業活動ができる人材

・正直・勤勉・熱心
・公正で高い倫理観と責任を持って行動できる

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 キャリタス就活よりエントリーしてください。
選考フローは職種により異なります。
選考方法と重視点 適性試験、エントリーシート、面接(複数回)他
何れの職種も面接を重視いたします。
提出書類 エントリーシート、履歴書、成績証明書
卒業見込証明書、健康診断書、研究概要(研究職、開発職、生産技術職)
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、大学院 卒業の方
既卒者は職歴がない場合に限る

募集要項

募集会社 大正ファーマ株式会社
(MRは大正ファーマ株式会社へ在籍出向) 
※2019年4月1日より大正富山医薬品から『大正ファーマ』へ社名変更
職種 ◇研究職
◇開発職
◇生産技術職
◇ビジネス総合職
  ・SR(Sales Representative):OTC医薬品担当営業
  ・MR(Medical Representative):医薬情報担当者
  ・マーケティング
  ・商品開発
  ・システム企画 
  ・財務
勤務地 ◇研究職    :総合研究所(埼玉県さいたま市)
◇開発職    :本社(東京都豊島区)
◇生産技術職  :大宮工場(埼玉県さいたま市)
◇ビジネス総合職
  ・SR        :全国各地
  ・MR       :全国各地
  ・マーケティング :本社(東京都豊島区) 
  ・商品開発    :本社(東京都豊島区)
  ・システム企画  :本社(東京都豊島区)
  ・財務      :本社(東京都豊島区)
勤務時間 8:30~17:00
主な仕事内容 ◇研究職
 医療用医薬品及びOTC医薬品・食品・スキンケアなどの研究
 (蓄積された独自技術や専門性を活かした研究を行う)

◇開発職
 臨床試験の計画立案、モニタリング、商品の企画立案、薬物動態解析(PK、PPK、PK/PD)、承認申請等の規制当局対応の業務など
 (創薬研究の成果を活用した科学的、戦略的な早期臨床開発計画や
 製品価値最大化を目指した大規模臨床試験計画の策定するとともに
 効率的に臨床試験を実施し、早期承認取得を目指す)

◇生産技術職
 製造技術開発、品質管理、製造設備開発・改良、生産管理など
 (信頼される製品を市場へ送るために幅広い視点で生産技術の向上を図る)

◇営業・スタッフ
  ・SR(Sales Representative):OTC医薬品担当営業
   ドラッグストア、CVS等を対象としたOTC医薬品等の企画提案営業
   (経営効率向上を図るためのコンサルティングセールス)

  ・MR(Medical Representative):医薬情報担当者
   病院・開業医・調剤薬局等を対象とした医療用医薬品の営業
   (医療従事者に情報提供を行い、自社製品の普及を図る)

  ・マーケティング
   ブランドマネジメント、市場調査、宣伝・広告など
  
  ・商品開発
   セルフメディケーション事業全般の商品コンセプト立案、開発マネジメントなど

  ・システム企画
   ITを活用した社内システムの企画提案、推進など

  ・財務
   適切な財務報告の作成・開示、資金調達・運用、業績管理など
募集学科 ◇研究職     :理系修士以上および6年制学部
           (薬・理・工・農・理工・食品・栄養・獣医学系など)
◇開発職     :理系修士以上および6年制学部
           (薬・医療薬学・生物統計・理・農・食品・栄養、保健学系など)
◇生産技術職   :理系(機械・電気・電子・薬・化・生物・農・経営工・情報工学系など)
◇ビジネス総合職 :全学部学科
給与(初任給) 大学卒 月給220,000円
修士卒 月給244,000円 (6年制学部卒含む)
博士卒 月給276,000円 
諸手当 通勤手当、住宅手当、家族手当、外務手当(営業職のみ) 他
昇給 年1回
賞与 年3回(7月、12月、3月)
休日休暇 週休2日制(土・日) ※年3回程度土曜日出勤あり
リフレッシュ休暇、祝日、夏季・年末年始休暇など(年間122日 2016年度実績)
年次有給休暇(10~20日)
特別休暇(慶弔・永年勤続・看護など)
保険 健康・厚生年金・労災・雇用保険、企業年金、団体定期保険
福利厚生 借上社宅制度、社員持株制度、財形貯蓄制度、勤続表彰制度、住宅融資制度、共済会、独身寮(入寮条件有り)、テニスコート、社員クラブ、契約保養所、契約スポーツ施設、サークル活動 他
採用実績校(過去3年間)  2015年4月~2017年4月入社 50音順

◇研究・開発・生産技術職
麻布大学・大阪大学・大阪府立大学・岡山大学・金沢大学・関西大学・北里大学・九州大学・京都大学・群馬大学・慶應義塾大学・神戸大学・埼玉大学・静岡県立大学・昭和大学・千葉大学・筑波大学・東京医科歯科大学・東京工業大学・東京農工大学・東京理科大学・東北大学・徳島大学・富山大学・名古屋大学・名古屋市立大学・広島大学・星薬科大学・北海道大学・明治大学・早稲田大学

◇SR・スタッフ
大阪大学・お茶の水女子大学・金沢大学・金沢工業大学・関西大学・関西学院大学・岐阜大学・九州大学・近畿大学・慶應義塾大学・神戸大学・国学院大学・国際基督教大学・滋賀大学・首都大学東京・女子美術大学・中央大学・東京理科大学・東北学院大学・名古屋大学・一橋大学・広島大学・広島修道大学・法政大学・宮城大学・明治大学・立教大学・龍谷大学・早稲田大学

◇MR
愛知学院大学・青山学院大学・愛媛大学・大阪大学・大阪薬科大学・岡山大学・尾道市立大学・学習院大学・鹿児島大学・金沢大学・関西国際大学・関西大学・関西学院大学・岐阜大学・岐阜薬科大学・九州大学・九州保健福祉大学・京都産業大学・京都女子大学・近畿大学・熊本大学・慶應義塾大学・神戸大学・静岡県立大学・静岡大学・城西大学・上智大学・信州大学・成蹊大学・西南学院大学・摂南大学・専修大学・創価大学・高崎経済大学・筑紫女学園大学・中央大学・筑波大学・東京農業大学・東京薬科大学・東京理科大学・同志社大学・東邦大学・東北大学・東洋大学・徳島大学・富山大学・長崎県立大学・名古屋大学・日本獣医生命科学大学・日本大学・ノースカロライナ州立大学・広島大学・福井県立大学・法政大学・北海学園大学・宮崎大学・武蔵大学・明治大学・明治薬科大学・山口大学・横浜国立大学・立教大学・立命館大学・早稲田大学 
勤務地

◇研究職    :総合研究所(埼玉県さいたま市)
◇開発職    :本社(東京都豊島区)
◇生産技術職  :大宮工場(埼玉県さいたま市)
◇ビジネス総合職
  ・SR        :全国各地
  ・MR       :全国各地
  ・マーケティング :本社(東京都豊島区) 
  ・商品開発    :本社(東京都豊島区)
  ・システム企画  :本社(東京都豊島区)
  ・財務      :本社(東京都豊島区)

今年度採用予定数 未定
昨年度採用実績(見込)数 約60名
試用期間 あり
入社後6ヶ月間
試用期間における待遇の変更なし

職場データ

男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
・2018年4月入社 45名(男性32名・女性13名)
・2017年4月入社 51名(男性41名・女性10名)
・2016年4月入社 60名(男性47名・女性13名)
--------------------------------------------------------
参考
大正富山医薬品(2019年4月1日より『大正ファーマ』へ社名変更)MR(大卒以上)
・2018年4月入社 36名(男性29名・女性7名)
・2017年4月入社 45名(男性40名・女性5名)
・2016年4月入社 52名(男性39名・女性13名)
平均勤続年数 男性19.1年、女性16.2年(2018年3月31日時点)
研修制度 ■全職種共通
入社後は全職種共通の『新入社員研修』があり、社会人としての基礎を学んでいただきます。その後、各職種ごとに分かれて研修やOJT(On the Job Training)を通じて業務を習得いただきます。配属後も1年次・2年次といったように定期的に『フォロー研修』があります。
また、その後も『ライフプラン研修』『階層別研修』など様々な研修が充実しています。

◇研究・開発・生産技術職
スキルアップの為の特許研修や、各種研究会・学会への参加、海外留学制度などがあります。

◇SR
学術・製品知識やマーケティング知識を学んだ後、同行実習や商談実習を行います。

◇MR
入社してからMRの認定試験に合格するまで、学術研修センターが完全なバックアップ体制を取っています。(MR認定試験は毎年12月)
MR認定試験の合格に向けたプログラム以外にも「製品研修」「アウトプット研修・ロールプレイング研修」「実地MR研修」「安全運転講習」等、様々な研修が充実しています。
社内制度 仕事の知識・スキルに役立つ通信教育を自ら学ぶことで、自分の仕事の質を向上させることを目的とした自己啓発支援制度があります。
具体的には、会社が指定する(仕事の知識・スキル向上に直結し、仕事に役立つ)通信教育・eラーニング講座(※)を修了した場合、受講料の半額を補助しています。※2017年度218講座
平均有給休暇取得日数(年間) 10.6日2017年度実績)